本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

カバール悪魔崇拝思想とは

世の中には信じがたいような人間がいます。悪魔崇拝思想といっていますが、このような思想をまとめてカバールと呼んでいます。世界的なつながりを理解することで日本の政治の本質も見えてきます。カバールのことを裏で政治を操る存在なのでディープステイトと呼ばれています。別ページでも紹介しました、通貨発行権を握ることで世界権力を維持してきたロスチャイルド家やロックフェラー家などの国際金融マフィアも含みます。カバールは人権を無視した行為で儲ける思想や行動をする、軍産複合体や戦争屋との言葉も聞いたことがあると思います。この軍産複合体カバール(戦争屋)Bチームが計画しているのが人類家畜化計画と人口削減計画です。それを世界から排除する思想のグループをAチームとして区分けして読み取っていって下さい。国対国ではなく、国の中でも思想や派閥を読み取って世界の真実を理解して頂ければと思います。尚、日本の政治はアメリカの影響が大きいのでアメリカの情報が多いことをご了承下さい。

CIAによる悪魔崇拝思想NWO相関図NWO

FBI情報検索ページ

悪魔崇拝カルト資料

CIA情報検索ページ

索引
  1. AチームとBチームを理解する
  2. ロスチャイルド・ロックフェラー系代表的企業
  3. カバール・ディープステイトのスキャンダル
  4. エプスタインの逮捕が鍵となった
  5. グローバルな破損のパージに備える方法
  6. ジョージ・ソロスの資金を止めるのが鍵になる


AチームとBチームを理解する

Aチーム

トランプ大統領とプーチン大統領Bチームに対して戦うトランプ大統領が率いるグループを言います。トランプ大統領を裏でフォローして一緒に動いているのがNSA(アメリカ国家安全保障局、英語: National Security Agencyは、アメリカ国防総省の諜報機関)や米軍良識派、ある存在(現時点で説明しても理解されにくいため、詳しくは書きません)を含めたチーム(Q-ANON)です。
あまり知られていませんが、ロシアのプーチン大統領もロシア国内からディープステイトの排除に動いてきました。

QAnonは米国軍事情報部隊の作戦であり、米国大統領と協力して活動しています。ドナルド・J・トランプは、この重要かつ歴史的な作戦を支援するために、数年前に米軍によって手で選ばれたと簡単に主張できる人もいます。

QAnonは一人ではなく、「Q」レベルのセキュリティクリアランスを持つ上位のチームで、長年にわたって計画されていた操作(計画)を実行します。目的の一部は次のとおりです。
A)
1)大規模なグローバルな腐敗と陰謀を人々にさらすことを目的とした大規模な情報普及プログラム。
2)人々に「大いなる目覚め」をさらに支援するためにさらに研究をさせます。
B)世界中の腐敗、詐欺、人権侵害を根絶する。
C)アメリカ合衆国共和国を憲法の法の支配に戻し、世界中の「国民」を彼ら自身の規則に戻します。要するに、QAnonの操作は、世界史上最大の犯罪的な刺し傷と反反乱/扇動事件です。

Bチーム

このBチームは、長い時間をかけて権力や金融システム、戦争ビジネス、医療マフィアビジネス、人身売買ビジネスなどを世界中に構築してきてしまいました。特にタイタニック号沈没事件以降に世界的戦争が起きています。大昔からある生贄儀式や人口削減による人権からかけ離れた思想やビジネスを仕掛けています。世界中の王室にもBチームが存在しています。
米国民主党Bチーム=中国共産党Bチーム=反日売国カルト宗教Bチーム=半島人Bチーム=反社会的勢力Bチーム=ネタニヤフBチーム=李王朝末裔統一教会与党清和会Bチーム日本政権=利権、悪魔崇拝=闇=カバール
人数が多くて全ては書ききれませんので代表的な人物のみ紹介します。

悪魔崇拝組織の世界征服計画図

  • ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ 下院議員→アメリカ国連大使→CIA長官→第43代副大統領→第41代大統領 JAL123便事件主犯
  • ジョージ・ウォーカー・ブッシュ 第46代テキサス州知事→第43代アメリカ合衆国大統領 911テロ主犯
  • ウィリアム・ジェファーソン・"ビル"・クリントン アーカンソー州司法長官→同州知事→第42代アメリカ合衆国大統領 エプスタイン島問題
  • ヒラリー・クリントン  弁護士→ファーストレディ→上院議員→国務長官 ロシアゲート、ウラン問題
  • バラク・フセイン・オバマ2世 民主党所属上院議員(1期)→イリノイ州上院議員(3期)→第44代アメリカ合衆国大統領 中東問題
  • ベンヤミン・ネタニヤフ イスラエルの軍人→政治家→同国第13代・第17代首相→第17代外相、財務相(18・20・24代)。2005年12月より右派政党リクードの党首 世界的テロに関連 311東日本大震災の主犯
  • Qanon投稿 AチームとBチームを見分ける
テロリスト

ヒラリークリントンが大統領になっていた場合の計画

トランプ大統領とプーチン大統領

カバール・ディープステイト系代表的企業

ロスチャイルド・ロックフェラー系企業
ディスニー

カバール思想

搾取する、奪い取る、騙し取る、非健康にする、環境悪化させる、クラシュ&ビルドで儲けるなどの儲ける思想をカバール思想と呼んでいます。実はこれは一般企業にもあてはまることであり、その企業への投資元がどこになるかで変わってきます。保険金を払わない方向へ持っていくためのマニュアルが存在する保険会社でさえあるほどです。
サンヘドリン本来、フリーメーソンという組織名は聞く機会が増えましたが、その奥の院といわれる一部の「サンヘドリン」がフリーメーソンへの陰謀集団 ブラックメーソン をつくり奥の院と、ブラックメーソンとフリーメーソンの間をイルミナティーおいいます。

