本文へスキップ

ジオラマエンタープライズはリアルな情景模型作品を主に紹介しています。

自動車模型用ジオラマ CAR DIORAMA


ここでは主に自動車用ジオラマ作品を紹介しています。鉄道模型のNゲージサイズアクセサリーで製品化されている、バスコレクション、カーコレクション、トラックコレクション、トレーラーコレクションを活き活きとした車両として展示を出来る目的で製作しました。 ご紹介した作品はオークションサイト(ヤフオク)へ出品致しますので、要チェックをお願いします。

道路には様々な表示や標識があります。標識・表示のサイズ、高さ、間隔を実物換算にしてジオラマ製作をしております。リアルなジオラマ製作には技術以外にも知識、イラスト作成など様々なスキルが必要になります。
There are various signs and signs on the road. We are making dioramas by converting the size, height, and interval of signs and displays to the real thing. For realistic diorama production, various skills such as knowledge, illustration creation, etc. are required besides technology.

目次 INDEX





高速道路

高速自動車道路規格と表現サイズ
高速道路の破線や車線幅にも規定があります。
   長さ  幅  間隔
 車線幅
(名神や東名)
 ー 実寸3.6m
Nゲージ24mm
 ー
 車線幅
(中国道)
 ー 実寸3.5m
Nゲージ23.3mm
 ー
 車線幅
(阪神)
 ー  実寸3.25m
Nゲージ21.6mm
 ー
 破線 実寸8m
Nゲージ53.3mm
 ー 実寸12m
Nゲージ80mm

高速道路ジオラマ 3車線区間@ SA・PA距離標識

高速道路ジオラマ高速自動車道路の都心に近づくにつれて車線も多く、且つ広くなります。多くの車種が走行するのと交通量が多い区間となります。道路や区間によって車線幅も異なってきます。実際には様々な規定がありますので下記へまとめています。

道路標識は鉄道模型Nゲージ大手メーカーから製品化されているプラットホームの駅名から地名を選びました。この標識はプレートとプレートの間が空いており、裏面から見てもリアルに作ってあります。LEDを点灯したジオラマです。夜行バスの雰囲気も出ています。Nゲージサイズの高速道路ジオラマの作品です。交通量の多い3車線区間をモデルにしています。3枚板で構成された距離標識はパーキングエリア、サービスエリアを示すものにしてピクトグラムも再現しました。街灯と標識を照射する照明がLEDで光ります。

標識はプラ材とイラスト印刷にて自作です。間接照明的にチップLEDで照射しています。

道路標識は鉄道模型Nゲージ大手メーカーから製品化されているプラットホームの駅名から地名を選びました。この標識はプレートとプレートの間が空いており、裏面から見てもリアルに作ってあります。

標識は2mmプラ丸棒、1mmプラ丸棒、0.5mm厚プラ板での製作です。
画像はこちら


距離標識を照らす照明は最近見かける工事メンテナンスが用意な道路わきから照射するタイプを表現しています。
画像はこちら
LEDを点灯したジオラマです。夜行バスの雰囲気も出ています。
画像はこちら
LEDにはチップLEDを使用しています。街灯は直径1.1mmの真鍮製パイプを油性塗料で塗装して製作しました。


非常電話標識も再現しています。4mm×6mmのグレープラ板を使用して、ステッカーは精密印刷による自作です。ガードレールについては実際の高速道路の設計を参考にして、自動車が衝突をしても道路側にはじかれるような配置にしています。
画像はこちら


画像集ページ

このページの先頭へ

高速道路ジオラマ 3車線区間A IC距離標識

高速道路ジオラマ道路標識は鉄道模型Nゲージ大手メーカーから製品化されているプラットホームの駅名から地名を選びました。この標識はプレートとプレートの間が空いており、裏面から見てもリアルに作ってあります。LEDを点灯したジオラマです。夜行バスの雰囲気も出ています。



画像集ページ


このページの先頭へ

3車線区間の高速道路ジオラマB この先急カーブ・車間距離標識

高速自動車道路の山間部に入るとカーブもも増えてきます。車間距離も重要になるため車間距離を確認するための標識や、黄色の注意喚起をする急カーブの標識を見かけることがあります。

