本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

911同時多発テロの真相

このビデオの中には9/11. 年の最も詳細なアカウントです。
それは, 彼らが見たり聞いたことの証言や個人的な経験のビデオ映像がもっとあります。
このビデオは, 元大統領とその家族によって行われている犯罪が, 腐敗した血と腐敗した同胞の両方が👁エージェントを見ている。
このコロナウイルスのように9.11の年までに計画された。
私たちの過去の政治家たちが, この"テロリスト"攻撃に関与していたことは間違いない。でもトンネルの端に光がある。.
光はそれらすべてを暴露し, 彼らが害を犯した者のために正義が来るでしょう。
世界は救世主を求めている。
全世界は, 強欲によって混乱と腐敗の中にあり, 権力飢えた個人, 悪魔主義者, そして一つの世界秩序によってイルミナティによって. 中国と香港だけで, 彼らは政府に抗議するためにウィルスのガイズの下で健康な市民を殺害しています。
私たちは真実と正義が欲しい.... すべての世界のために...

2001年9月11日テロリストが4機の民間航空機を乗っ取ったとき、ほぼ3000人の無実の人々が死亡しました。 2機がニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワーに衝突しました。 1機はワシントンのペンタゴンへ突入すたとされています。そして、1機はコックピットを襲った乗客の勇敢な努力のおかげで、ペンシルベニア州の畑に墜落しました。

この日がなぜそんなに重要だったかを思い出させます。
911テロ

索引
  1. 911同時多発テロの目的
  2. WTC7ビル倒壊の不審点
  3. ペンタゴンの不審点
  4. WTCツインタワーの倒壊

911同時多発テロの目的

オサマ・ビンラディンがイスラエルのテロリストを偽装するためのユダヤ人です。ビンラディンの父が運営しているのが中東では最大の建設会社であり、その親会社はベクテルという世界最大の建設会社でディープステイトです。このベクテルとビンラディンコーポレーションは提携して中東では最大の建設業に従事してきました。

定説
オサマ・ビンラディンを首謀者とするイスラム過激派テロリストが米国民間航空機を乗っ取り、WTC1、WTC2及びペンタゴンに突入させた。WTC7もついでに倒壊した。テロリストの大半は、サウジアラビア国籍のパイロット志望者であった。GWブッシュ政権は、この攻撃を理由にイラクを攻め、サダム・フセイン政権を打倒し、アフガニスタンを攻め、タリバン政権を倒した。

真相
911テロオサマ・ビンラディンは犯行を偽装したCIAエージェント。「反米テロリスト」も偽装である。主犯はGWブッシュ大統領とイスラエル、つまりディープステイトです。航空機は自動操縦で突入。テロリストは搭乗せず、ビル倒壊は、地下で爆破させた核爆弾と通常爆弾による「制御倒壊」。結果、多数のがん患者が発生。
目的はドルの防衛。米国経済は長きに渡り瀕死状態だったが、ドルが世界唯一の基軸通貨である限り、ドル札を刷るだけで破綻を免れる。だが、2002年1月からユーロが導入されると、基軸通貨の地位をドルが失う恐れがあった。そこで、数か月前に米国政府が911テロを引き起こし、それを口実にアフガニスタンとイラクを攻撃し、大きな戦争を捏造した。強力な軍事力を背景にドルが信用され、ユーロは出鼻をくじかれてドルの対抗馬を失った。

  1. ブレディー債の担保の金塊がWTCの倒壊により逸失したことにした。幹事会社のカンターフェッツジェラルド証券社員の抹殺・口封じ。
  2. 国防総省の使途不明金事件の調査チームの抹殺・口封じ。
  3. 老朽化したWTCビルの建て替え費用の節約。費用は日系損保に押し付け、シルバースタインによる保険金の詐取。
  4. 911を口実に「反イスラエル」のイラク・サダムフセイン政権を打倒。イラクの原油を強奪。「大イスラエル帝国」の東端を占有。
  5. 911を口実にアフガニスタンに侵攻。ヘロイン生産を禁じたタリバン政権を打倒し、ヘロインを生産再開。麻薬ビジネスはディープステイトの根幹事業。

WTC第7ビル倒壊

不審点

  • WTC7ビル倒壊前にニュースキャスターが倒壊の旨のコメントをしています。WTC7が映像に映っているのに倒壊したと報道(BBC)
  • アメリカ政府が調査依頼をしたNISTによるとWTC7ビルの完全崩壊の主因は「制御不能状態に陥った火災が主因」としたが、余命週数間だったCIAの元局員マルコム・ハワード氏はWTC7のビルを爆破しましたと暴露。
    CIA工作員最期の告白:9.11 WTC7は我々が爆破した
  • 火災でビルが全壊することはないと建築家達が問題提起。
    ビルが約6.5秒で崩壊している一方、地上190メートルから物体を落とすと、空気抵抗がなければ約6.2秒で地面に到達する。WTC7ビルはほぼ自由落下のスピードで崩壊。爆破による制御崩壊ではと推測。

旅客機が衝突していないWTC第7ビルはなぜ崩壊したのか?