このページの先頭へ

カバール・ディープステイトスキャンダル

  • パナマ文書へのクリントンの関係 (2016年4月) ニュースリンク
  • 聖職者が「何千人もの子どもを虐待」 独カトリック教会 (2018年9月) ニュースリンク
  • FBIの襲撃:2つの逮捕、4つの場所が関与 (2019年7月) ニュースリンク
  • ドイツ銀行は、ジェフリー・エプスタインが彼の財産を管理するのを助けていた。(2019年7月) ニュースリンク
  • DOJは死刑を再開するため、AG Barrは直ちに5つの執行を予定しています。(2019年7月) ニュースリンク
  • 強力な政治家と指導者が犯した性犯罪を暴露する文書を公開する米国裁判所 (2019年7月)ニュースリンク
  • 身体部位のパーツ、男性の生殖器で満たされたクーラー、および「フランケンシュタインのような」男性の胴体に縫い付けられた女性の頭部が、フェニックス、アリゾナ州にある、シャッター生物資源センターでの捜索中にFBIのエージェントによって発見された。(2019年7月) ニュースリンク
  • トランプ:オバマ氏、ヒラリー氏、クリントン財団の後を追う時(2019年7月) ニュースリンク
  • 東京五輪のボランティア、外国人の参加者から不満か (2019年7月) ニュースリンク
  • 中東からの米軍撤退を阻止しようと画策し、朝鮮半島和平をも決裂させようと躍起になっていたディープステートの筆頭格であるコーツ米国家情報長官、解任(2017年7月) ニュースリンク
  • アメリカ司法省がデジタル企業への調査を開始
    DOJは、検索、ソーシャルメディア、および一部のオンライン小売業者が反競争的行為を行っているかどうかを調査します。クリスティン・フィッシャーはワシントンから報告します。(2019年7月) ニュースリンク
  • ビンラディン容疑者の息子、死亡か アルカイダ指導者(2019年8月) ニュースリンク
  • 日本の年金をジャンク債投資へ切り替え(2019年8月) ニュースリンク
  • フェイスブックで偽情報拡散、サウジ政府関与か(2019年8月) ニュースリンク
  • 封印されていないエプスタインのファイル:数千件の告発者の文書の情報開示 (2019年8月) ニュースリンク
  • 今週初めに爆発したロシア軍の弾薬庫が再び爆発しました(2019年8月) ニュースリンク
  • エスプタイン公開機密文書から英国アンドリュー王子の名前があり。(2019年8月)ニュースリンク
  • ジョージ・クルーニー、アンドリュー王子の元恋人であるジェフリー・エプスタインの元恋人との性行為で告発(2019年8月) ニュースリンク
  • 十数人のFBIエージェントがジェフリーエプスタインの「ペドフィールアイランド」を襲撃し、スピードボートでカリブ海に逃げ込み、倒錯した億万長者の自殺の2日後にゴルフカートの敷地を歩き回った(2019年8月) ニュースリンク
  • ビル・ゲイツがエスプタイン島へのプライベートジェット(ロリータエクスプレス)に搭乗履歴あり。(2019年8月) ニュースリンク
    ※ビル・ゲイツ=マイクロソフト マイクロソフト=JAL123便御巣鷹山事変 
  • ブロードウェイのプロデューサーBen Sprecherが児童ポルノで逮捕(2019年8月) ニュースリンク
  • ロシアはジョージソロスの慈善団体を安全保障上の脅威として禁止。(2019年8月) ニュースリンク
  • トルドー首相、前司法相に圧力 カナダ倫理委員会(2019年8月) ニュースリンク
  • 14日、米国株の急落により、世界の大富豪上位10人の資産が約180億ドル減少した。フォーブス誌が報じた。(2019年8月) ニュースリンク
  • ロンドン証券取引所、システム障害で主要指数の取引できず(2019年8月) ニュースリンク
  • 全米の空港で入国管理システム障害 数時間で復旧(2019年8月)  ニュースリンク
  • タリバン:米国の撤退に関する合意はほぼ完了
    カブールの上級警備員は、タリバンと米国の当局者が米軍撤退の約14から24か月のタイムラインで合意したと言います。 (2019年8月) ニュースリンク
  • フランス、電通のパートナー企業捜査 国際陸連前会長疑惑で報道(2019年8月) ニュースリンク
  • アメリカ、ゼネラルエレクトリック社(GE社)約4兆円の損失隠し。
    GE社=マッキンゼー
    同時に瀧本哲史氏の死亡が発表

