本文へスキップ

マニアック情報 ネコ

猫好き情報

猫のトイレトレーニング

猫のトイレ

トイレのしつけは人間と同じ空間で猫が暮らしていく上で重要で最初に行うもののひとつです。猫の種類や猫の大きさによって合ったトイレも変わってくるので、排泄のサインの見極めかたや環境の作りかた、トイレの選びかたなどをご紹介します。

猫のトイレトレーニング

猫は通常、約1週間程度でトイレの使い方を覚えることができる素早い学習能力を持っています。

猫のトイレのサイン

子猫の行動をじっくりと観察し、トイレをする合図に気づくことが大切です。子猫がソワソワしたり床のにおいをクンクン嗅いだりする仕草が見られたら、トイレの準備が整っていることを示しています。こうしたサインが現れたら、用意したトイレに子猫を静かに導いてあげましょう。特に朝起きた直後やごはんを食べた後に排泄することが多いようです。

トイレの置き場所は重要

猫が気持ちよくトイレを覚えるためには、設置場所が重要です。静かで目の届きやすい場所に設置しましょう。人が頻繁に通る廊下や玄関は猫にとって適切な場所ではありません。また、洗面所に設置する際は、洗濯機や乾燥機、ドライヤーの音に驚かれないよう注意が必要です。トイレを置く場所が見つからない場合、排泄物を見逃してしまうこともあります。猫は清潔好きなので、残った排泄物のある場所を避ける傾向があります。リビングの静かな角など、排泄に気付きやすい場所に設置すると良いでしょう。また、猫の食事場所や人の食事場所から離れた衛生的な場所に設置することで、猫も安心してトイレを利用できます。

  1. 人の出入りでバタバタしない場所
  2. 猫の寝床から遠くない場所
  3. 大きな音がしない場所

最初はにおいでトイレを覚えさせる

初めてトイレで成功した場合、わざと少量の尿で汚れたトイレ砂を一部残しておくことで、排泄のにおいを保留します。もしトイレ以外で失敗した際には、尿を拭いたティッシュをトイレに置いておくことで、尿のにおいをトイレに関連付けさせることができます。新しいトイレを設置する際には、尿で汚れた砂を使用することも検討できます。

トイレがなかなか覚えられない時の確認すべき事

猫には、時折トイレでの排泄がうまくいかない場合があります。この現象の原因として考えられる要因や、理解しておくべきポイントについて、以下で紹介します。

粗相をしても絶対に叱らない

子猫は過去に排泄を叱られた経験から、排泄行為自体を避ける場合があります。その結果、我慢したり飼い主に見られない場所でこっそり排泄したりする場合があります。この行動は逆に体調不良を引き起こしたり、掃除の手間を増やす原因となっています。

粗相をした場所はすぐに臭いを消す

失敗した場所には嫌なにおいが残り、ペットが再び排泄しないようにするために、ペット用の消臭剤などを使って徹底的に臭いを取り除きます。フローリングの場合は、しみこませないように隙間も含めて徹底的に臭いを消し去ります。カーペットや敷物もできる限り洗浄します。同じ場所で問題が続く場合には、そのエリアに新しいトイレスペースを設けることも考えられます。これによって、既存のトイレに加えて新しいトイレエリアを提供します。

多頭飼いの場合は、飼育頭数+1個のトイレが理想

複数の猫が同じトイレを使用する際、一匹が排泄した後に別の猫が使用することを好まない傾向があります。このため、複数の猫を飼っている場合は、猫の数にプラス1個のトイレを用意することが望ましいです。もし飼育している猫の数が多い場合は、さらに2〜3個のトイレを追加することを検討すると良いでしょう。使用頻度が低く、猫たちに好まれていないトイレは配置を見直すことが必要です。

最低でも1匹の猫に対して2つのトイレを用意することで、留守中や夜間でも安心感が生まれます。飼い主は複数のトイレを清潔に保つ必要があり、手間がかかるかもしれません。しかし、猫にとってトイレ環境が快適であれば、失敗が減少し、結果的に飼い主も快適に過ごせるでしょう。

病気かどうかは、回数や排便後の様子でチェック

様々な試みが効果が出ない場合、猫がトイレの粗相をする問題は健康問題の兆候かもしれません。できるだけ早く獣医師の診察を受けることをお勧めします。排泄回数や粗相の頻度、排尿・排便後の不快そうな態度、排泄物に異常がないかを確認しましょう。

また、病気ではなくても、ストレスが原因である可能性も考慮すべきです。引っ越しや家族の増加、新たなペットの導入、犬の飼育開始、家族間の争いなどが、猫にとってストレスとなることがあります。

トイレが合っていない可能性も

前述の要因に加えて、猫が使用するトイレが彼らの好みに合わない、排泄が不便などの理由で、猫がトイレ以外で排泄してしまうことがあります。こうした場合は、用意されたトイレ環境を再評価する必要があります。