この先急カーブ標識急カーブ標識はプラ板とプラ棒棒、自作ステッカーによる製作です。
車間距離確認標識はケント紙、真鍮線、自作ステッカーによる製作です。

急カーブ標識はプラ板とプラ棒で製作し、自作ステッカーを貼ったりました。車間距離確認標識はケント紙、真鍮線、自作ステッカーによる製作です。


車間距離標識

高速道路での車間距離標識は、定期的に現れる標識です。この標識は制限速度によって表示も異なります。速度制限80km/hの場合 0、40、80メートル、速度制限100km/hの場合 0、50、100mとなっています。今回は急カーブが近い設定なので80km/h制限で製作しました。ジオラマ写真


急カーブ標識

目立つ黄色の注意喚起標識である急カーブの標識です。実際の道路を調べた所、R260という標識を多く見かけた為、R260で製作しています。高速フォントになっています。距離標識などは標識の製造メーカーによって高速フォントにばらつきが出ることと、高速フォント以外でも視認性が高いフォントが増えた為、高速フォントの標識も減少してきています。ジオラマ写真

街灯はチップLEDによって点灯します。ジオラマ写真 ジオラマ写真
サイズ:長さ約34cm 幅約13cm 高さ約16cm


プリンターをお持ちでしたら下記リンクからPDFデータをダウンロードも可能です。
素材サイト・スポンサーリンク
ダウンロード(都会近郊A)
ダウンロード(遠景に山がある風景A)

ダウンロード(遠景に山がある風景B)
ダウンロード(遠景に山がある風景C)
ダウンロード(副都心A)
ダウンロード(マンション街)
料金所標識パック
国土交通省 道路標識等

国土交通省道路標識一覧
高速道路の案内標識と表示内容
ジオラマ動画リンク

このページの先頭へ

高速道路ジオラマ 3車線区間C非常口のある風景

高速道路ジオラマ今回は高速道路ジオラマでも非常口がある風景を再現してみました。街灯と道路標識を照射するLEDが点灯します。りんかい副都心や新興住宅開発地などの3車線区間の近郊エリアのイメージです。住宅新都心的な雰囲気を出すように背景はマンション群を使用しました。
防音壁は非常口を真ん中の位置にもってきて、変化を含めています。
1/150スケールのNゲージサイズにしてバスコレクション・トラックコレクション・カーコレクションを置いてみました。
距離標識はサービスエリア・パーキングエリアまでの案内にしました。この標識は裏から見ても隙間がありリアルに作ってあります。
距離標識は荏原台(エバラダイ)、石見(イワミ、山中(ヤマナカ)です。鉄道模型メーカーから製品化されているプラットホームの駅名を地名としてステッカーを制作して印刷しました。


ジオラマ背景画背景画はマンション街の風景のPDFをダウンロードして45%サイズで印刷しています。45%印刷で印刷面高さ約12cmでした。100%だと約27cmの印刷面高さになります。トナー節約モードでの印刷でしたが、元々の画素が大きいので綺麗に印刷されました。画像  画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 画像 



このページの先頭へ



高速道路本線沿い料金所ジオラマ

料金所ジオラマ高速道路や有料道路を通行する際に必ず通過するのが料金所です。模型化するととても細かい機器類の表現が必要なためか、メーカーなどからは製品化されていません。ということは自作をるすしかありません。高速自動車道路のインターチェンジにあるのが料金所です。今回はその料金所を様々な素材を駆使して製作してみます。すぐ横の高台に高速道路本線が通る料金所のジオラマです。ジオラマケース(大)のスペースを有効活用して制作しています。右側レーンをETC専用、左側レーンをETC/一般兼用としています。


各パーツを垂直になるように接着していきます。屋根板部分は湿度や天候によっては沿った状態になるので、平らな作業スペースにてスケールを当てながら側面パーツを接着して下さい。
画像はこちら

画像はこちら


縁石部分を組み立てました。屋根はニュートラルグレーとガンダムマーカーアイグリーンにて塗装しました。エメラルドグリーンに近いです。

画像はこちら

画像はこちら


塗装が乾燥したら、信号機や標識を接着します。柱にある標識の下辺から路面の高さじは1.8m以上という規程がらいます。150分の1だと12mm以上空ける必要があります。

