本文へスキップ

ジオラマエンタープライズは情景模型やリアル化素材を提供するコンサルティング事業です。

鉄道模型 アクセサリー


鉄道模型には車両のみでなく、情景を引き立てるためのアクセサリーというものがあります。ストラクチャーとアクセアリーが混同してしまいやすいですが、アクセサリーはストラクチャーや情景に装着や設置するリアル化の小物のことをいいます。自動車、人形、小物類です。とても小さいものですが、アクセサリーを導入するだけで、情景にドラマが生まれるので大変お勧めなツールです。

目次




鉄路柵を自作する

プラットホーム自作方法動画

人形を配置して情景にドラマを表現する

鉄道模型の人形レイアウトやジオラマは建物、自然物、人工物を作って終わりにしていないでしょうか。ジオラマが完成したら是非とも人形の配置をお勧めします。人形を置くことでジオラマやレイアウトの中にストーリーが生まれます。ドイツのハンブルクにあるミニチュアワンダーランドでは87分の1サイズの大きなジオラマがありますが、光や動きのギミックのみではなく、人形によるドラマの演出や、笑えるジョークを入れて魅力を更に多くしています。人形は高価だと言われる方もいらっしゃいますが、最近は自分で塗装をするリーズナブルに入手出来る人形が、脇役黒ちゃんなどのガレージメーカーから発売されています。


近くで拡大撮影をするならKATOがお勧め

鉄道模型用の人形は色々なメーカーから製品化されていますが、塗装済の状態で良く出来ているのはKATO製の人形だと思います。顔の造形や服のシワなども表現されておりHOゲージの人形も顔負けです。デジタルカメラなどで拡大撮影をするようなシーンではKATO製の人形だと更にリアルになります。

肉眼で見るには種類が豊富な情景コレクションでも十分


トミーテック情景コレクションのTHE人間シリーズは種類が豊富で価格もリーズナブルです。服の色も様々なバリエーションがあります。情景ジオラマの世界でドラマを表現するのに最適な素材です。

模型人形植栽電飾のわき役黒ちゃん


道路や駐車場に自動車を配置する

鉄道模型 自動車鉄道模型ジオラマや道路ジオラマには自動車を配置しましょう。昔は主にトミックスから幾つかの種類の自動車が販売されていました。現在はバスコレクション、トレックコレクション、カーコレクション、トレーラーコレクションの発売による多くの種類の車を入手可能になりました。ひと昔前は、トミックスからいくつかの自動車が販売されていた以外は、観光バスなどはグリーンマックスのキットを組み立てて表現する方法しかありませんでした。

絶大な人気のトラックコレクション

鉄道模型アクセサリーで絶大な人気があるのがトラックコレクションです。その理由としては付属するコンテナを入手する目的や、日本のどこを走っていても不自然ではありませんので、様々なレイアウトに置いても違和感がありません。あとは運送会社のデザインのバリエーションによって車両自体をコレクションして楽しむことが出来ます。

鉄路柵を自作する

鉄路柵
複々線区間で見かける金属製の柵と言います。これは線路作業員が列車退避時のためにあります。Nゲージでは線を細いなどにし鉄道模型メーカー毎にレール道床の幅や厚みが異なるのと同じで、プラットホームもメーカー別でサイズが異なります。組み合わせるレールによっては、車両との高さや間隔が不自然になります。
動画の0:13あたりから鉄路柵の製作方法を紹介しています。このような線が細いアクセサリーを導入するとジオラマ(レイアウト)が一気にリアルになります。難易度の高い製作ではないんどえ、是非とも挑戦して見て下さい。

プラットホームと各種レールとの高さ比較
道床なしの固定式レールだとTOMIX製プラットホームがドア高さとピッタリ合います。KATO製プラットホームの場合車両高さが低くなりすぎます。

TOMIX製レールの場合、同じTOMIXのホームでも旧型の場合は高さが低いように感じます。それを改良してTOMIX都市型ホームが発売されました。KATO製プラットホームを使用してもギリギリ許容範囲と感じます。