    今後粉飾決算企業やグローバル企業には粛清が入るでしょう。詐欺的ビジネスは粉飾決算(歪の発生)から始まるケースが多いです。(2019年8月) ニュースリンク

    メモ 青松英男
    1977年一橋大学経済学部卒業。マッキンゼー・アンド・カンパニー(東京)入社。コンサルティング実務修得後、ハーバードビジネススクールに留学、MBA取得。卒業後、世界銀行、再度マッキンゼー、JPモルガン、ロスチャイルド・グループを経て、1999年アクティブ・インベストメント・パートナーズを設立。現在、DRCキャピタル株式会社代表取締役社長。京都大学経営管理大学院非常勤講師
  • メディアラボの伊藤穰一所長が悪魔崇拝富豪のエプスタインからMITラボへの寄付金を受けていた問題でMIT、学内に調査委員
    MITラボ、ここ20年ほどで80万ドル寄付受ける (2019年8月) ニュースリンク
  • 元国連のチーフであり、世界最大の子供たちの慈善団体であるユニセフのトップ国連創設者が逮捕されました。
    彼はネパールの児童レイプ容疑で逮捕され、12歳と14歳の2人の幼い子供が彼の拘留から救出されました。(2019年8月)
  • 米J&Jに600億円の支払い命じる、鎮痛剤危機の企業責任めぐる初の判決(2019年8月) ニュースリンク
  • 仏、電通のパートナー企業捜査 国際陸連前会長疑惑で報道(2019年8月) ニュースリンク
  • 強姦、恐喝で逮捕されたハリウッドのトップロビー会社の幹部(2019年8月) ニュースリンク
  • トランプ氏はグーグルは「国家安全保障上の懸念」である可能性があると述べ、中国との関係の調査を開始することを誓う(2019年9月) ニュースリンク
  • ジンバブエのムガベ前大統領が死去 (2019年9月)
  • ロバートミューラーは、サウジアラビアが911テロ攻撃での役割を隠蔽するのを支援(2019年9月)ニュースリンク
  • 英国史上最多、ヘロイン1.3トン押収 末端価格154億円 【9月4日 AFP】英国の国家犯罪対策庁(NCA)は4日、1回の押収量としては英国史上最多となるヘロイン約1.3トンを国際捜査で押収したと発表した。
     NCAによると、当局は8月30日、イングランド南部のフェリクストウ(Felixstowe)に寄港したコンテナ船「ジブラルタル号(MV Gibraltar)」の強制捜査を実施。英警察は、ベルギーのアントワープ(Antwerp)に向かう途中で寄港した同船に、末端価格で1億2000万ポンド(約154億円)相当のヘロインが積まれていると突き止めていた。(2019年9月)
    ニュースリンク
  • ドナルド・トランプ米国大統領は、強硬な国家安全保障アドバイザーであるジョン・ボルトンを解雇(2019年9月) ニュースリンク
  • インドネシアで森林火災急増 マレーシアにスモッグ広がる(2019年9月)ニュースリンク
  • ビンラディン容疑者息子を殺害と米大統領(2019年9月) ニュースリンク
  • トランプ政権を去った高官たち(2019年10月) ニュースリンク
  • フロリダの人身売買で100人以上が逮捕(2019年11月) ニュースリンク
  • ウクライナの国会議員が記者会見で発表:オバマ政権が関わる74億ドルの資金洗浄が行われ、バイデンたちは1650万ドルを受け取った(2019年11月) ニュースリンク
  • MCCの刑務所警備員は、エプスタインの死を喜んで受け止め、IGプローブと協力 (2019年11月) ニュースリンク
  • 会計事務所KPMG、アンドリュー英王子の事業への出資中止(2019年11月) ニュースリンク
  • イスラエル検察、ネタニヤフ首相を起訴へ 汚職疑惑で(2019年11月) ニュースリンク
  • 王室の伝記作家がアンドリュー王子を擁護:「未成年者からの性交渉は小児性愛ではない」 2019年11月 ニュースリンク
  • アンドリュー王子がジェフリーエプスタインのスキャンダルでバッキンガム宮殿から追い出されました。(2019年11月) ニュースリンク
  • JFケネディー暗殺CIAが隠すもの (2019年11月) ニュースリンク
  • 教皇フランシスは性的虐待事件を管理するバチカンの秘密の規則を解除した (2019年12月) ニュースリンク
  • ニュージーランドの大物 サー・ロン・ブライアリーが児童虐待資料で逮捕 (2019年12月) ニュースリンク
  • イタリアで300人超を拘束 この30年でもっとも大規模なマフィア取締りで(2019年12月) ニュースリンク
  • ボリス・ジョンソン、反ブレグジット活動についてジョージ・ソロスを調査 (2019年12月) ニュースリンク
  • 中国で先に経営破たんした遼寧省の錦州銀行のCEO、米国に逃亡しようとして飛行機が離陸する寸前に拘束。12月19日に死亡(2019年12月) ニュースリンク
  • モラレス前大統領に逮捕状 テロや騒乱容疑で ボリビア(2019年12月) ニュースリンク
  • イタリアで300人超を拘束 この30年でもっとも大規模なマフィア取締りで(2019年12月)ニュースリンク
  • 億万長者の活動家 ジョージ・ソロス は、最近の中間選挙でジョージア、 アリゾナ、 フロリダをひっくり返す 米国 民主党へ資金を提供していた。(2019年12月) ニュースリンク
  • 米国沿岸警備隊がサンディエゴで18,000ポンドのコカインをオフロード、推定3億1,200万ドル相当(2019年12月) ニュースリンク
  • 【クリスマスドロップ作戦2019】
    米空軍、航空自衛隊、豪空軍に加え、今年は新たにニュージーランド空軍も参加しました。(2019年12月) ニュースリンク
  • サウジ記者カショギ氏殺害事件、5人に死刑判決 皇太子元側近2人は無罪 (2019年12月)ニュースリンク
  • トランプ大統領の指示受けてイラン司令官を殺害」米国防総省が声明(2020年1月) ニュースリンク
  • アメリカの有力紙が、アフガニスタンでの軍事作戦や復興支援をめぐり、アメリカ政府高官らが失敗を認識しながら、国民に隠蔽していたとする内部文書を公表。(2020年1月)  ニュースリンク
  • EU農業補助金12億円詐取、伊マフィアと公務員ら94人逮捕 (2020年1月) ニュースリンク
  • サウジの相続人とジェフ・ベゾスを弱体化させる疑惑の陰謀が明らかにされた (2020年1月) ニュースリンク
  • スキャンダルセンターでのバチカンのキリストの軍団 (2020年1月) ニュースリンク
  • バチカンがブルックリン司教ディマジオの性的虐待調査を命じる (2020年1月) ニュースリンク
  • イスラエルの検事総長は、ネタニヤフ首相を相手取って刑事告発を裁判所に提出します。(2020年1月)ニュースリンク
  • FBI、オーストラリア政府からクリントン財団に漏えいした数百万の違法な「チャリティー」ドルを調査 (2020年1月) ニュースリンク
  • 日本は福島発電所から100万トン以上の放射性水を海に放出する計画 (2020年1月)ニュースリンク
  • K-POPのスターで人気グループ「Big Bang」の元メンバーのV.Iことイ・スンヒョン容疑者が売春あっせんの疑いで起訴 (2020年2月) ニュースリンク
  • トランプ政権は、政府機関の焦点を金融詐欺に移行させるために、国土安全保障省(DHS)から財務省にシークレットサービスを戻すかどうかを検討。 (2020年2月) ニュースリンク
  • 米、「アラビア半島のアルカイダ」指導者をイエメンで殺害=大統領

    国際テロ組織アルカイダ系「アラビア半島のアルカイダ」(AQAP)の指導者カシム・アル・リミ容疑者をイエメンでの反テロ作戦で殺害したと表明した。

    トランプ氏は声明で「リミ容疑者の指揮の下、AQAPはイエメンの文民に非道な暴力行為を行い、米国や米軍に対する多数の攻撃を企て、扇動した」と非難。 (2020年2月) ニュースリンク
  • メルケル首相「後継者」が辞意表明 独与党の将来に暗雲
    2021年までの政権維持を目指していたメルケル首相とCDUの計画は混迷に陥った。(2020年2月)ニュースリンク
  • 米軍がイラクの15の基地から撤退を開始:Sky News
    スカイニュースアラビアは、米軍がイラクの15の基地から撤退し始めたと記事を引用した。 (2020年2月) ニュースリンク
  • IAEAグロッシ事務局長 訪日へ 福島関連の全ての重要問題を討議

    国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロッシ事務局長は訪日では福島の原発事故の処理問題を話し合うことを明らかにした。 (2020年2月) ニュースリンク
  • 国連、イスラエル入植地に関わる企業112社のリスト公表
    国連は、国際法で違法と見なされているイスラエル入植地に関わる企業112社のリストを公表。
    エアビーアンドビー(Airbnb)やエクスペディア(Expedia)、トリップアドバイザー(TripAdvisor)などの名も挙がっている。(2020年2月)ニュースリンク
  • フランスで来月予定されている地方選で、エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)大統領が推薦する形で次期パリ市長選に立候補していたバンジャマン・グリボー(Benjamin Griveaux)氏(41)が14日、わいせつ動画の流出をめぐって出馬を撤回した。(2020年2月)ニュースリンク
  • ハーバード大学、イェール大学、中国、サウジアラビアからの3億7500万ドルの秘密資金で調査中 (2020年2月) ニュースリンク
  • 米ハリウッドの元大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)被告(67)に対し、性暴力などで有罪評決を下した。(2020年2月) ニュースリンク
  • イスラエル、エルサレム-ベンジャミン・ネタニヤフ首相は、日曜日の夜と月曜日の朝、ガザ地区でパレスチナのイスラムジハード(PIJ)テログループによるロケット攻撃の弾幕に対応して、ガザとの新しい戦争を脅かしています。 (2020年2月)ニュースリンク
  • EUとイタリア、イスラエルによるユダヤ人入植地拡大に抗議
    欧州連合(EU)のジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表が、イスラエルが東クドゥス(東エルサレム)にある違法なユダヤ人入植地の拡大を決定したことに抗議した。(2020年2月)ニュースリンク
  • 「ホロコーストを黙認」法王の秘密文書が来週公開(2020年2月)ニュースリンク
  • 複数のCEOが今週辞任しました。
    ディズニー、マスターカード、Lブランド、Salesforce、Uber Eats、HULU、MGM、IBM、LinkedIn、Match. com、Aurora Cannabisなど。(2020年2月)ニュースリンク
  • 24日の株式市場は、新型コロナウイルスが世界経済に打撃を与えるとの懸念から大幅に下落し、世界の富豪500人は合わせて1390億ドル(約15兆4100億円)を失った。ブルームバーグ通信が報じた。ブルームバーグ通信によると、これは「ブルームバーグ・ビリオネア指数が富豪の資産を追跡し始めた2016年10月以来で最大の富の消失となった」。(2020年2月)ニュースリンク
  • 1983年に14歳の少女をレイプしたとされるティモシー・ハットン
    ティモシー・ハットン オスカー受賞ハリウッド俳優 (2020年3月) ニュースリンク
  • 英当局、ドイツ銀に資金洗浄・法令順守が不十分と警告=FT紙 (2020年3月) ニュースリンク
  • サウジ、前皇太子ら有力王族拘束 反逆罪の疑い (2020年3月) ニュースリンク
  • サウジアラビアが新しい汚職調査で298人の公務員を拘束

