本文へスキップ

ジオラマエンタープライズはリアルな情景模型作品を主に紹介しています。

空港滑走路ジオラマ Runway Diorama


200分の1 成田空港16R滑走路ジオラマ

成田16Rとは関西国際空港の第2滑走路 (06L/24R) と並び、日本国内では最長の4,000m滑走路を有するA滑走路(第1滑走路)の北側部分です。

製作過程

成田滑走路ジオラマ製作するサイズを決めた上で、表現する部分をどの範囲にするかを決定します。こんかいは600o×400oで製作します。成田空港16R滑走路のアスファルト舗装部分がが200分no1サイズだと400oに綺麗に収まります。長さは600oという限られた長さにみどころとなる部分を入れて作ることになりました。

監修 株式会社マイジェット&ウイングビジネスコンサルティング


成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマグレーでボード上面全体を塗装した後に、鉛筆でマーキング一を書いていきます。鉛筆で書く理由はメーキング塗装が終わった後に、マーキングの輪郭線を消す為でもあります。
マーキングが終わったら、LED照明と光ファイバーを組み込む穴をあけます。


成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマ裏面に電気回路とLEDと光ファイバーを埋め込みます。照明部分は各箇所にLEDと光ファイバーが貫通しています。
LEDの特性上(長期間耐久目的)LEDの一つ一つに抵抗を介しています。

他社製品の場合、一つの光源から光ファイバーで全ての照明穴に通している為、裏面がぎっしりしているのと、側板も大きくなってしまい重量が発生してしまいます。当方の製作品は各点灯穴の裏面の一か所づつにLEDを埋め込んであるため、光り方がリアルなのと、裏面空間がスッキリしており軽量化しています。点灯させるには鉄道模型用の制御器が便利です。大手鉄道模型メーカーが製品化している制御器の中でも最も手軽なタイプでかまいません。最低電力で出力していただければ問題なく点灯します。各メーカー毎に制御器の接続口が異なるので合ったコードを入手してください。空港ジオラマ側の接続にはコード被膜を向いていただき直接接続するか、東急ハンズなどで売っているツマミ型の接続端子をつなげても良いと思います。

・軽い
・裏面が空間になっているため、各自で様々なギミックを隠すことができる
・実感的な光り方


完成写真

成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマ成田滑走路ジオラマ
LED点灯200分の1旅客機
AIRSHOPトップガン 飛行機模型専門店なので品揃えと情報が豊富です。
ワールドエアクラフトコレクション 飛行機以外にも船舶模型も扱っています。
渋谷模型HOBBYSHOP@TOYS 航空機以外の模型も豊富です。


プリンセスジュリアナ空港(SXM)ジオラマ製作

実施設説明

プリンセス・ジュリアナ国際空港、英語: Princess Juliana International Airport)は、カリブ海のオランダ自治領シント・マールテン(セント・マーチン島南半部)にある大型旅客機がビーチ上の低空を通過して着陸することで有名な国際空港です。シント・マールテン(セント・マーチン島のオランダ領側)唯一の国際空港です。なお、面積88km2のこの島の北半分はフランス領(サン・マルタン)となっており、フランス領側には小規模なグランカーズ・エスペランサ飛行場があります。

マクドネル・ダグラス MD-11やボーイング747、ボーイング777、エアバスA340クラスのワイドボディ大型旅客機が、エメラルドブルーのカリブ海に面するマホ・ビーチ上空から滑走路端のビーチを高度20m-30m程度で通過しながら着陸する光景は、セント・マーチン島の観光名所として大変有名である。滑走路長はわずか2433mで、ボーイング747-400やエアバスA340、マクドネル・ダグラス MD-11、ボーイング777など3〜4発エンジンを持つ大型旅客機の離着陸には短距離で、滑走路端を低空通過する必要がります。そのため、他空港では同様の場合、離着陸そのものが制限される場合が多く、滑走路に並行した誘導路がないために、マホ・ビーチ側から着陸した旅客機は、滑走路端にあるターニングパッドをUターンしてエプロンへ戻る。滑走路端にマホ・ビーチがあり計器着陸装置(ILS)は設置できないが、距離測定装置(DME)や無指向性無線標識(NDB)は設置されている。
滑走路ジオラマ滑走路ジオラマ滑走路ジオラマ現地の航空写真や設計図を元にして区分け線をボードに書いていきます。今回はグレーなどの暗い色で隠れるためケガキ線を後で消す必要がありません。よってボールペンでしっかりと書いています。
ケガキが終わったら現地の情報を参考にしてアスファルトの舗装の違いを、色分けで再現します。ダークグレーで淵部分を塗装し、グレーで滑走路とターニングパットを表現します。
滑走路ジオラマ

