本文へスキップ

登山を始める人向けの情報ページです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

HTML

登山の装備

ハイキングまでは、主に靴、バックパック、雨具の装備で事足りてましたが、本格的な登山になると安全のためにもいくつかの装備が必要になってきます。ここでは日帰り登山の持ち物を紹介します。

登山靴

登山靴は普通のスニーカーと比較して重厚な作りをしています。靴底の厚みは衝撃を吸収してくれます。ミドルカットタイプのシューズは足首を保護してくれます。防水素材で出来ているものであれば中が濡れるのを防いでくれます。登山の時間が短くて荷物も軽い場合はハイキングシューズでもOKです。岩稜帯を歩いたり長時間歩く時はソールがしっかりした登山靴がお勧めです。

登山のウェア

登山のウェアの基本はレイヤリング(重ね着)をすることです。ベースレイヤー、ミッドレイヤー、アウターシェルの3つの要素があります。ベースレイヤーは下着のことで肌に触れるのでとても重要です。綿素材は避けてポリエステル素材や冬場などの冷え込む時季はメリノウール素材のものを着用します。Tシャツなども綿素材のものを着用すると速乾性がないため汗で体が冷えてしまいます。よって、登山に行くときは綿素材以外を着用していくと良いです。ミッドレイヤーも綿素材を避けましょう。アウターシェルは雨風から身を守るものでレインウエアもアウターシェルのひとつになります。アウターシェルを一番外側に着用します。

ビニールのレインウェアは登山では使えません。ビニールのカッパは中が蒸れてしまいます。ゴアテックスなどの素材を選び中の水蒸気を外に出す機能の雨具を着用しましょう。レインウェアは上下が分かれているセパレートのものを利用します。レインウェアのズボンはジッパーがサイドが開いて靴を履いたままでも着られるものが便利です。

防寒着

防寒着はフリースやダウンジャケットを持っていきます。ダウンジャケットは軽くてコンパクトです。但しダウンジャケットは濡れてしまうと保温性を失います。ダウンジャケットは濡れないように注意しましょう。

靴下

登山用の靴下は普通の靴下と異なり分厚いものが多いです。これは登山靴は固いものがあるので、靴から足を保護するために厚手のものを着用します。

帽子

夏であれば日除け効果のあるハット、冬などの寒い時はニット帽などで暖かくします。

手袋

夏は日除け対策(紫外線対策)なので薄手もの、冬は毛の素材のものを使用します。

バックパック

目安として日帰り登山の場合30~40Lあれば十分です。雨が降った時に着けられるレインカバーが付いているバックパックがお勧めです。

サングラスと日焼け止め

夏はもちろんですが、冬場も紫外線があるので日焼け止め対策は欠かせません。日焼けをすると日焼けのダメージを身体がリカバリーするので身体に負荷がかかります。

水分

ボトルや保温ボトルや袋状のウォーターキャリーに水を入れて持ち運びます。寒い時季には保温ボトルへ飲みものを入れて持ち運びます。水の中にクエン酸やアミノ酸などのパウダーを入れて行くと身体の疲れが取れやすかったりします。持っていく水の量ですが、計算式があるので紹介します。

必要な水分の量の求め方

脱水量(ml)=体重(kg)×行動時間(h)×5

※体重50kgの人が5時間歩くと脱水量は 50×5×5=1250ml
季節によって変動はありますが持っていく水分量の目安にして下さい。

行動食

登山中に食べる軽い食事のことを行動食と言います。登山は長い時間歩き続けるのでエネルギーを補給しないと身体が動かなくなり歩けなくなる場合があります。おにぎりは冬季は凍ってしまう場合があるので注意が必要です。お菓子のラムネは主成分がブドウ糖のため消化・吸収が早いのでお勧めです。

非常食

山で緊急事態が生じた時に食べるものを非常食と言います。カロリーが高くて自分の好みのものを用意しましょう。例としてはチョコレートも非常食としては適しています。チョコレートは中身をジッパーに入れて持っていくとゴミも出なくて便利です。非常食は必ず用意しましょう。

ヘッドライト

暗い時間に帰る事が無くても山の中では何が起こるか分かりません。点滅機能があると助けを呼ぶ合図にもなります。充電式と電池式があります。電池式の場合は必ず予備の電池も用意します。

地図、コンパス、高度計

高度計は登山用時計に機能としてあるものもあります。これらのアイテムは山の地形を把握して道に迷わない為の物です。最近は携帯電話の地図アプリもリリースされています。送電線や電波塔などの人工物は登山の際に良い目印になります。地形や植生を表す地図記号は目印にはなりにくいですが、ルートの様子を知る手掛かりになります。

ホイッスル

山で緊急時に自分の居場所を知らせる為のものです。最近はバックパックに付いてる事もありますが音が小さいです。

モバイルバッテリーとケーブル

最近はスマートフォンで写真や動画を撮影出来るようになり、充電機会が増えた事もあり持っておくと便利です。スマートフォンの電池がなくなると地図アプリも使えなくなります。もし、緊急時に電波が入る場所があれば連絡することが出来ます。

ティッシュとウェットティッシュ

山の中のお手洗いはトイレットペーパーが無い場合があります。水に流せるものを持っていきます。山はどこでも水で手を洗える場所があるわけではないのでウェットティッシュは便利です

手ぬぐい、タオル

手ぬぐいは割くと紐やガーゼになります。色々と使えて便利です。

ナイフ

持っておくと何かと便利なツールです。

チェーンアイゼン(冬季)

冬は低山でも道が凍結していることがあります。チェーンアイゼンが無くても登りは何とか登れたとしても、下りは滑りやすくて危険です。お守りの意味でも持っていきましょう。

健康保険証

緊急時のために持ち歩きましょう。

ファーストエイドキット

怪我や緊急時に対応出来るアイテムが入っています。エマージェンシーブランケット、ガーゼ、テーピングテープ、絆創膏が入っています。

ポイズンリムーバー

蜂や虻に刺されてしまった時に毒を外に出すアイテムです。

小銭、千円札の入った財布

山のトイレはチップ制の所が多く、小銭が必要な場合があります。山小屋ではクレジットカードが使える所が少ないので千円札があると便利です。

ゲーター

雨が降った後のぬかるんだ道や富士山の砂走りのような埃の舞うような場所で使います。足元が汚れないためのアイテムです。

トレッキングポール

折りたたんで収容出来るので結構コンパクトになります。バランスを取ったり足への負担を少なくしてくれます。ポールにしがみついて腕に過度な力を入れると上腕が疲れてしまいます。ポールを突く時は体と十分なスペースを空けましょう。バックパックのサイドに収納して持ち運ぶ場合は周囲の人へ配慮をしましょう。

夏は日除けとしても便利ですし、雨が降った時にもすぐに使えるので便利です。稜線などの風の強い場所では使えないので注意です。尾瀬ヶ原などの平坦な遊歩道などは傘の方が便利な場合があります

筆記具

登山者カードの記入以外にも使用頻度が高いアイテムです。

次のページへ

スタッフ写真

サイト運営

登山のススメ

inserted by FC2 system