    合計3億7900万SRSRが管理上および財政上の不正に関係していることが判明した、とサウジ報道機関はNazahaが述べていると引用した。ナザハは674人を尋問。そのうち298人に対して汚職容疑が平準化されたと述べた。(2020年3月)ニュースリンク

このページの先頭へ

2020年東京テロ

エルアル航空2020年3月に成田~イスラエル直行便就航のニュースが発表されました。今までであれば考えられないことです。しかもイスラエルのような国が羽田でなく成田を選んだことも注目点です。
ニュース記事リンク

イスラエルのネタニヤフ元首相は311東日本大震災の主犯でもあるとアメリカでは常識です。アメリカ911同時多発テロの世界貿易センタービルでは、イスラエルの企業は全て休業で従業員が出勤をしていなかったほどです。

ご存知の方も多いかと思いますが、東京の一等地に多くのオフィスビルを構える森ビルはイスラエルのフロント企業です。破壊によって、またそこから大きな利益を得るのがカバールのやりかたです。
東京オリンピック2020終了後は一部の企業で起きている一過性の好景気も終了します。羽田空港第二ターミナルビルもイスラエルの会社が大きく関与しています。

東京事変航空テロのページ

311東日本大震災と福島原子力発電所爆発レポート翻訳

エプスタイン逮捕が鍵となった

エプスタインエプスタインは元高校教員でトレードにより富を得ました。その後、租税回避地としても名前のきいたことがあるバージン諸島にエプスタイン島を所有していました。 このエプスタイン島の地下では少年・少女に対して拷問をし、最後にはその子達の肉を食べ、血を飲むなどしていました。子供たちの皮や歯を材料として靴などにされていました。

エプスタインはエプスタインクラブ的な組織の元締めであり、世界のセレブやセレブになりたい人間が悪魔崇拝儀式に参加するためにエプスタイン島へ行っていました。

このエプスタイン島へ向かう際のプライベートジェット機を「ロリータエクスプレス」と呼びます。ロリータエクスプレスの搭乗記録名簿にはビル・クリントンなどの政治家や、ハリウッドスターや映画監督、王室などの貴族の名前もあったことが、後のカニバリズムやペドフェリアの逮捕劇につながりました。
エプスタイン島
エプスタインの資金はドイツ銀行にて管理されていたことも明確になり、汚いお金(ダークマネー)を資金洗浄(マネーロンダリング)してドイツ銀行で管理していたことが公にり、ドイツ銀行の破綻劇へも進展します。

エプスタインの黒い手帳(搭乗記録)

エプスタインの資産管理を行っていたのは6年前からドイツ銀行だった。それ以前はJPモルガンだった (2019年7月)

エプスタイン公開機密文書から英国アンドリュー王子の名前(2019年8月)

悪魔崇拝のエプスタイン島とディズニークルーズライン

エプスタイン島エプスタイン島へ向かうボートの上での、オバマ元大統領とハリウッド俳優のジョージ・クルーニー
アジア系の女の子の頭も見えます。


ディズニー小児誘拐と人身売買

誘拐や行方不明に関係する都市伝説

  1. キャストはミニーマースと絶対に話してはいけない。これを破ると中のキャストはこの世にいられなくなってしまうという話もあります。
  2. スモールワールドは「子供達による小さく平和な世界」をモチーフにしていることで有名なこちらのアトラクションですが、数々の恐怖体験が報告されています。閉園間近にアトラクションに乗った女の子が行方不明になってしまったりと、子供に関する怪奇現象が後を絶たない実は「恐ろしい世界」だと言われています。
  3. 裏のミッキー、恐ろしい風貌をした恐怖のミッキーも存在するというのです。その裏ミッキー、牙を剥き出して今にも襲い掛かってきそうな雰囲気で、この裏ミッキーを見つけた子どもが「ミッキーだ!」と無邪気に近づくも、そのあまりに恐ろしい風貌に泣き出してしまったと言います。しかし、恐怖のミッキーに出会ったことをキャストへ絶対に伝えてはいけません。なぜなら、恐怖のミッキーの存在を伝えられたそのキャストはどこかへ連れて行かれてしまうという説があります。
  4. タワーオブテラーは人気アトラクションで長蛇の列が起きやすいのですが、ある日、右に進むはずの道を左に進んだ人がいて、その人は、中で行方不明になり、姿を消したというのです。
  5. ディズニーランド内にはいくつものレストラン・お土産店・フードコートがあり、物資が多く運ばれているはずですが、実は敷地内に地下があり、そこに張り巡らされた通路を使って物資を運んでいます。しかもその地下には、『クラブ33』という巨大カジノが運営されており、一部のセレブのみ会員になれるとの噂もあります。
  6. ディズニーランドでは、「子どもがさらわれる」という類の噂が絶えません。ただの迷子でなくなぜ「誘拐」かというと、ある時ランド内で、女の子が行方不明になったと両親が相談したところ、ランド側はなぜか出入り口を封鎖したそうなのです。

    そして、その女の子は変装させられている可能性があるので、子連れの人たちは全て見逃さないよう出口を見張るように言われたとか。

    すると、男の子を抱えて出口ゲートを出ようとする男が現れ、尋問すると、その男の子は実は髪を切られた上、男物の服を着せられたいなくなった女の子だったのです!犯行の動機は臓器密売の為という話も。ファミリー客には背筋の凍る噂です。
ウォルトディズニーは白人至上主義で有名。ディズニー社はウォルトディズニーが存命中に黒人、ユダヤ人、黄色人種など、白人以外の採用は一切していなかった都市伝説があります。ディズニー映画でも白人以外が主人公になる映画はありません。しかしウォルトディズニーの死後、この風潮は変わっていき、差別がない映画やスタッフになったそうです。

ディズニーランドといえば世界的に有名なテーマパークだが、この夢と魔法の国にも暗い闇の部分が存在している。ここを訪れた子供の幾人かが園内でそのまま行方不明になっているのだという。背後には子供を誘拐する組織の暗躍があるようで、誘拐された子供達は裏世界で『商品』として取り扱われ、いずこかへと消えていくのだという。

