本文へスキップ

ビジネスに役立てるための情報サイトです。

WEBサイト運営


目次

ビジネスでオンラインを活用する
ウェブ トラフィックをトラッキングして分析する
ウェブ上で簡単に見つけてもらえるようにする
ソーシャル メディアやモバイルで、近隣地域のユーザーにより多くリーチする
広告掲載でより多くのユーザーにリーチする
オンラインで商品やサービスを販売する
ビジネスをグローバルに展開する

ビジネスでオンラインを活用する

お店や教室など個人事業として経営をされている方で、なかなか手をつけられないのがオンライン対策だと思います。ホームページを作っただけではオンライン対策とは言えません。ここではオンラインをビジネスとして活用するための情報を掲載します。

ビジネス用WEBサイトの構築

自社の目標、基本方針、セールス ポイントを明確にすれば、それをもとに、容易にオンライン戦略を立てることができます。
戦略が決まったら、ウェブサイトを開設し、ターゲットを絞ったデジタル マーケティング キャンペーンを実施して、集客を図ります。
1.ビジネス目標を定める
2.基本方針を定める
3 セールス ポイントを決定する

競合相手と差別化する方法
オンラインでの新規顧客の獲得に役立つのは、セールス ポイントです。競争の激しいオンライン市場で成功するには、他社にはない強みをアピールする必要があります。ビジネスの戦略構築にあたり、競合他社の分析情報は、独自のセールス ポイントを打ち出す上で、競合他社の商品やサービスとの違いを見極めるために役立ちます。
また、競合他社の動向を調べ、何が成功して、何が失敗しているかを知ることも重要です。これにより、市場を大局的に観察してビジネス チャンスを見出し、自社を成長させるための戦略を立てることができます。
SWOT 分析を実行することで、自社の成長につながるビジネス チャンスを特定できると同時に、改善すべき弱みも明らかになります。

オンライン市場にビジネス チャンスを見出し、成功するためには次がポイントです。
・独自のセールスポイントを理解する
・SWOT分析を行う  SWOT分析とは
・競合他社のウェブサイトを調べる

競合相手と差別化するためには、KPIを次の基準で設定します。
・具体的
・測定可能
・達成可能
・ビジネス目標に即している
・期限が明確

WEBサイトを制作するには時間も技術も必要になります。まずはブログやSNSページで告知を初めて、インターネットに慣れて頂くことをお勧めします。

WEBサイトを構築しただけでは、インターネット上での検索には表示されません。まずはグーグルサーチコンソール内にある、WEBアドレス登録を行いましょう。データ解析までの繁栄には数日かかります。

新しいビジネスをオンラインで宣伝する際、ディスプレイ広告を使用には「あらゆる人に見てもらえる」というメリットがあります。


ウェブ トラフィックをトラッキングして分析する

WEBサイトがGoogle上でどのように評価されているかを調べる


ウェブサイトの分析方法

グーグルアナリティクスグーグルアナリティクス
自分のサイトを解析するためにはWEBサイトに解析用のコードを入力する必要があります。グーグルアナリティクスに自分のWEBサイトを登録すると「トラッキングコード」が発行されます。このトラッキングコードをWEBサイトのソースに貼り付ければ解析がされます。

訪問者が自分のウェブサイト上でどのような行動をするか分析し、それによって得たさまざま情報を活用してウェブサイトの使い勝手を向上させていきます。

ウェブサイトの分析に関する用語は「コンバージョン」「指標」「ディメンション」下記のようになります。
 指標  ウェブサイトでの滞在時間、閲覧されたページ数などの測定可能な数値データです。
 コンバージョン  商品の購入、メールマガジンの登録など、お客様の行動に関する数値データです。
 ディメンション  デバイスの種類、場所など、レポートの作成に使用できる、訪問者に関するデータグループです。

ウェブサイトの解析ツールで次のものは指標に分類されます。
サイトのユニーク アクセス数
ユーザーがサイトに滞在した時間
アクセスあたりの閲覧ページ数

ウェブサイトの解析ツールで次のものはディメンションに分類されます。
ユーザーがサイトにアクセスする際に使用したデバイス
ユーザーがサイトにアクセスする際に使用したブラウザ
ユーザーの所在地


ウェブサイトの分析を行なう際には、ビジネスに最も影響する情報に注目することが重要です。対象のウェブサイトで、完了した注文をトラッキングする場合、コンバージョン トラッキング コードを注文確認ページに付ければよいです。
例えば、メールマガジンの改良と、携帯電話用のウェブサイトの改善の効果を知りたい場合、ウェブサイトへの訪問数や滞在時間をあまり重視する必要はなく、 平均閲覧ページ数もそれほど重要ではありません。代わりに、携帯電話を使用しているお客様からの注文の割合、メールマガジン内のリンクをクリックした人の数などの具体的な指標を見るべきです。

