本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

911同時多発テロの真相

2001年9月11日テロリストが4機の民間航空機を乗っ取ったとき、ほぼ3000人の無実の人々が死亡しました。 2機がニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワーに衝突しました。 1機はワシントンのペンタゴンへ突入すたとされています。そして、1機はコックピットを襲った乗客の勇敢な努力のおかげで、ペンシルベニア州の畑に墜落しました。この動画の情報は911同時多発テロについて最も詳細なアカウントです。

それは, 彼らが見たり聞いたことの証言や個人的な経験のビデオ映像がもっとあります。
このビデオは, 元大統領とその家族によって行われている犯罪が, 腐敗した血と腐敗した同胞の両方が�エージェントを見ている。

このコロナウイルスのように9.11の年までに計画された。
私たちの過去の政治家たちが, この"テロリスト"攻撃に関与していたことは間違いない。でもトンネルの端に光がある。.
光はそれらすべてを暴露し, 彼らが害を犯した者のために正義が来るでしょう。世界は救世主を求めている。
全世界は, 強欲によって混乱と腐敗の中にあり, 権力飢えた個人, 悪魔主義者, そして一つの世界秩序によってイルミナティによって. 中国と香港だけで, 彼らは政府に抗議するためにウィルスのガイズの下で健康な市民を殺害しています。
私たちは真実と正義が欲しい.... すべての世界のために...


この日がなぜそんなに重要だったかを思い出させます。
911テロ

索引

  1. 911同時多発テロの目的
  2. ペンタゴンの不審点
  3. WTCツインタワーの倒壊
  4. WTC第7ビルの倒壊

このページの先頭へ

911同時多発テロの目的

オサマ・ビンラディンがイスラエルのテロリストを偽装するためのユダヤ人です。ビンラディンの父が運営しているのが中東では最大の建設会社であり、その親会社はベクテルという世界最大の建設会社でディープステイトです。このベクテルとビンラディンコーポレーションは提携して中東では最大の建設業に従事してきました。

定説

オサマ・ビンラディンを首謀者とするイスラム過激派テロリストが米国民間航空機を乗っ取り、WTC1、WTC2及びペンタゴンに突入させた。WTC7もついでに倒壊した。テロリストの大半は、サウジアラビア国籍のパイロット志望者であった。GWブッシュ政権は、この攻撃を理由にイラクを攻め、サダム・フセイン政権を打倒し、アフガニスタンを攻め、タリバン政権を倒した。

真相

911テロオサマ・ビンラディンは犯行を偽装したCIAエージェント。「反米テロリスト」も偽装である。主犯はGWブッシュ大統領とイスラエル、つまりディープステイトです。航空機は自動操縦で突入。テロリストは搭乗せず、ビル倒壊は、地下で爆破させた核爆弾と通常爆弾による「制御倒壊」。結果、多数のがん患者が発生。
目的はドルの防衛。米国経済は長きに渡り瀕死状態だったが、ドルが世界唯一の基軸通貨である限り、ドル札を刷るだけで破綻を免れる。だが、2002年1月からユーロが導入されると、基軸通貨の地位をドルが失う恐れがあった。そこで、数か月前に米国政府が911テロを引き起こし、それを口実にアフガニスタンとイラクを攻撃し、大きな戦争を捏造した。強力な軍事力を背景にドルが信用され、ユーロは出鼻をくじかれてドルの対抗馬を失った。

911テロ
  1. ブレディー債の担保の金塊がWTCの倒壊により逸失したことにした。幹事会社のカンターフェッツジェラルド証券社員の抹殺・口封じ。
  2. 国防総省の使途不明金事件の調査チームの抹殺・口封じ。
  3. 老朽化したWTCビルの建て替え費用の節約。費用は日系損保に押し付け、シルバースタインによる保険金の詐取。
  4. 911を口実に「反イスラエル」のイラク・サダムフセイン政権を打倒。イラクの原油を強奪。「大イスラエル帝国」の東端を占有。
  5. 911を口実にアフガニスタンに侵攻。ヘロイン生産を禁じたタリバン政権を打倒し、ヘロインを生産再開。麻薬ビジネスはディープステイトの根幹事業。
このページの先頭へ

ペンタゴン突入の不審点

911テロ911テロ
  • ペンタゴン衝突、穴が小さすぎる。
  • 後に公表された激突の瞬間を映した監視カメラの映像にも機体は映っていない。
  • 旅客機の残骸などの証拠物が映っていない。

911テロ911同時多発テロの資料が公開されました。
ペンタゴンです。ユンボで穴を大きくされる前の状態です。
ボーイング旅客機にしては穴が小さすぎます。
不発のミサイルならこの射入口の形状はあるかも知れませんけど、射入角がほぼ真横ってのは旧式のクルージングミサイル以外には考えられません。
さらにビルに突入した際に旅客機の機体が破壊されたとされ、機体の一部もペンタゴン周辺から見つかったとされています。しかし、米国防総省(ペンタゴン)ビルにできた穴は、なぜ衝突したとされる旅客機の大きさより小さいのか?  ペンタゴンにはハイジャックされた旅客機が突っ込んでビルの一部が破壊されたとされていますが、公開された事件直後の写真を見ると、ビルの壁面にできた穴は旅客機が突っ込んだにしては小さすぎます。