 東京ディズニーランド(以下TDL)は2003年で20周年を迎えたそうです。それにちなんでディズニーランドの話題というわけではありませんが、TDLに絡んだ都市伝説というのは、実に色々なバリエーションがあります。例えば、広大な敷地の地下に会員制の秘密クラブ(あるいはカジノ)があり、そこにはバニーガールならぬマウスガールがいるという、いかにもディズニーランドと言うオチが付いた話から、ホーンテッドマンションの1000人目の幽霊(このアトラクションは999人の幽霊が集まる幽霊屋敷という設定)の話、同じくホーンテッドマンションでキスしたカップルは永遠に結ばれると言う話、スペースマウンテンの事故死者の位牌の話、カリブの海賊に現れる幽霊の話、その他個々のアトラクションにまつわる大小さまざまな噂が存在していますが、ディズニーランドの影で暗躍する誘拐犯の噂は、それらの中でももっとも良く知られたもののようです。

 なお、せっかくだから上で紹介したうわさについて簡単に検証してみます。まず、地下の秘密カジノについて。実はTDLには、秘密クラブや地下通路といったものが存在します。もちろん秘密クラブといってもいかがわしい物ではなく、基本的にアルコール類を販売していないTDLの園内にあって、唯一酒を飲めるクラブの事ですし、地下通路も物資の搬送などに使われる極めて業務的で実際的なものです。もしかしたら、別々に存在していた噂が一つに結びついて発生したのが地下の秘密クラブの噂となったのかもしれません。マウスガールは、尾ひれがついただけのものでしょうね。

 さて、本題に戻ります。実はこのディズニーランド誘拐事件の話は、TDLに特有の話ではなく、本場アメリカ、カリフォルニア州のアナハイムにあるディズニーランドでささやかれた幼児誘拐の噂にルーツを求められそうです。フロリダ・オーランドのウォルト・ディズニーワールドにも同様の噂が存在している(あるいは過去に存在していた)かどうかについては未確認です。この幼児誘拐の噂は、TDLがオープンした1983年以前の段階で、すでにアメリカのディズニーランドにまつわる噂として存在していました。話のプロットは、TDL版とほとんど同じです。ただし事件発生にかかる状況などは、ご当地の事情を反映した物となっています。子供を誘拐したのは黒人であるとか、さらわれた子供は暗黒社会の人身売買の具とされたのだ、いやいや幼児ポルノの出演者にされた、などなど。人身売買、幼児ポルノあたりは昨今の日本でも絵空事とはいえないリアリティを持ちつつあるかもしれません。人種差別的な性格が色濃く現れた黒人犯人説のようなものは、まだまだTDL版とは縁遠そうですが、一部には外国人犯人説も存在していました。

 アナハイムのディズニーランド誘拐事件の話とTDL版の間に存在するもう一つの大きな相違点と言えば、アナハイム版では、誘拐事件に巻き込まれたのは、休暇でカリフォルニアにやってきたユタ州のモルモン教徒の一家とされているところでしょうか。ディズニーランドで誘拐事件が続発しているというのではなく、過去にそういう事件が発生したことがあったらしい、というところで終わってるわけです。このあたりは、子供を半ば無差別に誘拐し続ける犯罪者組織が存在しているかのようなイメージを与えるTDL版とは明らかに違います。

 ところで、このアメリカ版ディズニーランド誘拐事件の話は、TDL版以外にも類似の話を見つけることができます。今回参考にしたブルンヴァンの著書『消えるヒッチハイカー』では、ユタ州のファーミントンにある、“ラグーン”と言う遊園地での出来事だとされるバージョンが紹介されていますし、ユタ州やカリフォルニア州に限らず、アメリカ中西部・東部の各地にも、家族で遊びに出かけた先で子供が誘拐されてしまう事件の噂は存在しているようです。もちろんその場合、誘拐事件の発生した場所は、噂の発生地と結びつきの強い、当地の遊園地を始めとするプレイスポット、果てはデパートやショッピングモールでの話となります。デパートやショッピングセンターに潜む犯罪者と言えば、日本の幼児レイプ犯の噂を連想してしまいますが、これと同様の話もまた、アメリカに存在しているようです。TDL誘拐犯と日本版ショッピングセンターレイプ犯の話の間に、直接的な関係があるとは思えませんが、この話しの本国であるアメリカにおいては、何らかの関連性も考えられます。たくさんの人が集まり、群衆の中に個人の存在が埋没してしまいそうな場所で、人は自己の喪失と言う恐怖に直面するのでしょうか。盛り場のエアポケットで、人知れず犯罪の犠牲者となる人々の噂は、人間の意識の奥底でつながっていそうです。

 さて、TDLの誘拐犯の話に戻ります。一説には、彼らは、キャラクターの着ぐるみの中に潜んでいて、すっかり油断している子供達を、隙をみて誘拐するのだとか。しかし、当然の事ながらTDLのキャラクター達の周りには、常に来園者が集まってきますし、彼らの行くところは必然的に衆人環視の場所になってしまいます。確かに着ぐるみを着ていれば正体を見破られることはありませんし、一見愛らしいキャラクター達の正体が実は犯罪者というのもなかなか恐い構図ですが、いかんせん到底実行可能な犯罪プランには思えません。現実味に欠けています。そんな事情があり、話にリアリティを求める向きには、着ぐるみの中の誘拐犯と言うモチーフはあまりウケが良くないのか、とにかくTDLには誘拐犯がいる、ということだけを伝える話も少なくありません。

 それにしたって、誘拐場所がTDLである必然性はどこにもありません。日本で最も広大で、しかも有名なテーマパークなら、確かに人は多く集まってきますし、犯罪者側の眼鏡にかなう子供も見つけやすいのかもしれませんが、でもやっぱり、他にもっと安全に犯罪を遂行できそうな場所はあるはずです。結局TDL誘拐事件の話は、話のための話に過ぎないものです。あれだけ広大な園内で、親子が離れ離れになると言う事態は、当事者にとってかなり恐ろしいものでしょう。大人であっても、ディズニーランドに行って連れとはぐれたらかなりげんなり、ブルーになることは請け合いです。そんな発想が、誘拐と言う犯罪行為と結びついたものだと思います。あるいは、TDLでは迷子の呼び出しをしないという事実から、人知れず消えていく子供の話が生まれたのかもしれません。

 TDLは夢と魔法の国を現世に現出させた場所だけあって、ウソのようなホントの話も多くあります。ゆえに、その中にホントのような嘘の話もまた数多く混入してくるのかもしれません。その噂の中に、「黒い」ものが少なくないと言う点は、実に興味深いところです。人は、文字通り夢にまで見た夢と魔法の国を苦心して創りあげました。ディズニーランドは、たかがエンターテイメントと馬鹿にできないほど、高度な技術も数多く使われています。しかし、せっかく苦労して創りあげたそんな世界にまで、ほの暗いある種のリアリティを求め、犯罪者の噂という実体のない恐怖までも生み出してしまうのは、なにやら皮肉なものです。光あるところにまた影もある。月並みですが、そういうことなのでしょうか。