料金収受員が対応するためのブースと縁石を製作します。2か所の内、自動収受機と料金収受ブースの2つを製作します。
画像はこちら

画像はこちら


ゲートが出来たら、使用するジオラマボードやイメージする情景に合わせて、路面の表現をします。
画像はこちら

画像はこちら

大まかな部分を厚紙にて製作しましたが、紙のみでは表現が困難な部分も出てきます。プラ素材や、金属棒を活用して細かい部分の表現をしていきます。高速道路本線の側壁と料金収受ブース屋根にはTOMIXワイドレール用側壁を使用しました。
画像はこちら

画像はこちら

ゲートを接着したら、標識や機器類を接着していきます。綺麗に垂直に接着することで完成度が大きく異なります。一般レーンが通行止めになった場合の為に、ETC専用レーンには自動収受装置、又は自動支払機が設置されています。ETCレーンの料金表示や梯子などのパーツはTOMIX近代型ホームに付属していたパーツを使用しています。
画像はこちら

画像はこちら


スポンサードリンク
ダウンロード(都会近郊A)
ダウンロード(遠景に山がある風景A)

ダウンロード(遠景に山がある風景B)
ダウンロード(遠景に山がある風景C)
ダウンロード(副都心A)
ダウンロード(マンション街)

このページの先頭へ


料金所ジオラマ ジオラマ小ケース利用

料金所ジオラマ有料道路や高速道路のインターチェンジに欠かせない料金所をコンパクトにジオラマケース(小)に収めました。
完全フルスクラッチによる製作です。

画像集リンク

このページの先頭へ

吹き流しのある風景 高速道路ジオラマ

フルスクラッチにて吹き流しを製作しました。製作方法をリンクからご紹介しております。必要な材料も掲載してますので、是非とも製作に挑戦してみて下さい。
高速道路の吹き流しをジオラマで表現してみました。ちょっとした素材ですが、実際は静止したジオラマの情景でも躍動感が生まれました。
高速道路吹き流しの実物の長さは2m。支柱側の円筒部分直径が0.75mです。
Nscaleにした場合長さ16.6mmと円筒部分の直径が6mmになります。支柱と吹き流しの付け根部分の長さは約1mなので支柱から吹き流しを合わせると3mになります。
標識の下部は最低でも5mと規定がありますので、支柱の長さは8m設定で製作しました。
横風注意の警戒標識は高速道路規定に基づき、高さ2.5m以上、サイズ一般道路の1.5倍となります。ワイヤー部分は0.3m真鍮線を使用しているため、角度を変えて風速の設定を変えることが出来ます。

高速道路を走っている時、「横風注意」という標識と一緒に、鯉のぼりのようなものが高速道路の脇に立っていることにお気づきでしょうか。これは、「ふき流し」と呼ばれ、風の向きや強さを目で判断するために設置されています。高速道路を運転していて、トンネルから出た途端に強い横風が吹いていたりすると、風にハンドルがとられてしまって事故につながりかねません。そこで、お客さまに風の強さをお知らせするため、橋の上やトンネルの出口など、風が通りやすいところには、この吹き流しが設置されています。こいのぼりと同じで、風が強ければ強いほど吹き流しは横になびき、風速10m/秒で概ね真横になびくようになります。ちなみに、風速10m/秒がどのくらいの強さが想像がつきますか?風速10m/秒は、走っている車が横風にあおられる感覚を受ける強さです。吹き流しが横に流れているのが見えたら、横風が吹いているという心構えをするとともに、ハンドルを今一度しっかりと握り、運転している車が流されないように注意しましょう。
ドラぷらE-NEXCOドライブプラザより抜粋

製作方法紹介

吹き流しの製作方法を紹介します。ジオラマに設置するだけで、ジオラマに躍動感が生まれる良いアクセントになります。
@高速道路吹き流しの実物の長さは2m。支柱側の円筒部分直径が0.75mです。長さ16.6mm 幅約24mm以上の縞模様の紙を作ります。工程画像
A直径0.5mmのプラ丸棒の中心へ0.4mmの穴を空けます。工程画像
B0.3mmの真鍮線を穴に通して吹き流しの先端側を折り曲げて抜けないようにします。工程画像
C塗装した直径1mm長さ53.3mmのプラ丸棒の片方の断面中心に0.4mm穴を深さ5mm程空けます。工程画像
D高速道路での警戒標識は下部が高さ2.5m以上必要です。地上部分から1.66mm以上空けた部分に瞬間接着剤で標識を接着します。工程画像
E吹き通しの真鍮線も折り曲げて瞬間接着剤にて1mmプラ丸棒に空けた穴に挿入して接着して完成です。工程画像