このページの先頭へ

WTCツインタワーの倒壊

911テロ

ビル倒壊の不審点

  • WTCの施設警備を請け負っていた警備会社が「ストラテセック」当時の社名は「セキュラム」(ブッシュ大統領の弟の会社)であり、WTC1,2は911の前に点検・工事をしていた。
  • デイヴィッド・ロックフェラーによる開発プロジェクト。1945年7月28日エンパイアステートビルに中型爆撃機B-25が79階に衝突したのを受けて鋼鉄製で設計されたのにも関わらず、飛行機の衝突後に砂のように崩れ落ちた。
  • ビル崩壊の現場を十分な検証もせずに片づけた。

他の不審点

  • ブッシュは911の後、全米の空港が閉鎖された中、大統領専用機でビン・ラディン一族を国外へ逃がした。
  • 愛国者法が成立し、国内で交わされる全通信に対し当局による盗聴が開始。
  • ウサマ・ビン・ラディンの父のムハンマド・ビン・ラディンは元アメリカ大統領J/H/Wブッシュとともに、カーライル投資グループの大口投資家であり役員だった。
  • テロとの戦争の号令のもと、アメリカ合衆国と有志連動はアルカイダやアルカイダへ支援を行った国への報復を宣言し、アフガニスタン紛争・イラク戦争につながった。
  • オバマ政権下では7万以上のブログが政府によって閉鎖。オバマはノーベル平和賞受賞ノオバマ氏は他国に毎年2万発以上の爆弾を投下。
  • ユダヤ系アメリカ人ノラリー・シルバースタイン氏がテロの6週間前にWTC全域を99年間のリース契約を締結。テロ特約保険を掛ける。テロによる保険金約8000億円を得る。
  • ソロモン・ブラザーズ本部と証券取引委員会(SEC)の本部も入っており「捜査中の時間を含む膨大な資料」も焼失。
ワールド・トレード・センター(WTC)ビルはなぜ崩壊したのか?

WTCツインタワーは旅客機が突っ込んだ後に崩壊しましたが、その様子を見た多くの建築専門家が「あらかじめ爆弾が仕掛けられていたのではないか」と指摘していました。爆弾を次々に爆破させてビルを解体する「制御解体」との見方ですが、米政府は調査結果をもとに、それは根拠のない間違いと一蹴しています。  「旅客機の衝突による衝撃と火災によって崩壊した」という公式発表が出ると、報道もその線に沿ったものになっていきました。 米国の建築家グループが、ツインタワー崩壊は「制御解体」だったとして、米政府に再調査を求めています。自然落下に近いスピードで崩れ落ちたことなど、公式発表の内容では説明できない、としています。指摘される「制御解体」であったとしても、「だれが、どのように爆発物を仕掛けたか」との疑問は残ります。

ビル崩壊の現場を十分な検証もせずに片づけたのはなぜなのか?

ツインタワーの崩壊現場はただちに撤去作業が行われ、崩壊原因を特定するための十分な証拠調べが行われていなかった、という指摘が出ています。

米軍の緊急発進はなぜ遅れたのか?

ハイジャックされた旅客機に対して、米軍は戦闘機を緊急発進させて旅客機を捕捉したり、撃墜したりする態勢を整えています。事件当日も米連邦航空局から米軍に緊急発進の要請が出されましたが、実際に戦闘機がニューヨーク上空に到着したのは、2機目の飛行機がWTCビルに激突した数分後でした。
ペンタゴンに衝突したとされるハイジャックされた旅客機に対しても、ニューヨークから戦闘機を回しても間に合う時間的余裕がありましたが、戦闘機はその後3時間ほどニューヨーク上空を旋回し続けました。ペンタゴンがあるワシントンDCの守備は、15キロほど離れたアンドリュー空軍基地が担当していますが、この日はなぜか、約200キロ離れたラングレー空軍基地から3機の戦闘機が緊急発進しています。結果としてテロは阻止できませんでした。

刑事捜査もせず、なぜ戦争に突き進んだのか?

日本の警察・司法当局は、オウム真理教による一連のテロ事件を刑事事件として捜査し、教祖の松本智津夫(麻原彰晃)被告に死刑判決を下すなど、刑事手続きにのっとって解決しました。  ところが米政府は「首謀者ビンラディン、実行犯19人。悪いのはタリバーンとアフガニスタン」と一方的に宣言し、実行犯への刑事手続きを踏まないまま、戦争へと突き進みました。

ビンラディンはなぜ911テロ事件の容疑で指名手配されていないのか?

米連邦捜査局(FBI)のウェブサイトに、「もっとも重要な10人の指名手配犯人」の欄があり、オサマ・ビンラディンも、その中に含まれています。  しかし、その容疑は、1998年8月にケニアとタンザニアの米国大使館が爆破され、200人以上が死んだ事件に関与したとあるだけで、911テロ事件への言及が一切ありません。  容疑の欄には最後に「その他、世界各地のテロ事件への関与も疑われている」と付け加えられているので、ここに911テロ事件が入っているとも考えられますが、ビンラディンの事件への関与は薄いという意味にもとれます。

容疑者の人違いはなぜ起きたのか?