 このコラム冒頭の話は、ディズニーランド幼児誘拐伝説の日米コンパチ版、というよりもむしろアメリカ版に近い内容の話です。TDLの幼児誘拐の話が日本特有のものではなく、よっておよそ事実とは考えにくい流言であるということを述べるための文脈の中で取り上げたため、恣意的に上記のような内容になったものです。しかし、改めてこの記事を読み返してみるとき、TDLの誘拐団の噂それ自体がかなり有名な話である以上、TDLのオリジナル版を省略するのは、記事の内容として不完全な形であると言わざるを得ません。よって、あらためてTDLオリジナル版の概略を紹介します。

 ある夏の日、両親と4歳の娘の家族連れがTDLに出かけた。昼時になり、3人がレストランの前に並んで順番待ちをしている時、娘が『トイレに行きたい』と言い出した。その女の子は、もうトイレに一人で行くことができたので、母親はトイレの入り口まで付いていき、入り口で待っていた。
 しかし、なかなか娘が出てこない。不審に思い、トイレの中に入っても娘の姿はない。トイレの出入り口は、一つしか無かったので、見落とすことは考えにくかったのだが、父親のところに一人で戻っているのかと思って引き返してみた。しかし、そこにも娘の姿は見当たらなかった。
 さすがに心配になって二人は迷子センターに向かった。係りの人が手配をし、広大な園内を探したのだが、なかなか娘の姿が見つからない。そこで、迷子センターの責任者が園内に通じる出入り口を一箇所だけ残して全て封鎖し、両親をただ一つ開放されている出入り口に案内した。そして二人はそこを通る人たちの中から、自分たちの子供を見つけ出すことになった。
 随分時間が経った頃、アラブ系の外国人の集団が二人の前を通り過ぎようとした。彼らのうちの一人は、暑さにやられたようにぐったりとしている男の子を抱きかかえていた。この様子を見た二人は、この一団は無関係だろうと判断したが、母親の方が、男の子のはいている靴がおかしいことに気が付いた。その靴は女の子用の靴のように見えた。しかもそれは数日前、娘に買った靴と同じだった。
 母親はとっさにその男の子のもとに駆け寄り、相手から引ったくるようにして男の子の顔を覗き込んだ。
 果たして男の子だと思っていたその子は、彼女の娘だった。よく見ると娘は、服を着替えさせられていたばかりか、短く切られた髪をスプレーで染められ、カラーコンタクトを入れられ、別人のように見せかけられていた。ぐったりしていたのは、何か薬品をかがされたためらしかった。後に分かったところでは、その集団は臓器密売組織のメンバーだったという。

 この話にも例の如く色々なバリエーションがあって、犯人は必ずしも外国人とは限りませんし、家族構成が変わっていたり、誘拐されそうになるのが男の子だったり、あるいは被害者家族が、園側からお詫び(口止め)として有効期限10年の無料優待券をもらった、という一文が付け加えられることもあります。また時に、迷子係のあまりに手際の良すぎる対応を伏線として、「TDLは園内で暗躍する犯罪組織に恒常的に悩まされている」と言うような話になることもあるようです。

 ちなみに、この話は一部週刊誌が取り上げるほどの騒動になりましたが、結局事件の証拠となるものは一切上がりませんでした。やはり結局のところは、全く事実無根の噂だったわけです。

ソース元

ハリウッドスターやセレブには悪魔崇拝小児性愛者が多い

ディカプリオ写真は人間の赤ちゃんをホルマリン漬けされたボトルを手にするレオナルド・ディカプリオです。ハリウッドスターや世界のセレブは悪魔崇拝儀式に参加して、魂を悪魔に捧げるから世界的にメジャーになれるとの説があります。特に恐怖に怯える子供の血からとれるアドレナクロムというセレブの中で流通する成分は、若返りや美容効果があると言われていますが、接種がなくなると老化が進んだり目の周りが赤くなるほどの強烈な中毒症状が出ます。
レオナルド・ディカプリオといえば映画タイタニックを連想しますが、タイタニックの主題歌を歌っていたセリーヌ・ディオンもアドレナクロムを取っていたようで、劣化した顔はまるでゾンビのようです。日本から、毎年1万4千人の子供誘拐が発生しています。子供達は、拷問、強姦の後、生きて脳からアドレノクロムを抽出され、苦しんだ後殺されたます。政府、警察が日本人には情報隠蔽しています。クリントン元大統領もアドレナクロム接種者で、中毒症状が出ています。
アドレナクロム
アドレノクロームは、血が副腎化されて、恐怖を与えて殺された乳児の頭蓋骨(松果体)でのみ見つかる薬物です。毎年アメリカで、数十億ドル規模の闇市場業界を構成し,80万人の子供が行方不明になる理由でもあります。子供が生きている間、血液の抽出が進行します。この場合、針を眼に突き刺して頭蓋骨を切らずに脳幹からアドレノクロムを抽出します。


このページの先頭へ

世界の偽善者達

アグネス・チャン

ユニセフアグネス・チャンは日本で稼いていますが、家族に日本国籍の人間は誰もおらず、息子をアメリカ、カナダ、中国とリスク分散させています。日本ユニセフに集まった募金も2割程しか募金として利用されないとの話もあります。アグネス・チャンの日本ユニセフはユニセフの日本支部ではなく、ユニセフとは無関係の組織です。
ニュースリンク

グレタ・トゥンベリ

グレタ・トゥンベリを支える環境団体、中国政府の代理人の疑い 沖縄「ジュゴン裁判」も担当グレタの団体のバックは中国共産党Bチーム=アメリカ民主党Bチーム。環境利権を生むためのプロパカンダ。(2019年9月)
ニュースリンク

マザーテレサ

小児達を劣悪な環境におき、子供達を高額な金額で人身売買を行いました。マザーテレサ本人はプライベートジェットでアメリカへ行き、高額医療を受けていました。
子供たちはベッドにくくりつけられ、瀕死の患者にもアスピリン以外何も与えられなかった。
マザー・テレサは皮下注射器を使いまわし、患者たちが互いの面前で排便しなくてはならないような粗野な設備を許容していた。
そこで働いていた人々は医療研修をほとんど受けず、10~20年も前の医薬品を患者に投与し、
排泄物で汚れたタオルを食器を洗うのと同じシンクで洗濯していたと、複数のボランティアが証言した。

子供の人身売買で、毎年バチカンに1億ドル~1億5000万ドル(50-100億円ぐらいか)送金していた。

なぜローマカトリックがマザーテレサを正当化しているのか不思議だった。
https://globalnews.ca/…/mother-teresa-bharat-ratna-mission…/