猫が適切なトイレを使用しているかどうかは、容易に確認できます。そのトイレの使用時間を観察してみてください。猫は気に入ったトイレを使用する際に、排泄物を注意深く隠すなど、長い時間をかけて過ごすことが多いです。一方で、排泄後にすぐにトイレを離れる場合は、そのトイレが猫にとって好ましくない可能性があります。

トイレが合っていない、また猫が気に入っていない時の確認すべき事

設置場所

周囲に騒音を発する電化製品などがないか、確認してみましょう。近隣の犬の鳴き声がしばしば気になることもあるかもしれません。また、複数のペットを飼っている場合、相性の悪い猫がトイレへの通行やその周辺に居るだけで、猫がトイレを利用しないことがあります。

大きさ

猫のトイレの理想的な長さは、彼らの体長の約1.5倍程度です。もし猫がトイレのふちに足を乗せて排泄している場合は、トイレが小さすぎる可能性があり、適切なサイズに変えてあげることが大切です。特に、子猫の時に合わせて購入したトイレは、成猫になっても使い続けるとサイズが合わなくなるかもしれません。そのため定期的にトイレのサイズを見直し、適切な大きさのものを提供することがおすすめです。

深さ(またぎやすさ)

トイレがあまりにも深いと、猫が跨ぐのが難しいことがあります。特にトイレの使用を始めたばかりの子猫の場合、浅めのトイレや段差のあるトイレを用意してあげると良いでしょう。

清潔さ

猫は非常に清潔好きな動物です。もし排泄物が長時間放置されたり、環境が不潔になると、猫はトイレを利用したがらなくなることがあります。そのためこまめな掃除が必要であり、時折トイレボックスを完全に洗浄することも大切です。ただし、この際には猫の匂いを完全に消さないよう注意が必要です。

トイレの種類

猫のトイレには、いくつかのタイプがあります。まず、シンプルな箱タイプやシステムトイレ、屋根付きトイレなどがあります。特に屋根付きトイレは、排泄が他人に見られずプライバシーが保たれるため、好んで利用する猫もいます。しかし一方で、自由な体勢で排泄できないことや、においがこもりやすいこと、時には怖さを感じることから、このタイプを避ける猫も意外と多いです。

一方、システムトイレは引き出しタイプの二重構造を持っており、下の段には専用のシートを敷き、上の段には専用の砂を置きます。このタイプのトイレが猫に好まれると、においがこもりにくく、お手入れも楽に行えます。さらに、下段にシートを敷かずに使用すれば、尿が下段にたまり、簡単に尿を取り除くことも可能です。

トイレの砂が好みのものか

猫はトイレの砂にもこだわりがあります。研究によると、脱臭効果が高く、硬くて細かい感触の砂を好む傾向があるとされていますが、個々の猫には好みが異なるため、複数の種類を試してみることがおすすめです。

猫用トイレの砂の種類

ペーパーサンド
紙製品は軽量で持ち運びが便利であり、また多くの場合、トイレに流すことができるため、処理が容易です。ただし、猫が動くたびに周囲に紙の粉塵が舞うことがある点には注意が必要です。
鉱物
ベントナイトやゼオライトなどの微細な粒子を含む砂タイプの猫砂は、多くの猫に人気があります。これは、尿が効果的に固まるため、処理が容易であるという利点がありますが、一方で持ち運びには重さの課題があります。また、中には肉球の間に入り込むことを好まない猫もいます。
シリカゲル
この素材は、優れた脱臭効果を持ち、微細な粒子状で、猫に愛されています。尿を吸収しながらも固まらず、そのまま乾燥する特性を持っています。
ヒノキ
ヒノキの香りは排泄物の臭いを消す効果があり、飼い主にとっては快適な選択肢です。さらに、トイレにそのまま流せるタイプの製品は、処理が簡単で便利です。ただし、中にはヒノキの香りを好まない猫も存在します。
オカラ
猫がトイレの砂を食べようとする場合、オカラを使えば安心です。オカラは軽量で持ち運びが容易であり、また流せるタイプのものも多く存在します。猫がトイレの中で掘る際に砂が周囲に飛び散ることがある点にも注意が必要です。

まとめ

猫は清潔好きな生き物であり、トイレにもこだわりがあります。適切な場所にトイレを設置し、猫が落ち着ける環境を整え、好みの砂を使用することが大切です。定期的にトイレを清掃することも重要です。もし猫がトイレでの失敗が続く場合は、トイレのタイプや配置、砂の種類などを順番に確認することが必要です。

しかし、粗相がなかなか改善されない場合、猫の健康問題が原因である可能性も考えられます。排尿や排便の様子や頻度を記録し、獣医師の診察を受けることをおすすめします。


スタッフ写真

サイト運営

猫好き情報

inserted by FC2 system