本文へスキップ

ジオラマエンタープライズは情景模型やリアル化素材を提供するコンサルティング事業です。

鉄道模型 建物ストラクチャー


鉄道模型には車両のみでなく、車両を引き立てるためのストラクチャーというものがあります。ジオラマ(レイアウト)に使ったりリアル化をして楽しむなど、沢山の用途があります。

プラットホーム
市販品では表現できない建物の製作

名鉄電車を鉄道模型で表現する
小田急を鉄道模型で表現する


プラットホームパーツ自作方法動画

プラットホーム

プラットホームのサイズ
鉄道模型メーカー毎にレール道床の幅や厚みが異なるのと同じで、プラットホームもメーカー別でサイズが異なります。組み合わせるレールによっては、車両との高さや間隔が不自然になります。
KATO島式ホーム
ホーム底面幅(A)40mm
ホーム厚み(B)14.5mm
ホーム上面幅(C)42mm
TOMIX島式旧型ホーム
ホーム底面幅(A)37mm
ホーム厚み(B)12mm
ホーム上面幅(C)33mm
TOMIX島式都市型ホーム
ホーム底面幅(A)37mm
ホーム厚み(B)13mm
ホーム上面幅(C)33mm

プラットホームと各種レールとの高さ比較
道床なしの固定式レールだとTOMIX製プラットホームがドア高さとピッタリ合います。KATO製プラットホームの場合車両高さが低くなりすぎます。

TOMIX製レールの場合、同じTOMIXのホームでも旧型の場合は高さが低いように感じます。それを改良してTOMIX都市型ホームが発売されました。KATO製プラットホームを使用してもギリギリ許容範囲と感じます。

KATO製レールiの場合はTOMIX製プラットホームを使用すると車両とホームの間が広く空きすぎます。KATO製プラットホームにはTOMIXレールは合いません。





市販品では表現出来ない建物製作

市販品のストラクチャー製品では表現できないことを解決するためのグレードアップ方法や、自作ストラクチャーを紹介します。最近はトミーテックが展開しているジオコレシリーズでも色々な建物が商品化されてきました。鉄道模型を持っていて誰もが憧れるのが、ストラクチャーなどを配置したジオラマレイアウトかと思いますが、表現したい建物がないとの悩みを持つ方は多いと思います。そこで自作のストラクチャー製作方法を紹介します。

地方の2階建て駅舎

東越本線という個人所有の作りこまれているレイアウト所有の方の作品です。中央筋の設定でレイアウトを作れられています。この駅舎は1mm厚スチレンボードをメインに、ガラス部分は透明プラ板と1mmプラ角棒を使用して製作した力作とのことです。

※詳細はこちら

地上平屋駅舎

ローカル線や地方幹線を表現したいのですが、市販品の駅舎ではイメージが違ったので設計から組立までペーパーとプラ板にて製作してみました。
地方私鉄でも見られる、平屋駅舎です。券売機や改札も作りました。
携帯電話やポケベルもない時に重宝した伝言板はいい味を出します。


牛丼チェーンすき屋


@ジオタウンサイズ土台作成
1mm厚プラ板を縦81mm横186mmでジオタウンに合うサイズの土台を作ります。タミヤスカイグレーを使うとジオタウンと近い色になります。
A客席を大まかに表現
客席のテーブル、椅子、トイレを表現します。あまり細かく表現するときりが無いのと、外からあまり見えないのでおおまかで結構です。
B塗装作業
側面は透明プラ板の窓部分をマスキングした後に、をフラットブラウンで塗装してます。窓枠はグリーンマックス製コルゲート板シールを使用しました。
C自作ステッカー貼り付けによる看板表現
ステッカーを貼っていきます。一気にリアリティーが増すこの作業がストラクチャー作りで一番面白い作業かもしれません。ただ作業中は呼吸をするのを忘れます。
?駐車場スペース作成
1mm幅のレトラテープを駐車場スペースに貼っていきます。


近鉄電車を鉄道模型で表現する

近鉄電車とは

近鉄電車は近畿日本電気鉄道の総称です。名古屋から大阪上本町・伊勢などへJR線の競合路線としてもスピードとサービス向上に力を入れており、豪華な特急車両など鉄道模型でも人気があります。大阪上本町から西へは阪神電車との相互乗り入れもしており、鉄道模型でも相互乗り入れを再現する方が少なくないです。鉄道模型市販メーカーでは再現できない近鉄電車の表現の情報です。

近鉄電車Nゲージホーム駅名標表現シール


旧型・近代型車両の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はKATO旧型ホーム用ステッカーですKATO近郊型&DX・TOMIX都市型兼用、TOMIX旧型もあります。
■内容
駅名標、時刻表、番線標、特急乗車口、発車標(電光掲示板)、方面標識、券売機、出口標識、近鉄電車風ポスター



※オプションにて架空の駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに仕様を変更する場合がございます。

※詳細はこちら

名鉄電車を鉄道模型で表現する

名鉄電車とは

名鉄電車は名古屋鉄道の総称です。愛知県豊橋駅から岐阜間を本線とし、中部国際空港(セントレア)、各務原、豊田 他、愛知県を網羅した大手私鉄です。豊橋駅はJR東海との共用駅で、豊橋から岐阜間はJR東海の東海道本線との並走区間が続き並走する姿も見られます。特に貨物列車や特急列車との並走もあるため鉄道模型で再現される方も多いです。

名鉄電車Nゲージホーム駅名標表現シール

名鉄
名鉄の駅名標は青・緑・赤の三色で大変カラフルなデザインです。模型でも駅名表が良いアクセントになります。
鉄道模型市販品の付属のステッカーでは表現できない名古屋鉄道の駅名標ステッカーです。旧型・近代型車両の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はTOMIX旧型ホーム用ステッカーです。KATO近郊型&DXホーム・TOMIX都市型ホーム兼用、もあります。
■内容
駅名標、時刻表、番線標、発車標(電光掲示板)、方面標識、出口標識、名鉄電車風ポスター
※オプションにて駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに価格・仕様を変更する場合がございます。
※旧型車両・近代型車両の両方が合うように、駅ナンバリングがない時代設定です。

※詳細はこちら

小田急を鉄道模型で表現する

小田急線Nゲージホーム駅名標表現シール

コーポレートカラー ロイヤルブルー
旧型・近代型の両方で違和感が出ないように、駅ナンバリング前の駅名標を再現しています。写真はKATO近郊型・TOMIX都市型兼用ステッカーです。 KATO旧型ホーム用、TOMIX旧型ホーム用もあります。

■内容
駅名標、大都市近郊区間路線図、時刻表、番線標、発車標(電光掲示板)、方面標識、券売機、自動改札機、JR東日本風ポスター
※オプションにて架空の駅名指定も可能です。
※路線に合わせて予告なしに仕様を変更する場合がございます。
小田急線の発車標(電光掲示板出発案内)は現在は白地となっています。京成電車や京浜急行と似たデザインです。小田急線の特徴は番線の数字部分がコーポレートカラーのロイヤルブルーになっています。前はグレーベースのF電光掲示板もありました。
※詳細はこちら

プラットホームパーツ製作方法動画


バナースペース

ジオラマエンタープライズ

e-mail dioramaenterprise@gmail.com

inserted by FC2 system