赤ちゃんをひとり売って19万
マザーテレサが亡くなった時の預金口座には、約48億円以上の大金が残っていた。

その一方でマザー・テレサ本人は大富豪の自家用ジェットを乗り回し、アメリカの最先端医療に執着し、
常にアメリカの近代施設に入院していた。

マザーテレサはワシントンDCにてヒラリークリントン(アメリカ民主党)と共に孤児院を開いていたが、2012年にひっそりと閉院
※ヒラリークリントンとアメリカ民主党はこの先にも出てきますので重要な鍵となります。
マザーテレサの人身売買
ニュースリンク

ピーター・ジョン・ダルグリッシュ

元国連のチーフであり、世界最大の子供たちの慈善団体であるユニセフのトップ国連創設者が逮捕されました。
彼はネパールの児童レイプ容疑で逮捕され、12歳と14歳の2人の幼い子供が彼の拘留から救出されました。(2019年8月)
ユニセフ
左写真はロンドンオリンピックにて披露されたユニセフによるもの

バチカン

エプスタイン島

ローマ法王イエスは弟子たちに次のように言われました。「明らかにされないものは隠されていません。また、知られて明かされないものは隠されていません。」ナザレ。検察官と憲兵隊は今月、バチカン国務省の通常は穏やかな事務所に襲撃を仕掛け、アーカイブと従業員からのコンピューターと文書のキャッシュを押収しました。2週間後、教皇フランシスの治安機関の長官は、バチカンでの金銭的不正行為の疑惑の報告を漏らした後辞任した。

バチカンのお金がヨーロッパ中の秘密資金を通って移動することと、バチカンの投資が滞っている間に利益を上げた投資家を通して仲介された、2億5000万ドル以上の高級ロンドンアパートへのバチカンの投資の詳細が報告されています。

イタリアのメディアはまた、バチカン当局者がアンゴラの油田に何億ドルも投資することを考えていたと報告しています。イタリアの報告によると、検察官は横領、詐欺、事務所の乱用、マネーロンダリングの証拠をバチカンの管理職の上層部でも発見しました。

バチカン市国の裁判所での起訴の最初のラウンドはすぐに伝承されると予想されます。教会の赤い帽子をかぶった王子は、最終的には関係しているかもしれません。

もちろん、これはすべて、「ゴッドファーザーパートIII」から再利用されたプロットのように聞こえます。バチカンでの金融スキャンダルは新しいことではありません。バチカンの公的銀行は、1942年に設立されて以来、何度も危機に直面しており、銀行自体は財政の不規則性を抑えるために設立されました。


しかし、2013年に教皇フランシスが選出されたとき、財政を浄化することが義務付けられていました。教皇は欧州の腐敗防止基準に準拠した会計手順を定期的に規定し、2016年までにバチカンはその歴史の中で最初の重大な外部監査を実施するために世界的な会計大手のPriceWaterhouseCoopersと契約しました。

しかし、教皇の改革プロジェクトは、官僚制度の改革を任されたグループよりも影響力と支援のあるベテランのバチカン官僚によって、あらゆる場面で行き詰まりました。強力なバチカン当局者のジョヴァンニ・ベキウ大司教は、2016年4月に計画監査を一方的にキャンセルしました。翌年、バチカンの監査官は、上司の金銭的不正を発見したため、強制退去させられました。(2019年10月23日)
ニュースリンク

2019年10月1日/午前8時40分(CNA)バチカンの検察官は、火曜日に最上級の司法省の事務所で行われた急襲で文書と電子機器を押収しました。
表向きは、財務調査のよういうことですが、バチカンにおける世界最大規模の児童誘拐(人身売買)組織への初めての捜査ということになりますね。日本では報道はされないでしょうけど、かなりのビッグニュースです。(2019年10月) ニュースリンク

このページの先頭へ

グローバルな破損のパージに備える方法

ここ数週間、私の考えは、私たちの世界を揺るがすこの秋の出来事に向かって流れました。私たちは、米国での大規模な司法イベントのためにすべての作品が設置されているのを見てきました。「予想外の」事態に備えてどのように準備するかについて、いくつかの考えを共有したいと思います。


大規模な変化が起こる

大きな地政学的な変化が進行中のプロセスであることを指摘することは、新しい洞察ではありません。生きた記憶の重要な出来事には以下が含まれます。
1970年代—オイルショック。ベトナム戦争
1980年代—規制緩和。ソビエト帝国の突然の終わり
1990年代—湾岸戦争; ドットコムブームとバスト
2000年代— 9/11 +イラク戦争。金融崩壊
ここ2010年代後半には、多くの支援機関と教義とともに、グローバリズムの衰退と終焉が見られることは間違いありません。反トレンドはメディアによってナショナリズムと名付けられているが、反権威主義と見なされる方が良い。責任は、説明できない政治的組織ではなく、人々の近くに保持されることです。

反グローバリズムは、香港では大規模な抗議行動、英国では英国のブレグジット、フランスでは「冷たい」内戦、ブラジルでは新政府、米国ではトランプ政権など、一見異なると思われる出来事を結び付ける物語です。働く人々は、極端な富の格差、生活水準の低下、文化的混乱を引き起こす大量移住にうんざりしています。

何よりも、普通の人々は、固有の腐敗を通じて搾取を要求し、終わらせます。具体的には、2層の正義システムが進化し、特権クラスが盗み行動の結果を簡単に回避できるようになりました。多くの重要な政治、金融、メディア、産業機関を管理するこの強力な無国籍マフィアは現在、排除と正義に直面しています。

腐敗:世界最大の産業

主に大きな汚職スキャンダルには次のようなことが多数発生しています。
医薬品—中毒性のアヘン剤を一般に違法に押す
銀行業— LIBORスキャンダル、米国住宅ローン詐欺、マレーシアの1MDB
インダストリアル— GEの大規模な会計詐欺
Google —中国に代わってスパイ行為と反逆罪に関与
ハリウッド—ワインスタインは、暴露されている(子供の)レイプ文化の前兆です
ソーシャルメディア—選挙の大規模な談合
カトリック教会—児童虐待の隠蔽
ミューラーの調査は結果に何の影響も及ぼさなかったため、ワシントンDCでは少なくとも6つの重大なスキャンダルが起きようとしています。
Pedogate — Epstein Islandとそれに関連する脅迫作戦(NXIVM、SNCTM)。英国王室の関与とMI6。イスラエルとモサドの汚い役割。ハリウッドのエリート(特にディズニー)は、この汚物で首をかしげています。
Spygate —オバマ大統領は、選挙の前後にトランプ政権をスパイする違法なFISAを個人的に許可しています。FVYEスパイネットワークの国をスキャンダル、特に英国に引き込みます。
ロシアゲートはクーデターに失敗しました-ブレンネン、クラッパー、コミー、オーなどはすべて反逆罪でハングアップするでしょう。イタリアはすでにこの施設で家を掃除しており、セットアップに関係している。
2016年と2018年の民主党による選挙詐欺(および何年も前)。下院と特別選挙で多くの人々の着席を引き起こす可能性があります。
クリントン財団—中国への国家秘密の販売。ハイチの人身売買(エプスタインを参照)。
ウラン・ワン—ロシアへの米国の核物質の違法販売(ミューラーを彼自身のスキャンダルに巻き込む…)。
腐敗は広まっている現象です。腐敗防止の取り組みには長い歴史があります。多国籍企業は何世紀もの間のものでした。調整された複数国の腐敗パージがあるかもしれないということは、大きな論争の問題ではないはずです。#TheStormにその名と「ブラックスワン」の外れ値ステータスを与えるのは、
多数の主要なスキャンダルが同時に発生するためです。侵害された機関を一掃し、以前は手に負えなかった多くの人々を刑務所に入れます。これは政府とビジネスのパラダイム変化であり、何十年も失われてきた信頼と名誉を回復します。