FBIは事件から3日後、主犯格のモハメド・アタをはじめ19人の実行犯のリストを発表しました。続いて実行犯の顔写真も公開しましたが、後に何人かは人違いだったとわかっています。最初にWTCに突っ込んだ旅客機をハイジャックしたとされたサウジアラビア人は、実際はモロッコに住む事件と関係のない人物でした。  ところが、FBIはその後の発表でも、なぜか最初に発表したのと同じリストを使い続けました。

度重なる警告はなぜ「無視」されたのか?

2001年7月、イタリア・ジェノバで主要国首脳会議(G8)が開かれた際、イスラム過激派組織が飛行機で会議場に突っ込むテロ計画があるとの情報を、エジプト当局がイタリア当局に伝え、ジェノバでは厳戒態勢がとられた。この時点で、アメリカ当局は飛行機がビルに突っ込む形式の自爆テロがあり得ると十分、認識していたはずです。2001年6月、ドイツの情報機関はアメリカでのテロ計画を察知し、米当局に通告していた。事件の1カ月前には、イスラエルの情報機関の幹部が「米国内にはビンラディンと関係する200人規模のテロ組織があり、米国内の有名な建造物を標的にしたテロ攻撃を起こそうとしている」と、FBIと米中央情報局(CIA)に報告しています。  これらの警告は、すべて表向きは"無視"されました。

911テロ
ハイジャックされた旅客機が建物に衝突した後、世界貿易センターのノースタワーの窓から人々がぶら下がっています。


911テロ
この写真は「The Falling Man」として知られるようになりました。未知の男は、テロ攻撃の朝の午前9時41分15秒に世界貿易センターの北タワーから落下します。写真:リチャード・ドリュー

WTC第7ビル倒壊

不審点

  • WTC7ビル倒壊前にニュースキャスターが倒壊の旨のコメントをしています。WTC7が映像に映っているのに倒壊したと報道(BBC)
  • アメリカ政府が調査依頼をしたNISTによるとWTC7ビルの完全崩壊の主因は「制御不能状態に陥った火災が主因」としたが、余命週数間だったCIAの元局員マルコム・ハワード氏はWTC7のビルを爆破しましたと暴露。
    CIA工作員最期の告白:9.11 WTC7は我々が爆破した
  • 火災でビルが全壊することはないと建築家達が問題提起。
    ビルが約6.5秒で崩壊している一方、地上190メートルから物体を落とすと、空気抵抗がなければ約6.2秒で地面に到達する。WTC7ビルはほぼ自由落下のスピードで崩壊。爆破による制御崩壊ではと推測。

旅客機が衝突していないWTC第7ビルはなぜ崩壊したのか?

ツインタワー崩壊の約7時間後、近くにあるWTC第7ビルが崩れ落ちました。公式説明ではツインタワー崩壊の影響と火災が原因とされていますが、旅客機も衝突していない第7ビルが崩壊したのは、やはりビル解体に用いられる「制御解体」と見るのが自然です。謀略説を分析する人々の間では、この崩壊は「WTC7にも爆弾が仕掛けられており、犯人の手違いで爆破時刻がずれたのではないか」と考えられています。

大学調査によると、WTC第7ビル崩壊は火災が原因ではないことが判明

2020年3月25日、アラスカ大学フェアバンクスの研究者たちは、世界貿易センター第7ビルの崩壊に関する4年間のコンピューターモデリング研究の最終報告を発表しました。

47階建てのWTC 7は、2001年9月11日に完全に破壊される3番目の超高層ビルであり、午後5時20分にそのフットプリントに対称的に急速に崩壊しました。 7年後、米国国立標準技術研究所(NIST)の調査官は、WTC 7が通常のオフィス火災の結果としてのみ崩壊した史上初の鉄骨高層ビルであると結論付けました。

NISTの結論とは対照的に、UAFの研究チームは、9/11のWTC 7の崩壊は火災ではなく、建物内のすべての柱のほぼ同時の故障によって引き起こされたことがわかりました。

ダウンロード:最終報告|概要

世界貿易センターの崩壊7の構造的再評価
著者
J. Leroy Hulsey、Ph.D.、P.E.、S.E.、アラスカ大学フェアバンクス
&
Zhili Quan、Ph.D。、ブリッジエンジニア、サウスカロライナ交通局
&
Feng Xiao、Ph.D。、南京科学技術大学土木工学科准教授 土木環境工学科エンジニアリングアンドマインズカレッジノーザンエンジニアリング大学アラスカ大学フェアバンクスフェアバンクス、AK 99775
準備
アーキテクト&エンジニア 9/11 Truth INEレポート18.17
2020年3月