ツインタワー崩壊の約7時間後、近くにあるWTC第7ビルが崩れ落ちました。公式説明ではツインタワー崩壊の影響と火災が原因とされていますが、旅客機も衝突していない第7ビルが崩壊したのは、やはりビル解体に用いられる「制御解体」と見るのが自然です。謀略説を分析する人々の間では、この崩壊は「WTC7にも爆弾が仕掛けられており、犯人の手違いで爆破時刻がずれたのではないか」と考えられています。

ペンタゴン突入の不審点

  • ペンタゴン衝突、穴が小さすぎる。
  • 後に公表された激突の瞬間を映した監視カメラの映像にも機体は映っていない。
  • 旅客機の残骸などの証拠物が映っていない。

911テロ911同時多発テロの資料が公開されました。
ペンタゴンです。ユンボで穴を大きくされる前の状態です。
ボーイング旅客機にしては穴が小さすぎます。
不発のミサイルならこの射入口の形状はあるかも知れませんけど、射入角がほぼ真横ってのは旧式のクルージングミサイル以外には考えられません。
さらにビルに突入した際に旅客機の機体が破壊されたとされ、機体の一部もペンタゴン周辺から見つかったとされています。しかし、米国防総省(ペンタゴン)ビルにできた穴は、なぜ衝突したとされる旅客機の大きさより小さいのか?  ペンタゴンにはハイジャックされた旅客機が突っ込んでビルの一部が破壊されたとされていますが、公開された事件直後の写真を見ると、ビルの壁面にできた穴は旅客機が突っ込んだにしては小さすぎます。

WTCツインタワーの倒壊

ビル倒壊の不審点

  • WTCの施設警備を請け負っていた警備会社が「ストラテセック」当時の社名は「セキュラム」(ブッシュ大統領の弟の会社)であり、WTC1,2は911の前に点検・工事をしていた。
  • デイヴィッド・ロックフェラーによる開発プロジェクト。1945年7月28日エンパイアステートビルに中型爆撃機B-25が79階に衝突したのを受けて鋼鉄製で設計されたのにも関わらず、飛行機の衝突後に砂のように崩れ落ちた。
  • ビル崩壊の現場を十分な検証もせずに片づけた。

他の不審点

  • ブッシュは911の後、全米の空港が閉鎖された中、大統領専用機でビン・ラディン一族を国外へ逃がした。
  • 愛国者法が成立し、国内で交わされる全通信に対し当局による盗聴が開始。
  • ウサマ・ビン・ラディンの父のムハンマド・ビン・ラディンは元アメリカ大統領J/H/Wブッシュとともに、カーライル投資グループの大口投資家であり役員だった。
  • テロとの戦争の号令のもと、アメリカ合衆国と有志連動はアルカイダやアルカイダへ支援を行った国への報復を宣言し、アフガニスタン紛争・イラク戦争につながった。
  • オバマ政権下では7万以上のブログが政府によって閉鎖。オバマはノーベル平和賞受賞ノオバマ氏は他国に毎年2万発以上の爆弾を投下。
  • ユダヤ系アメリカ人ノラリー・シルバースタイン氏がテロの6週間前にWTC全域を99年間のリース契約を締結。テロ特約保険を掛ける。テロによる保険金約8000億円を得る。
  • ソロモン・ブラザーズ本部と証券取引委員会(SEC)の本部も入っており「捜査中の時間を含む膨大な資料」も焼失。

ワールド・トレード・センター(WTC)ビルはなぜ崩壊したのか?
WTCツインタワーは旅客機が突っ込んだ後に崩壊しましたが、その様子を見た多くの建築専門家が「あらかじめ爆弾が仕掛けられていたのではないか」と指摘していました。爆弾を次々に爆破させてビルを解体する「制御解体」との見方ですが、米政府は調査結果をもとに、それは根拠のない間違いと一蹴しています。  「旅客機の衝突による衝撃と火災によって崩壊した」という公式発表が出ると、報道もその線に沿ったものになっていきました。
米国の建築家グループが、ツインタワー崩壊は「制御解体」だったとして、米政府に再調査を求めています。自然落下に近いスピードで崩れ落ちたことなど、公式発表の内容では説明できない、としています。指摘される「制御解体」であったとしても、「だれが、どのように爆発物を仕掛けたか」との疑問は残ります。