アメリカの「ディープステート」の終わり

東インド会社、ベネチア人、または南アメリカのスペイン人であるかどうかにかかわらず、国際貿易は常に情報収集に関連しており、合法的な商取引と組織犯罪(アヘン戦争、金の窃盗など)の間の細い線を踏んできました。

QANON#TheStormを理解するには、2階層の司法制度自体の問題が国境を越えた犯罪カルテルに由来することを認識する必要があります。破損には、独自のビジネスモデル、戦略、および組織設計パターンがあります。「制度化された犯罪」のシンジケートは、多くの場合、軍隊のような性質のものであり、スパイ、秘密作戦、転覆、難解な科学、および欺ceptionから力を得ています。

その力は特定の家族や秘密結社に結びついており、その多くはヨーロッパやアジアにあります。設立以来、米国は、ヨーロッパの銀行業、貴族、宗教的権力のためにしばしば働いていた5人目のコラムニストと戦ってきました。彼らは軍事情報ネットワークを使用して、アメリカの機関に潜入し、その過程で典型的な「アメリカ人」として称賛されることが多い自分の人々を設置しました。

1940年代から1970年代の3つの注目に値する、よく文書化されたイベントは、コンテキストの状況を描きます。
ペーパークリップ作戦は、第二次世界大戦後、ドイツのナチス政権の何千人もの主要メンバーを重要な科学、学術、軍事のポストに輸入しました。
ノースウッズ作戦は、(腐敗した)米国政府が地政学的な目的のために軍隊による自国民に対する「偽旗」攻撃を使用する意思があることを示した。
モッキンバード作戦は、犯罪者の指導下にある不正なintelligence報機関であるCIAの管理下にひそかにエージェントを使用して、米国のマスメディアを自国の人口に対して兵器化した。
憲法に反する私立中央銀行、連邦準備制度は、必要に応じて、適切な資金を賄うために必要な金額を印刷することができました。これは、関連する曲がった銀行、メディア企業、軍事産業企業の活動に資金を提供しました。これらの「ディープステート」アクターは、時間の経過とともに、合衆国の司法、法律、および政治システムを侵害し、憲法を破壊しました。

トランプの事実上の軍事政府

民間機関が危険にさらされると、これらの変化を平和的に取り消す唯一の方法は軍隊によるものです。トランプは名目上だけではありませんが、彼だけに集中することは全体像を見逃すことです。彼は、銀行家の犯罪者から国を奪い返し、それを国民に返すという数十年の愛国者計画の最も目に見える部分です。

トランプ政権は、単なる4年の選挙サイクルではないことを明示的に宣伝しています。「私たちの運動は、失敗し腐敗した政治的組織を、アメリカ国民が支配する新しい政府に置き換えることです」 トランプと彼の将軍が彼らの人生が進行中であるので、彼らが彼らの意図を述べるとき非常に文字通り連れて行くことが賢明でしょう。

トランプの軍隊との近さを見ることができます:
彼の就任式-彼は珍しく、象徴的に兵士が彼の後ろに登場しました。
特に海兵隊からの将軍に囲まれた人員の選択。
有名な「嵐の前の静けさ」の発言は、彼がしばしば社会の機会で上級軍隊チームと一緒に描かれているためです。
今年の7月4日のお祝いのために、軍隊とその外国支配からの独立を祝うことに焦点を当てます。
ロジャーズ提督とフリン将軍との彼のつながりは、死体の埋葬場所を知っており、結果としての陰謀に関与している。
深く埋め込まれた犯罪ネットワークは、米国の司法省、FBI、およびCIAを効果的に制御しました。これは、クリントンの正義からの魔法の逃避によって示されています。連邦準備制度の腐敗と調教の同様のパージがJFKの下で試みられ、失敗しました。大統領のニーズの保護は、忠実な軍隊からのみ得られます。

侵害されたマスメディアを迂回するためのオープンソースインテリジェンスの「Q」プログラムは、これが民間のワニスを備えた事実上の軍事政府であることのさらなる証拠です。司法制度と司法制度は一掃され、「先駆者」は社会の基盤を揺るがすであろう驚くべき啓示に準備を整えています。

#TheStormは上陸しようとしています。

Sessions、Durham、Huber、Horowitz、Rosenstein、Barr — DoJの大規模な法務チームがこれらのリーダーの下でかなりの期間静かに働いていると信じる客観的な理由があります。彼らの仕事は、前述のスキャンダルの責任者を起訴することです。DoJ Webサイトによると、これらのチームの一部の仕事は完了しています。

人身売買に対する告発、逮捕、有罪判決の記録的な急増がすでにありました。また、グアンタナモ湾で大規模な建築工事が行われ、そこで新しい上級裁判官が軍事法廷に任命されました。軍法会議で執行命令が有効になり、連邦の死刑が復活しました。大統領は、犯罪の反逆的な性質について多くの声明を出し、決して再発してはならないことを宣言した。

2019年後半から2020年初頭に起こることは、複数の接続されたスキャンダルがすべて連続して中断することです。それらは人道に対する罪を伴い、私たちが望んでいた恐怖はナチス、毛沢東、またはポル・ポトで終わっていたでしょう。インサイダーリークの繰り返しのテーマは、トライアルが一種の「ニュルンベルク2.0」として放映されることです。

ジョージソロスの資金が止まる事が鍵になる

ジョージ・ソロスジョージ・ソロスとは世界的なヘッジ・ファンドの大物で、政治煽動家の無数の非営利団体へ資金を流すことで、世界中で過激なデモを行い、宗教的、人種的、民族的緊張をかき立てています。 反ブレグジットデモもソロスが仕掛けてANTIFAが実行しました。
2019年12月に英国首相のボリス・ジョンソンががジョージ・ソロスを叩いている理由です。 NED(全米民主主義基金)もその一つです。2019年に行われた香港民主化デモも同じでリーダーのアグネス・チョウもBチームの操り人形だったということです。

ソロス系資金の流れ理解すれば騙されません。
ソロス系→米民主党CIAなど極左→NED
ソロス系→米民主党CIAなど極左→中共B系
ソロス系→中共B系→環境活動家グレタ
ソロス系→ANTIFA系
ソロス系→米民主党CIAなど極左系→日本売国奴
ソロス系→米民主党CIAなど極左→中共B系→反日活動家
 他

ナビゲーション

議席写真

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system