真鍮線0.3mm(200mm 6本入)
TAMIYAプラ材 1mm丸棒(10本入)
TAMIYA極細ドリル刃セット
TAMIYA精密ピンバイス


吹き流しサイズ参考リンク
交通規制基準の制定について

このページの先頭へ

都市高速ジオラマ@

東京、名古屋、大阪などの市街地を通る都市高速をイメージしたジオラマです。

高速道路ジオラマこのジオラマのポイントは手前側の車線の自動車の向きはどちらに向けて配置しても不自然ではないところです。

奥の車線は方向が限られていますが、手前の自動車を左向きに置いた場合は、都市高速のジャンクション付近の雰囲気になります。


画像集ページ
このページの先頭へ

浜名湖サービスエリアジオラマ(下り線Dゾーン)

サービスエリアジオラマ東名高速道路で人気の浜名湖サービスエリアをコンパクトにジオラマにしました。サービスエリア浜名湖サービスエリアは静岡県の浜名湖近くに位置する上下集約式のサービスエリアです。上り線(東京方面)と下り線(名古屋方面)の駐車場の造りが同様のため各駐車レーンにはアルファベットと方面を表記した標識が目印となっています。

東名高速バスも休憩にて立ち寄る場所になっています(道路状況によっては変更の場合もあり)のバスファン、トラックファンをはじめ、乗用車で利用される方にも浜名湖を望める休憩スポットとして認知度が高いサービスエリアです。

浜名湖サービスエリアのDゾーンは空きがあれば小型から大型まで(牽引は除く)停車可能な駐車ゾーンです。Aが最もサービスエリア施設に近く、AゾーンからCゾーンが小型車専用となっています。

高速バスの休憩地にもなっていますので、ハイウェイバスや観光バスが停車している姿も楽しめます。「今日は空いてるから建物の近くに停まった!」と乗客の声が聞こえてきそうです。

JR東海バスエアロエースバスコレクション展示
JR東海バスエアロエースバスコレクション展示
三菱ふそう酪農タンクトラックコレクション展示
三菱ふそう酪農タンクトラックコレクション展示
製作作品画像
製作作品画像
JR東海バスエアロキングバスコレクション展示
JR東海バスエアロキングバスコレクション展示


このページの先頭へ

東名高速道路 下り線 松田バス停ジオラマ

松田バス停ジオラマ東名高速の大井松田インターチェンジを過ぎると東名高速下り線は右ルート(旧上り線)と左ルートに分岐します。右ルートを走行すると存在に気が付きにくいのが松田バス停です。小田急線新松田駅とJR御殿場線の松田駅から徒歩約10分のところに位置します。新宿からは小田急線で新松田まで直通で行けるため、利用者はそこまで多くないように感じます。出入口も一件分かりづらく高速バス乗降客が高速道路本線へ誤って進入しないように、歩道には黄色の出入口への矢印表示があるのがこのバス停の特徴です。調べてみると近くに温泉施設などもあるので機会があれば立ち寄ってみたいと思います。

東名高速松田バス停は鉄道で言えば各停専用駅です。東名高速バス下り線では、下記が停車します。東名高速バスの中でも比較的短距離路線が停車します。JRハイウェイバスが最も少なく、一日に4本程の停車です。

東名高速松田バス停は特大車が2台余裕で並んで走れる広さがあります。交通違反をしたドライバーの検挙を本線で行うのには危険な時に、使用することもあります。写真は高速道路通行禁止の車が検挙されているシーンです。
コマ撮り動画リンク

裏面にボタン電池ユニットを装着してあります。
BVのCR2032を使用して下さい。このボタン電池はコンビニやスーパーでも手軽に入手できます。
低電圧チップLEDを使用しているため、連続10時間以上点灯します。