ビル崩壊の現場を十分な検証もせずに片づけたのはなぜなのか?
ツインタワーの崩壊現場はただちに撤去作業が行われ、崩壊原因を特定するための十分な証拠調べが行われていなかった、という指摘が出ています。

米軍の緊急発進はなぜ遅れたのか?
ハイジャックされた旅客機に対して、米軍は戦闘機を緊急発進させて旅客機を捕捉したり、撃墜したりする態勢を整えています。事件当日も米連邦航空局から米軍に緊急発進の要請が出されましたが、実際に戦闘機がニューヨーク上空に到着したのは、2機目の飛行機がWTCビルに激突した数分後でした。
ペンタゴンに衝突したとされるハイジャックされた旅客機に対しても、ニューヨークから戦闘機を回しても間に合う時間的余裕がありましたが、戦闘機はその後3時間ほどニューヨーク上空を旋回し続けました。ペンタゴンがあるワシントンDCの守備は、15キロほど離れたアンドリュー空軍基地が担当していますが、この日はなぜか、約200キロ離れたラングレー空軍基地から3機の戦闘機が緊急発進しています。結果としてテロは阻止できませんでした。

刑事捜査もせず、なぜ戦争に突き進んだのか?
日本の警察・司法当局は、オウム真理教による一連のテロ事件を刑事事件として捜査し、教祖の松本智津夫(麻原彰晃)被告に死刑判決を下すなど、刑事手続きにのっとって解決しました。  ところが米政府は「首謀者ビンラディン、実行犯19人。悪いのはタリバーンとアフガニスタン」と一方的に宣言し、実行犯への刑事手続きを踏まないまま、戦争へと突き進みました。

ビンラディンはなぜ911テロ事件の容疑で指名手配されていないのか?
米連邦捜査局(FBI)のウェブサイトに、「もっとも重要な10人の指名手配犯人」の欄があり、オサマ・ビンラディンも、その中に含まれています。  しかし、その容疑は、1998年8月にケニアとタンザニアの米国大使館が爆破され、200人以上が死んだ事件に関与したとあるだけで、911テロ事件への言及が一切ありません。  容疑の欄には最後に「その他、世界各地のテロ事件への関与も疑われている」と付け加えられているので、ここに911テロ事件が入っているとも考えられますが、ビンラディンの事件への関与は薄いという意味にもとれます。

容疑者の人違いはなぜ起きたのか?
FBIは事件から3日後、主犯格のモハメド・アタをはじめ19人の実行犯のリストを発表しました。続いて実行犯の顔写真も公開しましたが、後に何人かは人違いだったとわかっています。最初にWTCに突っ込んだ旅客機をハイジャックしたとされたサウジアラビア人は、実際はモロッコに住む事件と関係のない人物でした。  ところが、FBIはその後の発表でも、なぜか最初に発表したのと同じリストを使い続けました。

度重なる警告はなぜ「無視」されたのか?
2001年7月、イタリア・ジェノバで主要国首脳会議(G8)が開かれた際、イスラム過激派組織が飛行機で会議場に突っ込むテロ計画があるとの情報を、エジプト当局がイタリア当局に伝え、ジェノバでは厳戒態勢がとられた。この時点で、アメリカ当局は飛行機がビルに突っ込む形式の自爆テロがあり得ると十分、認識していたはずです。2001年6月、ドイツの情報機関はアメリカでのテロ計画を察知し、米当局に通告していた。事件の1カ月前には、イスラエルの情報機関の幹部が「米国内にはビンラディンと関係する200人規模のテロ組織があり、米国内の有名な建造物を標的にしたテロ攻撃を起こそうとしている」と、FBIと米中央情報局(CIA)に報告しています。  これらの警告は、すべて表向きは"無視"されました。

911テロ
ハイジャックされた旅客機が建物に衝突した後、世界貿易センターのノースタワーの窓から人々がぶら下がっています。


911テロ
この写真は「The Falling Man」として知られるようになりました。未知の男は、テロ攻撃の朝の午前9時41分15秒に世界貿易センターの北タワーから落下します。写真:リチャード・ドリュー

議席写真

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system