推奨される引用:
ハルシー、J.L。、クアン、Z。、およびシャオ、F.、2020。世界貿易センター崩壊の構造的再評価7 –最終報告書。アラスカ大学フェアバンクス工科大学鉱山工学部土木環境工学科フェアバンクス、フェアバンクス、アラスカ州、INEレポート18.17、112 pp。
追加情報については、次の宛先にご連絡ください。
出版物–アラスカ大学ノーザンエンジニアリング大学プロジェクトマネージャーデビッドバーンズフェアバンクスP.O.ボックス755860
フェアバンクス、AK 99775-5860
アラスカ大学フェアバンクスは、積極的行動/機会均等雇用者であり、教育機関です。 UAFは、人種、宗教、肌の色、国籍、国籍、年齢、性別、身体的または精神的障害、退役軍人としてのステータス、婚姻ステータス、婚姻ステータスの変化、妊娠、出産、または関連する医学的状態に基づいて差別しません。親子関係、性的指向、性同一性、政治的所属または信念、遺伝情報、またはその他の法的に保護されたステータス。性差別の禁止を含む、非差別に対する大学の取り組みは、学生、従業員、および応募者の入学および雇用に適用されます。連絡先情報、適用される法律、および苦情の手続きは、www.alaska.edu / nondiscrimination /にあるUAの無差別に関する声明に含まれています。

抽象化世界貿易センター7の崩壊の構造的再評価J. Leroy Hulsey、Ph.D.、P.E.、S.E。、アラスカ大学フェアバンクス Zhili Quan博士、サウスカロライナ州運輸省ブリッジエンジニア Feng Xiao博士、南京科学技術大学土木工学部准教授 このレポートは、世界貿易センター第7ビル(WTC 7)の崩壊に関する4年間の研究の発見と結論を示しています。その朝の恐ろしい出来事。 調査の目的は3つありました。

  1. 2001年9月11日に発生した可能性のある火災負荷に対するWTC 7の構造応答を調べます。
  2. 観察された崩壊を引き起こし得なかったであろうシナリオを除外する。
  3. 観察されたように、完全な崩壊を引き起こす原因となった可能性のある障害のタイプとその場所を特定します。

UAF研究チームは、2001年9月11日に発生した可能性のある条件に対するWTC 7の構造的応答を調べるために3つのアプローチを利用しました。 WTC 7の火災は発生したと報告されています。次に、国立標準技術研究所(NIST)によって開発された崩壊開始仮説を検証することにより、独自のシミュレーションを補足しました。 3番目に、全体的な構造システム内のいくつかのシナリオをシミュレーションして、観察されたように、どのタイプの局所的な障害とその場所が全体的な崩壊を引き起こしたのかを判断しました。 私たちの研究の主要な結論は、NISTと崩壊を研究した民間のエンジニアリング会社の結論とは対照的に、火災は9/11のWTC 7の崩壊を引き起こさなかったということです。私たちの研究の二次的な結論は、WTC 7の崩壊は、建物内のすべての柱のほぼ同時の故障を含む全体的な故障であったということです。 この調査で使用または生成されたすべての入力データ、結果データ、シミュレーションは、http://ine.uaf.edu/wtc7で入手できます。

外部ピアレビュアーGregory Szuladzinski、博士チャータードコンサルティングエンジニア分析サービス会社

ロバートコロール博士土木工学マクマスター大学名誉教授

謝辞アラスカ大学フェアバンクス校(UAF)の副学長であるラリーヒンズマン博士の励ましとサポートに感謝し、私たちの調査結果を公表する努力をしてくださったMarmian Grimes上級広報担当官に感謝いたします。

また、アラスカ大学フェアバンクス校のエンジニアリングアンドマインズ大学、土木環境工学科(CEE)、およびノー​​ザンエンジニアリング研究所(INE)にも感謝いたします。特に、この研究を実施するのに役立った大学院生のサポートを提供してくれた学校に感謝したいと思います。

また、INEのスタッフの助力と励ましに感謝します。私たちは特にサンドラ・ボートライト(提案と出版のマネージャー)に感謝します。キャシーピーターソン(グラントマネージャー); Joan Welc-LePain(提案コーディネーター); Joel Bailey(Research Professional)のITサポート。メラニールール(Webデザイナー)がINEのWebサイトに作品を投稿してくれました。

大学とその職員に加えて、この研究を実施するための資金を提供してくれた9/11 Truth(AE911Truth)のArchitects&Engineersに感謝します。また、この研究を実施するためにハルシー博士にアプローチしてくれたJohn Thielにも感謝します。また、2か月のレビュー期間中にコメントを提供してくれた、独立した外部のレビュアーと一般の人々にも感謝します。

免責事項このドキュメントは、情報交換の目的で、9/11 TruthのArchitects&Engineersのスポンサーの下で配布されています。 9/11 Truthのアーキテクト&エンジニアは、このドキュメントに含まれる情報の使用について一切の責任を負いません。 9/11 Truthのアーキテクト&エンジニアは、製品またはメーカーを推奨しません。商標または製造元の名前は、それらがドキュメントの目的にとって不可欠であると見なされているためにのみ、このレポートに表示されます。レポートで表明または暗示されている意見および結論は、著者の意見および結論です。それらは必ずしも資金提供機関のものではありません。