Google AdWords と Google アナリティクスをリンクすると、どのソーシャル メディア広告がパフォーマンスに貢献しているか把握できる。

できるだけ多くのデータを集めることに固執すべきでない理由には適切なタイミングで適切な情報を得ることが重要であり、量そのものが重要なわけではないためです。

スプレッド シートとはデータの整理、分析、保存に使用できるインタラクティブなアプリケーションをいいます。Excelなどが代表的です。

問題
ユーザーの行動をより詳しく把握するには、解析ツールでデータをどのように処理すればよいですか。
Aパーティションを作る
Bサンプリングする
Cセグメントに分ける
D一部を抽出する
正解・・・C


問題
コンテンツ マーケティングの目標を達成するうえで、最も有効なアクションは次のうちどれですか。
A各ユーザーのデータを活用し、ユーザー個人個人にパーソナライズしたコンテンツを作成する
Bコンテンツ マーケティングで反応の多いチャネルだけを残し、それ以外のチャネルは使用を停止して費用を削減する
Cコンテンツを見たユーザーを特定し、それらのユーザーに確実に広告が表示されるようにして売り上げ増加を図る
D蓄積したデータや指標に基づいてコンテンツ マーケティングの戦略を調整し、精度を高めていく
正解・・・D


ウェブ上で簡単に見つけてもらえるようにする

検索エンジンでコンテンツを分類する処理のことをインデックスと言います。
Google Search Console(グーグルサーチコンソール)
・検索結果で何位に表示されているかなどを調べる機能
・Googleがウェブサイトをどのように評価しているか調べる機能

Google Search Console の「クロール」レポートでは、Google のサービスでそのウェブサイトが認識されるかどうかを確認することができます。

オンラインで何かを検索するユーザーが、検索エンジンで入力する単語やフレーズのことを検索フレーズといいます。

検索結果でウェブサイトのランキングを示す際、最も重視されるポイントにはそのコンテンツに独自性、訴求力、関連性があるかが重要になります。 解析ツールを使うと、検索エンジンでの現在のランクはどうなっているかの情報を得ることができますか。

SEO の観点でウェブサイトのパフォーマンスを高める方法は数多くあります。中でもリンクビルディングというものがありますが、これはリンクは量ではなく質が重要です。昔はリンクは質ではなく量が重要と考えられていたこともありましたが、クロールアルゴリズムも変わり今では逆効果になる場合もあります。
ウェブサイトへのリンクを貼ってもらう機会が得られれば、SEO の成果が高まります。他のサイトからリンクしてもらううえで利便性が高く優れていると評価してもらえるコンテンツを作成することが重要です。

検索結果におけるウェブサイトのランキングは多くの要素に基づいて決まります。中でもメタデータにはウェブサイトの内容に関して、より一貫した明確な情報を検索エンジンに伝える効果があります。メタタグというものです。

SEM キャンペーンの管理において、品質スコアを向上させる最適な方法は、キーワード、広告、ランディング ページの関連性を高めることが重要です。

検索エンジン マーケティング(SEM)には興味や習慣に基づいて広告を表示するターゲットを設定できるメリットがあります。

検索エンジン マーケティングでキャンペーンを実施している際、サイトでコンバージョン トラッキングを使用すると効果があるものとそうでないものを把握することができるメリットがありますか。

ウェブサイトの SEO の成果を高めるうえで、新しいサービスを始めたり新しい商品の販売を開始するときには、SEO の内容を更新しましょう。

SEM キャンペーンを最適化する際に除外キーワードを使用すると、広告主のビジネスに関連しない検索に対して、広告が表示されなくなります。

Google アナリティクスを使うと所有しているサイト内において、訪問ユーザーの行動を追跡して、情報を把握できます。



ソーシャル メディアやモバイルで、近隣地域のユーザーにより多くリーチする

検索エンジンで位置情報、IP アドレス、地域性の高い検索クエリなどを用いて、特定地域向けの結果を表示することをローカル検索と言います。

特定の地域でビジネスを宣伝する際、外出中のユーザーはモバイル端末を利用している為、モバイル ユーザーへのリーチが重要となります。

特定の地域でビジネスを宣伝する際、地域のリスティングに掲載すべき 3 つの重要な情報はビジネス(お店やサービス)の名前、住所、電話番号です。

ソーシャル メディアのプラットフォームは数多くありますが、比較的小規模でニッチなソーシャル メディアを利用する意義には、さらにユーザーが絞られたソーシャル メディア プラットフォームでブランドをアピールする機会が得られるためです。

ソーシャル メディアは、ユーザーの関心事に注力することを明確にすると効果的に活用できます。そうした方針を立てる際、どのような要素を考慮すればよいですか。

モバイル端末でウェブサイトを利用するユーザーがますます増えており、オンライン検索で見つけやすいようにサイトを最適化する必要性が増しています。SEO の成果を高めるため、キーワードとメタデータを最適化することは重要です。

