本文へスキップ

ねこモテ情報

猫モテ情報

ネコのごはん

ご飯は猫とのコミュニケーションの一つです。まずは猫の食事の基礎知識を知っておきましょう。

食材のバランスの目安

食材のバランスの目安は肉魚類、野菜類、穀類を7:2:1の割合を目安にすると良いでしょう。手作りは週一のお楽しみでもいいと思います。

猫にとって注意が必要な食材

猫にとって注意が必要な食材があります。飼い主さんは注意して見てあげてください。

ネギ類、刺身以外の生の魚介類、生卵の白身、骨、香辛料※通常猫自身が好まないが誤食に注意、チョコレート、塩分の多い食事、人間用のお菓子、カフェイン
※うっかり食べてしまっても、多くの場合は吐き出したり排泄することで自分で対処ができます。

キャットフードについて知る

キャットフードは一般的に、ドライタイプ(乾燥フード)とウェットタイプ(湿潤フード)の2つの主要な形態に分かれます。以下に、それぞれの違いを説明します。

ドライタイプ(乾燥フード)

水分量

ドライタイプのキャットフードは、水分量が低い傾向があります。通常、水分含有率は10〜12%程度です。これは、猫が自然界ではあまり水を摂らない動物であることに基づいていますが、同時に十分な水分摂取が重要であることを忘れてはいけません。

歯の健康

ドライタイプのキャットフードは、噛むことによって猫の歯の健康をサポートする助けになることがあります。硬い粒が歯垢を取り除き、歯茎のマッサージも行います。

保存のしやすさ

ドライタイプのキャットフードは湿気や腐敗のリスクが低いため、長期間の保存が比較的容易です。密閉容器に入れて保管すれば、新鮮な状態を保ちやすいです。

ウェットタイプ(湿潤フード)

水分量

ウェットタイプのキャットフードは、水分含有率が高いです。通常は70%以上の水分を含み、猫の水分摂取を増やす役割を果たします。これは、野生の猫が獲物から水分を摂取することが一般的であるためです。

嗜好性

多くの猫はウェットタイプのキャットフードの香りと味を好みます。香りが強いため、食欲を刺激する助けになります。特に選食傾向のある猫にとっては、ウェットタイプのフードが食事摂取を促進することがあります。

尿路の健康

ウェットタイプのキャットフードは、尿路の健康をサポートするために役立つことがあります。高水分量により、尿を薄めて尿路結石のリスクを低減する効果が期待されます。

加工や保存の注意

ウェットタイプのキャットフードは湿潤しているため、加工や保存に注意が必要です。開封した缶を冷蔵庫に保管し、24〜48時間以内に使い切ることが推奨されます。

どちらのタイプのキャットフードも、猫の健康や好みに合わせて選ぶことが重要です。獣医師のアドバイスを受けながら、バランスの取れた食事を提供してあげましょう。

猫にキャットフードをあげる時の注意点

猫にキャットフードを与える際には、いくつかの注意点を守ることが重要です。以下に、猫にキャットフードをあげる際の注意点をいくつか説明します。

  1. 栄養バランスを考える

    猫に適切な栄養を与えるために、バランスの取れた栄養を含むキャットフードを選ぶことが大切です。成猫用、子猫用、高齢猫用など、猫のライフステージに適したキャットフードを選んで与えましょう。

  2. 過剰摂取を避ける

    キャットフードの袋や缶に記載された餌の量を守り、過剰な摂取を避けてください。過度な食事は肥満や健康問題の原因になる可能性があります。

  3. 水を常に用意する

    キャットフードを与える際には、水を常に用意しておくことが重要です。猫は水分を摂取することで健康を維持し、尿路結石や腎臓の問題を予防することができます。

  4. 新鮮さを確保する

    開封したキャットフードは、新鮮さを保つために密閉容器に保管してください。特に湿潤タイプのキャットフードを使用する場合、腐敗を防ぐために適切な保管が必要です。

  5. 食材アレルギーや過敏症に注意する

    猫によっては特定の食材に対してアレルギーや過敏症を持つことがあります。初めて新しいキャットフードを試す際には、様子を見ながら与えることをおすすめします。

猫のごはん手作りレシピ

手作りごはんをあげる際に、猫それぞれの体質や体調に心配がある方は、獣医さんに相談しましょう。
手作りご飯を作る際は、その子の大好物を見つけてあげるのがおすすめです。猫には千差万別の好みがあります。

親子丼

鶏ささみ 100g 溶き卵 1/2個 水100g

  1. 鍋に水と鶏ささみを入れ中火にかける
  2. 鶏ささみに火が通ったら取り出してほぐす
  3. ほぐした鶏ささみを鍋に戻す
  4. 溶き卵を回し入れる
  5. 蓋をし好みの半熟具合に仕上げる

お好みで 焼き海苔適量 白米適量

手作りご飯の始めたては普段のカリカリにトッピングするのもオススメ

ポイント

初めての手作りは野菜なしでもOK!卵の硬さは好みがあるのでいろいろ試してみてください

サバそぼろ丼

サバ100g しいたけ10g にんじん10g ショウガ1g 植物油

  1. サバの身をスプーンでかき出す(小骨があれば取り除く)
  2. しいたけは食べやすい大きさに切る
  3. にんじんはすりおろす
  4. フライパンに植物油を引く
  5. サバとすりおろした生姜を炒める
  6. しいたけとにんじんを入れ更に炒める

お好みで 白米適量 きぬさや適量

トマト煮込み鶏ひき肉ハンバーグ

鶏ひき肉100g 溶き卵 1/2個 パン粉1/4カップ にんじん10g エリンギ10g トマト(湯むきしておく) 1/2個
植物油 

  1. にんじんをすりおろす
  2. エリンギは食べやすい大きさに切る
  3. 鶏ひき肉ににんじんエリンギパン粉溶き卵を加え食べやすい大きさに丸める
  4. フライパンに植物油を引きハンバーグを焼く
  5. トマトをざく切りにする
  6. フライパンに植物油を引きトマトを炒める
  7. ハンバーグを戻してさらに数分煮込む

※丸めたものが食べにくい子にはほぐしてあげましょう


タラのアクアパッツァ

タラ100g あさり10g ホタテ貝柱(水煮缶詰)10g ブロッコリー10g トマト10g 植物油

  1. 植物油を引いたフライパンでタラを炒める
  2. タラに火が通ったら食べやすい大きさにほぐす
  3. あさりと野菜は食べやすい大きさに切り、ほたて貝柱はほぐしておく
  4. タラが入ったフライパンに切った食材を入れ、フタをして強火で蒸す
  5. 野菜が柔らかくなったら完成

ポイント
タラの香りに包まれて野菜も食べてくれる率アップ

大葉入り焼きささみ

鶏ささみ100g 大葉1枚

  1. 鶏ささみをグリルで焼く
  2. 火が通ったら取り出してほぐす
  3. 大葉は食べやすい大きさに刻む
  4. 鶏ささみと大葉を混ぜ合わせる

次のページへ



スタッフ写真

サイト運営

猫好き情報

inserted by FC2 system