このページの先頭へ

エグゼクティブサマリー

このレポートは、2001年9月11日の午後5時20分に全壊した47階建ての世界貿易センター第7ビル(WTC 7)の崩壊に関する4年間の調査の結果と結論を示しています。その朝の恐ろしい出来事の後。図E.1は、2001年9月11日以前の世界貿易センター複合施設に関連するWTC 7のレイアウトを示しています。図E.2は、13階の構造レイアウトを示しています。図E.3は、WTC 7の有限要素モデルを示しています。この研究は、アラスカ大学フェアバンクス大学(UAF)の土木環境工学部の3人の研究者チームが、建築家とエンジニアが9/11 Truth、Inc.の501(c)(3 )世界貿易センターの建物について研究を行い、国民を教育することを目的とする非営利組織は、9/11に崩壊します。国立標準技術研究所(NIST)-9月11日に3つの建物の故障を調査した米国商務省の機関によると-WTC 7の崩壊は、高層ビルの完全な崩壊の最初の既知の事例でした主に火災による。しかし、多くの独立した研究者がWTC 7の崩壊を研究し、NISTの結論の妥当性について疑問を投げかける一連の証拠を集めました。したがって、この調査の目的は3つありました。

  1. 2001年9月11日に発生した可能性のある火災負荷に対するWTC 7の構造的応答を調べます。
  2. 観察された崩壊を引き起こし得なかったであろうシナリオを除外する。
  3. 観察されたように、完全な崩壊を引き起こす原因となった可能性のある障害のタイプとその場所を特定します。

UAF研究チームは、2001年9月11日に発生した可能性のある条件に対するWTC 7の構造応答を調べるために3つのアプローチを利用しました。最初に、床の13階より下で発生した可能性がある火災荷重に対する局所構造応答をシミュレーションしました。 WTC 7の火災は発生したと報告されています。次に、NISTが開発した崩壊開始仮説を検証することにより、独自のシミュレーションを補足しました。また、WTC 7の崩壊に関連する訴訟の一環として調査が依頼された民間のエンジニアリング会社によって進められた崩壊開始の仮説を確認しました。第3に、全体的な構造システム内のいくつかのシナリオをシミュレーションして、どのタイプのローカルな障害とその観察されたとおり、場所によって全体的な崩壊が発生した可能性があります。火災による建物の対応を徹底的かつ詳細に評価する前
ワールドトレードセンターの建物1と2の破損後の建物の状態を調べました。建物の応答をシミュレーションする際に考慮した、建物の南西下隅にあるがれきの衝撃による損傷が報告されています。

911テロ
火災はWTC 7の崩壊を引き起こさなかった

私たちの調査の主要な結論は、NISTと崩壊を研究した民間エンジニアリング会社の結論とは対照的に、火災は9/11にWTC 7の崩壊を引き起こさなかったということです。この結論は、さまざまな分析から得られた多くの結果に基づいています。一緒に、彼らは火災が建物の完全な崩壊を引き起こしたとされている架空の局所的な故障のいずれかを引き起こすことができる構造部材の弱体化または変位を引き起こしたはずがなく、局所的な故障が発生したとしても引き起こされなかったことを示している観測された完全な崩壊をもたらす一連の故障。

すべての列のほぼ同時の故障は崩壊を説明します

私たちの調査の二次的な結論は、WTC 7の崩壊は建物内のすべての列のほぼ同時の故障を含む全体的な故障であったということです。この結論は主に、8階以上のすべてのコア柱の同時故障が1.3秒後に8階以上のすべての外部柱の同時故障に続いて崩壊のビデオで観察された動作をほぼ正確に生成するが、他のシーケンスは発生しないという発見に基づいています私たちがシミュレートした障害の結果、観察された動作が生成されました。別のシナリオが観察された崩壊を引き起こした可能性を完全に排除することはできません。ただし、すべての列のほぼ同時の失敗は、観察された動作を生成することができたと我々が識別した唯一のシナリオです。