東名高速松田バスストップは松田市街地と箱根外輪山を望む位置にあります。金太郎で有名な足柄金時山も見えます。照明ランプが3本あり、そのうちの2本が葉に覆われてしまっている、少し寂しい雰囲気のバス停をミニチュア化しました。

バス停標識は写真用のステッカーへ精密印刷をしら自作ステッカーで表現しています。
東名松田バスストップではバス停の出口を誤って高速道路本線に立ち入らないように、黄色の路面矢印表示と柵に貼った出入口標識で出入口方向を強調しています。

東名松田バス停ジオラマ写真 東名松田バス停ジオラマ写真 東名松田バス停ジオラマ写真
 東名松田バス停ジオラマ写真 東名松田バス停ジオラマ写真 東名松田バス停ジオラマ写真 

スポンサードリンク


京浜急行バス(羽田空港・横浜〜御殿場・箱根)
小田急バス(新宿〜箱根桃源台)
JR東海バス(東京〜静岡駅)
ジェイアールバステック
東名松田 高速バス時刻表 ジョルダン
ジェイアールバス関東株式会社 下り 静岡・浜松・名古屋方面 全日時刻表
東名下りの前面展望写真が多いブログ
トミーテック 1/150 ザ・バスコレクション 第10弾 日野 新型 セレガ 京浜急行バス Nゲージ
ザ・バスコレクション小田急箱根高速バス GSEカラーバスGSEバスコレクション
ザ・バスコレクション 小田急箱根高速バスオリジナルバスセット3 2台セット 箱根高速3 バスコレ トミーテック
【ふるさと納税】足柄地ビールハッピーモルトうめびあセット
【ふるさと納税】A6 足柄森林C・Cプレー利用券 1枚

八ヶ岳サービスエリアジオラマ (上り線)

八ヶ岳サービスエリアジオラマ八ヶ岳パーキングエリアは、山梨県北杜市長坂町の中央自動車道上にあるパーキングエリアです。上り線側は、休日を中心に利用の多い双葉SAを補完するためにパーキングエリアとしては比較的広い駐車場を持ちます。上り線側は近くに山梨県道609号小荒間長坂停車場線の高架橋(米山橋)があるため路肩を広げられず、かつては本線への加速車線が短く、短距離で合流加速を行わなければならない構造となっていたが、本線への合流ランプが分流ランプをアンダーパスする構造に改良され、十分な合流車線の有効長が確保されました。

施設
上り線(甲府・東京方面)
駐車場
大型 34台
小型 41台
トイレ
男性 大6(和式2・洋式4)・小16
女性 20(和式14・洋式6)
同伴の男児用 1
車椅子用 1
スナック(7:00-22:00)
ショッピング(7:00-22:00)
自動販売機
給電スタンド(24時間)

八ヶ岳バスストップがパーキングエリア内に併設されており、旅客案内上では、『中央道八ヶ岳』(ちゅうおうどうやつがたけ)と呼ばれます。

停車する路線
岡谷・上諏訪 - 新宿線(中央高速バス、山梨交通・アルピコ交通・京王バス東・フジエクスプレス・JRバス関東)
甲府 - 京都・大阪線(クリスタルライナー、山梨交通・近鉄バス)
甲府 - 名古屋線(名古屋ライナー甲府号、山梨交通・JR東海バス)


進入止めと広い車線を持つパーキングエリアの特徴を模型にしました。

作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像

スポンサードリンク

八ヶ岳PA(パーキングエリア)上り
八ヶ岳パーキングエリア上り 食べログ

このページの先頭へ

高速道路トンネル内部ジオラマ

トンネル模型高速道路のトンネル内部のジオラマです。長いトンネルだとトンネル内部に排気ガスをトンネル外部に排出するための設備があります。最近の新しいトンネルでは路面の下に換気用の通気抗があるトンネルも増えてきました。昔からあるトンネルでは天井に換気用のジェットファンが設けられています。このジェットファンは長さが4。8m程あり、150分の1にすると32mm程の長さになります。トンネル壁面の下部には絞りがあるので、その絞りを表現しつつ、真っすぐに接着するのに技術が必要な作品です。
画像 画像 画像 