プリンセス・ジュリアナ国際空港就航都市 フライチーム
プリンセス・ジュリアナ国際空港公式サイト
世界の空港案内 プリンセス・ジュリアナ空港(セントマーチン)
大きなターニングパッドが特徴の28滑走路を1:400scaleにて製作しました。
滑走路ジオラマ滑走路ジオラマ滑走路ジオラマ

サイズ 長さ600mm 幅300m 厚さ23mm

成田空港16R滑走路 400分の1 ジオラマ

「実景説明」

成田16Rとは関西国際空港の第2滑走路 (06L/24R) と並び、日本国内では最長の4,000m滑走路を有するA滑走路(第1滑走路)の北側部分です。成田国際空港第1ターミナルの展望デッキから右側奥に見ることが出来ます。

さくらの里での撮影でも有名な成田16R滑走路のジオラマです。。

「ジオラマ全景」

空港ジオラマ 滑走路空港ジオラマ 滑走路







「ジオラマ全体」

サイズ 長さ400mm 幅200m 厚さ25mm(ゴム足含む)

※飛行機模型は付属しません。
※照明機能は備えておりません。

空港照明の解説

夜の空港といえば宝石を散りばめたような照明が魅力です。その照明の配置にも規定があります。

各スケール別で実寸換算した場合の長さ


滑走路
滑走路照明ジャンボの愛称で知られるボーイング747が離着陸するのに必要な滑走路は、長さが約3,000m、幅は約50m。
50mを各スケールで表現した場合の長さ

 1/500 1/400  1/220   1/200 1/150   1/87 1/80
 100mm  125mm 227mm  250mm  333mm  574mm  625mm


さまざまな色と種類があります。
一例)
滑走路全体を四角く囲んでいる白色のライトが「滑走路灯」
センターラインを示す白および白と赤の交互のライトが「滑走路中心線灯」
滑走路の始まりと終わりの部分を示すのが「滑走路端末灯」
飛行機の進入方向手前部分が緑
奥の部分が赤色
滑走路の外側延長線上で、閃光を放って、着陸する飛行場に進入方向をガイドしてくれるのが「進入灯」。
ちょっと変わったライトには、「精密進入経路指示灯」があります。
飛行機が着陸するときに地面に対して3度の角度で降下してきます。滑走路左側に、着陸地点から地上に対して3度の角度を表示してくれるライトが、横1列に4個並んでいます。この4つのライトが、白・白・白・白なら3度より角度が大きい、赤・赤・赤・赤なら小さい、白・白・赤・赤ならばちょうどよい角度(オンコース)であることを示す。


滑走路のジオラマをリアルに作成するためには最低限の知識も必要です。

滑走路と風向きの関係

新しく滑走路を造る場合、ただ土地が準備できたからといってすぐに建設するわけではありません。航空機は翼に風を受けて揚力を発生させるため、真正面からの向かい風が吹くことがベストです。そこで建設の際には、数年間を費やして平均的な風向きや「春一番」など季節ごとの特性について厳密なデータをとり、その地域にもっともよく吹く風上に向かって滑走路を整備します。
 また、滑走路の両端に書かれている数字は、その滑走路の方角をしめしています。真北を360度、真南を180度、東(0)90度、西270度とし、この上2桁を書いています。

滑走路の驚くべき強度

300トンを超える大型機が着陸したり、航空機が時速00キロを超えるスピードで飛び立っていくため、滑走路には相当な負荷がかかります。一般の道路では、砂利や土砂の上に敷かれるアスファルトの厚さは数センチ程度です。それが滑走路の場合には、アスファルト部分だけで2〜3メートルの厚さが必要になります。建設中はアスファルトを敷いては巨大なローラーを往復させて固めるといった作業を繰り返し、大型機の離着陸に耐えられるよう強度を高めています。
 また、滑走路は平坦ではなく、勾配がつけられています。降雨時には水はけをよくするためです。遠目では平らな道に見えますが、断面を見てみると両サイドから中央部にかかて少しづつ盛り上がっているのがわかります。雨天のときの着陸は滑走距離が通常より長くなるため、別の仕掛けも取り入れられました。滑走路の表面に「グルービング」という、横島模様のような細かい溝を掘り、グリップ力(摩擦力)を上げています。

 


バナースペース

ジオラマエンタープライズ

inserted by FC2 system