UAFチームの結論の根拠となる主な調査結果

アプローチ1の調査結果
  • 非線形接続の研究(セクション2.1.3.2)中に、NISTは接続をモデル化せずに外部フレームの剛性を過大評価し、本質的に外部の鋼製フレームを熱固定として扱い、熱によって引き起こされたすべての床の膨張を遠ざけることを発見しました外側から。外側の鉄骨フレームは実際には柔軟でしたが、熱運動に抵抗する最も硬い領域、つまり熱運動がゼロのポイントは、エレベータシャフトの近くでした。
  • したがって、火荷重に対するWTC 7の応答の分析(セクション2.6)中に、列79の近くのA2001ベースプレートサポートでの全体的な熱の動きを発見しました。
    A2001が座席から離れるまで(NISTが申し立てた初期の故障)、桁A2001を移動するには不十分でした。 NISTは、桁79に対する桁A2001の西方向の変位の差が5.5インチであると断定し、後でその計算を6.25インチに修正しましたが、火災時に、桁79に対する桁A2001の西方向の変位は1インチ未満でした。 NISTによって報告された状態。
アプローチ2の調査結果
2番目のアプローチでは、固体要素モデルを使用してNISTの崩壊開始仮説の有効性を評価し、NISTによって無効またはせいぜい疑わしいと思われるいくつかの仮定を導入しました(セクション3.1)。これらの仮定には、東の外壁が剛体で熱的に固定されていると仮定し、複数の梁のせん断スタッドが異なる熱運動によって破損したと仮定し、梁A2001にせん断スタッドが取り付けられていなかったと仮定し、梁に梁A2001をシートに固定していると仮定しました。列44と79で壊れていました(セクション3.1.1)。これらの過度に寛大な仮定を考慮すると、次のことがわかりました。
  • 桁A2001がNISTの想定温度まで加熱されると、床梁が熱膨張して西に押されるため、桁79の西側の側板の後ろに閉じ込められるように膨張します。これにより、桁のウェブがベアリングシートを越えて移動することが防止され、桁がそのシートから外れることが防止されます(セクション3.2.1)。
  • NISTは、独自の承認により、桁A2001にあることが知られている部分高さウェブ補強材を含めませんでした。ウェブを補強することに加えて、これらの補強材はフランジの曲げ抵抗を大幅に増加させます。その後の分析で、前の段落で説明したサイドプレートを取り外して、桁A2001をさらに西方向に移動できるようにしたところ、桁フランジと補強材の応力がフランジを破損させるのに十分ではないことがわかりました。桁が座席から降りるのを防ぎます(セクション3.2.2)。
  • 予備的な崩壊開始の仮説では、NISTは、ビームA300によって熱膨張が抑制されたため、ビームG3005が座屈したと仮定しました。これができることがわかりました。
    梁G3005から北の外壁にまたがる3つの側方支持梁S3007、G3007、およびK3007がモデルに含まれていない場合にのみ発生します。これらの短い梁は、NISTレポートの一部の図で観察されていますが、レポートに示されている熱および構造解析で使用されているモデルには含まれていません(セクション3.2.3)。
NISTの調査とは別に、WTC 7の崩壊に関する2つの調査は、訴訟「Aegis Insurance Services、Inc. v。7 World Trade Center Company、L.P.」の反対側から依頼されました。エンジニアリング会社であるOve Arup&Partners(Arup)およびGuy Nordenson and Associates(Nordenson)に関連する専門家は原告によって保持されていました。エンジニアリング会社のWeidlinger Associates Inc.(Weidlinger)は、被告に留置された。 NISTの崩壊開始仮説を評価した後、Arup、Nordenson、およびWeidlingerのレポートを確認したところ、次のことがわかりました。
  • Arupの有限要素解析は、桁A2001が列79の西側のプレートの後ろに閉じ込められるという我々の発見を裏付けています。東とその席から。この開始メカニズムが有効であるかどうかはさておき、Nordensonは点荷重と見なして落下桁の衝撃力を誤って計算し、無限の剛性とたわみがないことを示しました。衝撃力を正しく計算すると、床12の桁軸受シート支持溶接部を剪断するために必要な632,000ポンドの力の10%未満であることがわかりました。したがって、床13の場合、床12の北東の角は崩壊していません桁は79桁目で座席から外れました。床の一連の破損は発生しませんでした。
  • 事務所の火災により750°Cに達する鋼構造部材は異常と見なすことができることを理解することが重要です。そのような温度を実証するための分析が提供されない場合、Weidlingerの崩壊開始仮説は懐疑的に見られる必要があり、発生確率が非常に低いと想定できます(セクション3.4.1)。
アプローチ3の調査結果
3番目のアプローチでは、観察されたように、全体的な崩壊が発生する原因となった可能性があるローカルの障害の種類とその場所を特定するために、いくつかの仮想シナリオをシミュレートしました。一連の分析に基づいて、次のことがわかりました。
  • 列79、80、および81は、NISTによって主張されているように、建物の低層階で故障していませんでした。残りの構造物が倒壊する約7秒前に東側のペントハウスが倒壊するのを観察できるようにするために、これらの柱は、建物の上層階でペントハウスに至るまで破損している必要がありました。しかし、30階より上に文書化された火災はありませんでした。したがって、火災によって、79、80、81列の崩壊や東のペントハウスの崩壊は発生しませんでした(セクション4.3)。
  • 列79、80、および81(東端にある3つのコア列)の架空の故障は、コア列の故障の水平方向の進行を引き起こしません。したがって、NIST、Arup / Nordenson、およびWeidlingerの仮説では、79柱の座屈が建物全体の進行的な崩壊を引き起こす可能性があり、建物内の高い79、80、および81柱の崩壊は別個であり、別個のイベント(セクション4.5)。
  • 列79、80、および81の故障がコア列の次の行の故障につながる可能性があると仮定した場合でも、列76から81の架空の故障は、建物の南東の周りの外側の柱に過負荷ではなく過負荷をかけます。コア柱の次の行は西にあります。これにより、建物は真っ直ぐに崩れるのではなく、南東に傾斜します(セクション4.5)。
  • 崩壊のビデオで観察された行動。崩壊は16階以下で始まり、同じ動作を引き起こした可能性があります(セクション4.6)。
これらの調査結果に基づく結論は、WTC 7の崩壊は建物内のすべての柱のほぼ同時の故障を含む全体的な故障であり、建物全体の柱の順次故障を含む進行性の崩壊ではなかったということです。
911テロ
このページの先頭へ