トンネル規格資料

このページの先頭へ

一般道路

国道246号 萩原立体交差上り合流地点ジオラマ

道路模型この作品は実景を基に模型化しています。裾野バイパスを北北西に渋谷方面へ走行していると、左に富士山の全景を見られる場所があります。御殿場と山北間にあるバイパス区間なので実際に通行したことがある方も多いと思います。

北緯35.3157294,東経138.9290484

色々調べたところ、国道138号線と国道246号線が合流する萩原北交差点(萩原立体交差)の登り合流地点にしました。ここは道路標識の手前に街灯が立っており、照明による光が標識にあたるためリアルな夜の情景も再現できます。

道路模型製作する情景を決めるには以下の条件がありました。
・富士山全景が見えること
・道路標識があること
・街灯があること
・比較的交通量がおおいところ

富士山背景画はこちらを使用しています。

作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像 作品画像
 

JRバス関東三ケ日営業所ジオラマ

三ヶ日特産センター三ヶ日特産センタージェーアールバス関東三ケ日営業所とは、静岡県浜松市北区三ヶ日町駒場101-1に位置する高速バス乗務員交代用の営業所です。ここは乗務員交代をするための運転停車をする営業所で、所属車両などはありません。
なぜなら三ケ日農協(JA三ケ日特産センター)の駐車場を活用しています。長距離路線にて三ケ日営業所で乗務員を交代させることにより、乗務員にとっても効率の良い(遠方にて1泊勤務ではない)勤務形態を可能としています。繁忙期の深夜には駐車場一杯に停車するバスを見ることが出来ます。深夜時間帯に最も多くの高速バス車両を見られる場所が、恐らくJR東名高速バスの三ケ日営業所でしょう。この建物の1階と2階は特産物のお店ですが、2階の半分はJR東名高速バス三ケ日営業所の詰所となっています。
特徴的なのが建物の大きさの割に、沢山の自動販売機が並んでいます。

ジオラマケース作品とジオラマボード作品の2パターンを製作しました。ジオラマボード作品は自動販売機も光ります。


製作秘話
記者:三ケ日営業所とは私も知らなかったのですが、この情景をミニチュアにしたきっかけは何だったのですか?
製作者:会社員時代に営業をしていた時に出張で夜行バスを使ったことがあります。普通は新幹線なんですが前日が残業で早朝に起きられる自信がない時は東京駅から東名高速バスに乗ったものです((笑))トミーテックからダブルデッカーのバスコレクションが発売された時は、想い入れもあった車両なので買いと決めてました。折角飾るなら普段見る事の出来ない三ケ日営業所の夜間の情景を作ろうと思いました。
記者:出張の時に三ケ日営業所を知ったというわけですね?
製作者:実際知ったのは後のことなのです。長時間運転停車をする時があって、わずかにカーテンを開けて外を見ると、どうやら高速道路施設ではないことは分かりました。夜行バスはカーテンを全開できないので、ずっとここはどこか疑問に思っていたわけです。
記者:そういえば夜行バスって全てカーテン閉まってますね。
製作者:そうなんです。眠ってしまえば気にならないのですが、目が覚めると、どうしても今どこにいるのかが気になってしまうものなんです。沢山バスが並んでいるのは分かりました。エンジン音も多く聞こえましたからね。あとでインターネットで調べたら、西日本路線だと乗務員交代をする重要な営業所だということを知ったのです。
記者:大変良く作りこまれていますが、苦労した点はどこですか?
製作者:全てです(笑) と言いたい所ですが、あえて言うと建物のイラストデータを作るのが大変手間がかかりましたね。MIKKABIというロゴが斜めにいくつも入っているのですが丸1週間かかりました。特徴的なスロープの手摺は洋白線を半田付けした手作りです。これも大変でした。
記者:一週間。あぁこれですね。微妙に壁より濃い色でロゴがありますね。確かに、これは他にはないデザインですね。
製作者:その分、形になった時のリアリティーは高いと感じますね。多くの利用者が三ケ日営業所停車時には眠っている場合が多いので、三ケ日営業所の存在に気づく事自体が稀だと思います。このジオラマをきっかけに多くの方に、この施設を知ってもらえればうれしく思います。