モバイル広告は効果的なマーケティング手法ですが、ウェブサイトがある条件を満たしていないと効果を発揮できない場合があります。複数のデバイス向けに最適化されている必要があります。ビジネス向けのウェブサイトをモバイル フレンドリーなものにする場合、レスポンシブデザインにするとよいです。

オンライン プレゼンスを確立するにあたり、コンテンツ マーケティングの主にウェブサイトにより多くのトラフィックを集めて売り上げを伸ばすことができるメリットがあります。



広告掲載でより多くのユーザーにリーチする

メールを使ったマーケティング

メールを使ったマーケティング キャンペーンでテンプレートを使用するとhtml形式メールのようにウェブサイトのデザインを再現できるメリットがあります。

メールマガジン退会の防止の施策
・メールマガジンの内容を見直して、適切かどうか確認
・メールマガジンを送りすぎていないか確認

オンライン広告

Googleアドセンスを使うとオンライン広告が可能です。 グーグルアドセンス、グーグルアドワーズのようなディスプレイ広告ネットワークは、サイト運営者と広告主が取引するオンラインのマーケットプレイスといえます。
ディスプレイ広告には検索広告と比較しても、広告を掲載できる関連性の高いウェブサイトで表示されるという優れたメリットがあります。

キーワードのマッチタイプ
ユーザーの検索語句と広告のキーワードが、どの程度厳密に一致したときに、広告を表示させたいかを決めるオプションが「マッチタイプ」です。
「部分一致」を「"フレーズ一致"」や「[完全一致]」に変更してキーワードを絞り込むと訪問数は減ると思われますが、質は上がります。なぜなら、広告がお客様に対して表示されたとき、それがお客様の探しているものと合致している可能性が高くなるからです。
例えば「ロンドン ポートレート カメラマン」というキーワードを設定していると、「ロンドンのカメラマン」の検索クエリで広告が表示されます。

効果的な広告キーワードの設定ツール
・googleキーワードプランナー
・googleトレンド


ディスプレイ広告の「プレースメント」とはウェブサイトの特定のページで広告が表示される正確な位置を意味します。

作成した動画が検索結果に表示されるようにするには、動画の内容に関する詳しい説明を記載すると効果的です。
動画配信の戦略として口コミを活用して動画にトラフィックを集める方法があります。又、動画作成の手間をかけずに動画を活用するには、他の人が作成した動画に広告を掲載する方法もあります。
ユーザーがクリックできる画像がオンライン広告に含まれていることがよくありますが、そうした広告をディスプレイ広告と呼びます。


オンラインで商品やサービスを販売する

完全統合型の e コマース プラットフォームを使用するメリットとして、在庫管理機能、統合された請求処理機能、出荷状況のトラッキング機能は最低限あることが望ましいです。苦情処理の自動化システムは必須とはいえません。クレームを起こさない体制つくりを考える方が重要です。
オンライン ショップを立ち上げて商品を効果的にアピールするには、画像がとても需要になります。質の高い画像を使用します。
ウェブサイトに e コマース機能を実装する場合、最初のステップとして決済システムを統合したオンライン ショップを構築しましょう。 PayPal などのオンラインの送金システムをセットアップする、新しいウェブサイト プラットフォームを実装する、eBay や Etsy などの他のプラットフォームを使用する、などはもっと後のステップです。

ウェブサイトで商品の売り上げを伸ばすには、リマーケティングを行ってさまざまな商品の広告を表示するのが効果的です。ディスプレイ広告のリマーケティングでは対象のウェブサイトにアクセスしたことがあるユーザーに広告が表示されます。

商品をショッピング カートに入れたものの購入に至らなかったユーザーに、サイトへの再アクセスと購入の完了を促す場合にもリターゲティング手法が効果的です。

商品も用意できて、強みも明確になって、アクセス数を増えてきてと、順調に進んでいくWebマーケティングで忘れがちなのは、問い合わせ対応です。
問い合わせが来た時に、PDFのパンフを送って終わりとか、「こっちのページを見てください」でお茶を濁すとかやってしまいがちです。そこから、今すぐ欲しい客か、見込み客か、冷やかしを見極める方法とか、とりえあえず見込み客として名簿に加えるとか、そういった問い合わせに対する戦力を忘れてしまいがちです。


ビジネスをグローバルに展開する

オンラインで国外でもビジネスを展開する場合、オンライン コンテンツに対して対象地域で人気のあるプラットフォームについて分析するよいです。

ビジネスを国外に展開する際は、まずはじめにオンライン ツールを使って大きな需要を見込める地域を把握します。

オンラインで国外でもビジネスを展開する場合、オンライン コンテンツに対して翻訳した後に、現地のユーザー向けに内容を調整します。

国外でオンライン広告を行う場合は、新しいマーケットでも 商品を購入してもらえる 体制を整え、プライ チェーン や 法的な問題 についても考慮しておく必要があります。


スポンサードリンク


バナースペース

サイト運営 SMF

資格テキストサイト

inserted by FC2 system