KATO製レールiの場合はTOMIX製プラットホームを使用すると車両とホームの間が広く空きすぎます。KATO製プラットホームにはTOMIXレールは合いません。





南海高野線
路線カラー グリーン
鉄道模型市販品の付属のステッカーでは表現できない南海電車本線の駅名標ステッカーです。国鉄型・JR型車両の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はKATO旧型ホーム用ステッカーです。
■内容
駅名標、時刻表、番線標、発車標(電光掲示板)、方面標識、南海電車風ポスター



・KATO近郊型&DX・TOMIX都市型兼用、TOMIX旧型もあります。
※オプションにて駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに仕様を変更する場合がございます。
※旧型車両・近代型車両の両方が合うように、駅ナンバリングがない時代設定です。

※詳細はこちら

近鉄電車とは

近鉄電車は近畿日本電気鉄道の総称です。名古屋から大阪上本町・伊勢などへJR線の競合路線としてもスピードとサービス向上に力を入れており、豪華な特急車両など鉄道模型でも人気があります。大阪上本町から西へは阪神電車との相互乗り入れもしており、鉄道模型でも相互乗り入れを再現する方が少なくないです。鉄道模型市販メーカーでは再現できない近鉄電車の表現の情報です。

近鉄電車Nゲージホーム駅名標表現シール


旧型・近代型車両の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はKATO旧型ホーム用ステッカーですKATO近郊型&DX・TOMIX都市型兼用、TOMIX旧型もあります。
■内容
駅名標、時刻表、番線標、特急乗車口、発車標(電光掲示板)、方面標識、券売機、出口標識、近鉄電車風ポスター



※オプションにて架空の駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに仕様を変更する場合がございます。

※詳細はこちら

名鉄電車とは

名鉄電車は名古屋鉄道の総称です。愛知県豊橋駅から岐阜間を本線とし、中部国際空港(セントレア)、各務原、豊田 他、愛知県を網羅した大手私鉄です。豊橋駅はJR東海との共用駅で、豊橋から岐阜間はJR東海の東海道本線との並走区間が続き並走する姿も見られます。特に貨物列車や特急列車との並走もあるため鉄道模型で再現される方も多いです。

名鉄
名鉄の駅名標は青・緑・赤の三色で大変カラフルなデザインです。模型でも駅名表が良いアクセントになります。
鉄道模型市販品の付属のステッカーでは表現できない名古屋鉄道の駅名標ステッカーです。旧型・近代型車両の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はTOMIX旧型ホーム用ステッカーです。KATO近郊型&DXホーム・TOMIX都市型ホーム兼用、もあります。
■内容
駅名標、時刻表、番線標、発車標(電光掲示板)、方面標識、出口標識、名鉄電車風ポスター
※オプションにて駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに価格・仕様を変更する場合がございます。
※旧型車両・近代型車両の両方が合うように、駅ナンバリングがない時代設定です。

※詳細はこちら

小田急線Nゲージホーム駅名標表現シール

コーポレートカラー ロイヤルブルー
旧型・近代型の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はKATO近郊型・TOMIX都市型兼用ステッカーです。 KATO旧型ホーム用、TOMIX旧型ホーム用もあります。

■内容
駅名標、大都市近郊区間路線図、時刻表、番線標、発車標(電光掲示板)、方面標識、券売機、自動改札機、JR東日本風ポスター
※オプションにて架空の駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに仕様を変更する場合がございます。
小田急線の発車標(電光掲示板出発案内)は現在は白地となっています。京成電車や京浜急行と似たデザインです。小田急線の特徴は番線の数字部分がコーポレートカラーのロイヤルブルーになっています。前はグレーベースのF電光掲示板もありました。
※詳細はこちら

プラットホーム製作方法動画


バナースペース

ジオラマエンタープライズ

e-mail dioramaenterprise@gmail.com

inserted by FC2 system