日中の再現
JA三ケ日特産センター横の自動販売機を表現することで、実風景の雰囲気を出すことが出来ます。日中の長距離便も三ケ日営業所にて乗務員交代のため停車します。夜行便は長時間の運転停車をして時間調整をすることが多いため、沢山のバスが重なりますが、日中は1台での停車を見かける事が多いです。
日中の三ケ日営業所を再現したジオラマ写真 日中の三ケ日営業所を再現したジオラマ写真
JRバス関東エアロキングバスコレクション配置ジオラマ写真 
西日本JRバスエアロキングバスコレクション配置ジオラマ写真
JR東海バスエアロキングバスコレクション配置ジオラマ写真

夜間の再現
JA三ケ日特産センター横の自動販売機をLEDを組み込む事で、幻想的な夜のシーンを再現出来ました。自動販売機は自作によるものですが、自作が困難な方はこばるから自動販売機LEDセットが製品化されています。LED照明を点けると深夜の雰囲気です。

深夜の三ケ日営業所を再現したジオラマ写真 深夜の三ケ日営業所を再現したジオラマ写真

参考サイト・スポンサーリンク

JA三ケ日特産センター
深夜の三ケ日
JA三ケ日特産品&ショッピング

このページの先頭へ


貨物ターミナルジオラマ

フォークリフトやトレーラー、コンテナトラックなどが活躍するジオラマです。

貨物ターミナルコンテナ貨物ターミナル作業敷地内では様々な事業用自動車が活躍しています。必須品といえばコンテナを積み下ろしするためのフォークリフトです。フォークリフトはKATOとTOMIXから製品化されています。藤本ホビーをいう会社も31フィートコンテナ用のフォークリフトを製品化した時がありました。40フィート海運コンテナの積み下ろしはトップリフターという車輛が活躍します。トップリフターはトミーテックから製品化されています。フォークリフトのみでなくコンテナ運搬用のトラックやトレーラーも配置してみましょう。



画像集ページ


このページの先頭へ

スポンサードリンク


首都高速
名古屋高速
日本バーカーライジング広島工場
道路標識のサイズ
標識の表示板・文字の大きさと拡大率
東急ハンズ
建物・レイアウト(ジオラマ)をリアルにする素材入手


車道部分を作る


レイアウトに欠かせない道路をリアルに表現するためのアイテムの製作方法を掲載します。150分の1スケールの鉄道模型の世界では1mmの誤差でも実際の寸法にすると15pとなり、違和感が生じやすいです。そこで、Nゲージサイズに換算したスケールをまとめましたので、活用していただきリアルな情景作りをしてください。

水性グレインペイントを使用することをお勧めします。完成度が全く違います!
深灰(細粒子) (40ml) アスファルト道路向けの色
 浅灰(細粒子) (40ml) 農道やコンクリート部分向けの色
  白(細粒子) (40ml) 白線の表現に
●ザラつきのある質感が得られます。
●芝、砂、アスファルト等、さまざまな質感をリアルに再現します。
●イヤな臭いもなく手軽に使用できます。
●特長:
 乾くと水に溶けない水性のアクリル塗料です。
 複数の色目を混合するとパウダーを敷いたような立体的な素材感を作り出します。
●塗布可能な素材:
 神、発泡スチロール、石膏、アクリル板、プラ板、キャンバス(アクリル用)、木、石など
●使用後の処理について:
 筆に付いたグレインペイントは一般排水に流しても問題ありません。
 使用しないペイントは紙で拭き取り、燃えるゴミに分類のうえ廃棄できます。
●使い方と注意:
 ・そのままでも塗れますが、粘度が高く塗りにくい時は、水(10%以下)で薄めます。
 ・他社パウダーを併用する時は乾燥前にふりかけます。
 ・発泡スチロール、アクリル、硬質塩ビ以外のプラスチックには適しません。
 ・鉄部はサビ止め、石膏はシーラーを下塗りします。
 ・5℃以下の時は塗らないでください。
●塗り面積:0.08〜0.1m2 (40mlで約30cm四方)
●用途:紙、木、発泡スチロール、アクリル、鉄、硬質塩ビ、石膏への着色。
●乾燥時間:夏季/3〜4時間、冬季4〜5時間が目安です。   




バナースペース

ジオラマエンタープライズ

e-mail smfcjapan@gmail.com

inserted by FC2 system