第1.0章はじめに

1.1背景

911テロ2001年9月11日、世界貿易センター(WTC)の建物1、2、および7がそれぞれ午前10時28分、午前9時59分、および午後5時20分に全壊した3つの前例のない規模の構造破壊が発生しました。 。背の高いWTC 1およびWTC 2とは異なり、WTC 7には飛行機が衝突しませんでした。 WTC 7の完全な崩壊の原因は、本研究の主題です。 1986年に完成したWTC 7は、鉄骨フレームと鉄筋コンクリートの床を備えた47階建ての建物でした。それは既存の電気変電所の上に建てられ、最初の3階は変電所に接続されていました。これらの変更は上層階のみで行われたため、2001年9月11日に持続的な火災が発生した建物の領域ではなく、WTC 7の寿命全体にわたっていくつかの機能的な変更が行われました。

図1.1世界センター複合施設の3次元描写(FEMA、2002)。
残念ながら、WTC 7の崩壊を調査する取り組みは、WTCサイトからの破片の迅速な除去と破壊によって妨げられました。このタイプの証拠は、通常、保存され、法医学調査中に利用できます。

911テロ911テロ災害後、エンジニアリングコミュニティの多くは、WTC 7の崩壊は、WTC 1の崩壊による破片衝撃損傷と、その後WTC 7が崩壊するまで燃焼した火災の何らかの組み合わせによって引き起こされたと仮定しました。この仮説のさまざまなバリエーションは、2つの連邦政府の調査によって進められました。最初の調査は、2002年5月に最終報告を出した連邦緊急事態管理局(FEMA)と、2番目の調査を発行した国立標準技術研究所(NIST)その最後
最終的に、WIST 7の崩壊は、主に火災による高層ビルの完全な崩壊の最初の既知の事例であるとNISTは結論付けました。
911テロ
NISTの調査と同時に、多くの独立した研究者もWTC 7の崩壊を研究し、NISTの結論の妥当性について疑問を投げかける一連の証拠を集めてきました。その証拠には次のものが含まれます。
  1. WTC 7は、崩壊中に2.25〜2.5秒の自由落下(つまり、重力加速度)を経験しました。この事実は、独立研究者のデビッドチャンドラーによって最初に特定され、後にNISTによって裏付けられました(図1.6)。 WTC 7の自由落下は注目に値します。これは、一般的な建物の崩壊では、WTC 7が軸回転と部材の曲げの組み合わせを経験し、自由落下の加速よりも小さい、非対称の非対称崩壊を生じることが予想されるためです。 WTC 7に平面対称性がなかったため、非対称の傾倒動作が特に起こりやすくなっています。
  2. WTC 7のがれきの山は、ほとんど建物のフットプリント内に含まれていました。さらに、建物の崩壊時に予想される大きなコンクリートの床片や無傷の構造フレームはありませんでした(図1.7を参照)。
  3. EMAの2002年5月のレポートの付録Cによると、WTC 7から回収された鋼部材は、1,000°Cでの酸化と硫化の組み合わせにより腐食を受け、その結果、液体共晶が形成されました(図1.8を参照)。 )。研究者たちは、テルミットの一種であるテルメートの存在を仮定しています。硫黄を含む焼夷弾は、硫化物と液体共融物の形成を説明するだろう(ジョーンズ、2006年と2007年)。
これらの異常と、高層ビルが火災により完全に倒壊したという過去の事例がないという事実を組み合わせることで、WTC 7の倒壊に対する火災による破壊の仮説を再評価するに至りました。

911同時多発テロ
1.2目的

この調査の目的は3つありました。
  1. 2001年9月11日に発生した可能性のある火災負荷に対するWTC 7の構造応答を調べます。
  2. 観察された崩壊を引き起こし得なかったであろうシナリオを除外する。
  3. 観察されたように、完全な崩壊を引き起こす原因となった可能性のある障害のタイプとその場所を特定します。
1.3図面のレビューと解釈

UAF研究チームは、WTC 7の既存の状態データを収集するために、広範囲にわたる文献レビューを実施しました。組み立てられたドキュメントには、建物で使用されている基礎、構造用鋼部材、建設方法、およびさまざまな構築柱に関する情報が含まれていました。さらに、建物の設計、建物の設計の変更、床荷重(死んだ状態と生きている状態)の設計、風や地震などの建物の横方向の荷重についても理解しました。 WTC 7の崩壊の経験豊富な研究者によって、膨大な数のドキュメントが利用可能になりました。

911同時多発テロ

UAF研究チームは、崩壊前の建物のシミュレーションを開発するために、WTC 7の鋼製架設図面をレビューしました。これらの図面には、47階建てのフレーミングを示す平面図と、各フロアで使用されている建設方法に関連する多数の詳細が含まれていました。次に、AutoCADを使用して、仮想構造のジオメトリを一度に2フロアずつ注意深く準備しました。デジタル図面は、品質管理を確実にするために、調査チームのすべてのメンバーによって鋼製架設図面と照合されました。品質管理チェック済みのデジタルAutoCADジオメトリは、有限要素プログラムであるSAP2000とABAQUSの両方の最新バージョンにインポートされました。 2つの有限要素プログラムを使用して、さまざまな負荷条件に対する建物の構造応答をシミュレーションおよび調査しました。各プログラムは異なる研究者によって使用され、結果が比較されました。

図1.10は、12階と13階のフレーム平面図を示しています。図面に示されているフレーム部材の数が多いため、図面は読みづらくなっています。図1.11は、図1.10の図面の拡大図。このビューは12階と13階の中心的なエリアです。図1.12は13階の柱79の詳細を示し、柱79が積み上げ柱であったことを示しています。

911同時多発テロ
1.4 WTC 7の崩壊に関するこれまでの研究

WTC 7の既存の状態データに関するドキュメントを収集することに加えて、WTC 7の崩壊に関する以前の調査をレビューしました。上記のように、WTC 7の崩壊に関する2つの政府調査が行われました。さらに、訴訟「エージス保険サービス社v。7世界貿易センター会社、L.P。」の反対側から委託された2つの研究これらの調査と研究の結論(それぞれが異なる故障モードを示す)を以下に説明します。 NISTの崩壊開始仮説と可能性のある崩壊シーケンスについては、連邦政府が確立したWTC 7の崩壊の技術的原因であり、この研究の焦点であるため、より詳細に説明します。

1.4.1連邦緊急事態管理局、2002年5月

9/11以降、アメリカ土木学会(ASCE)とFEMAは、WTCサイト(FEMA、2002)。 2002年5月、FEMAは世界貿易センターの建物性能調査を発表しました(FEMA、2002)。調査の目的は、「イベントによる被害を調査し、データを収集し、影響を受けた各建物の反応を理解し、観察された行動の原因を特定し、実施すべき調査を提案すること」でした。 FEMAレポートは、WTC 7の崩壊の原因については決定的ではありませんでしたが、さらなる調査のためにいくつかのシナリオを提案しました。東のペントハウスが建物の残りの部分が倒れる前に約7秒落ちたという事実に基づいて、FEMAレポートは、建物の東側の内部で、おそらく5階と7階の間の移動トラスで崩壊が始まったことを示唆しましたFEMAはまた、構造部材を十分に弱めるのに十分な可燃物がこれらの床になかったと提案しました。したがって、FEMAは、建物のより低いレベルに保管されているディーゼル燃料が何らかの方法でポンプで排出され、切断されたパイプを通して排出され、これが何とかして数時間火を供給したと仮定しました。報告書は、その最良の仮説は「発生確率が低い」だけであり、さらなる調査が必要であると指摘しました。 NISTは後にディーゼル燃料の仮説を除外します。

1.4.2 UAF研究チームのアプローチ

ABAQUSとSAP2000の両方の有限要素ソフトウェアを使用して、さまざまなタイプの障害をシミュレーションしました。その後、上記の主要な機能を生成できる、または生成できないローカル障害のタイプを特定するために、いくつかの仮想シナリオが検討されました。東のペントハウスの崩壊について、一連の分析が行われた。西ペントハウスとノースフェイスルーフラインの崩壊(つまり、主な観測された崩壊イベント)について、2番目の分析セットが実行されました。ペントハウスの柱梁フレーミング接続は、構造の応答および結果として生じる動作への影響を最小限に抑えながらモデリング時間を短縮するため、剛体と見なされました。しかし、それはペントハウスの下隅の外観に影響を与えました。すべての崩壊モデルと解析に、NISTが想定する瓦礫の損傷を含めました。これには、建物の南西面にある6つの外柱が、WTC 1の崩壊による瓦礫の落下によって切断されたと報告されています。すべての場合、故障シミュレーションは、有限要素解析の結果と提示された変形は、ソフトウェアによってスケーリングされ、読み手が変位した形状の方向と相対的な大きさを視覚化できるようにしました。各図の変位の大きさは誇張されており、建物のジオメトリに合わせてスケーリングされていません。変位値は通常、各図内のインチで示されます。

1.4.2.1火災が発生したフロア

NISTレポートは、7階から9階、11階から13階、19階、22階、29階、30階で発生した火災の写真による証拠を提供しています(NIST、2008、NCSTAR 1A)。報告書は、4つの上層階(19、22、29、および30)での火災は比較的短期間であり、崩壊を引き起こすという点では重要ではないと述べています。 NISTの報告によると、建物の北東の角にある12階の火災は、13階構造の熱による故障を引き起こして崩壊を引き起こした主な原因であったとしています。

911同時多発テロ
1.4.2.2梁の膨張による梁A2001の障害

NISTは、床13の柱44と79の間の梁A2001の東側にある5つの梁(K3004、A3004、B3004、C3004、およびG3005)に、熱膨張によりせん断スタッドが破損していると主張しています。 。 NISTは、熱膨張によりこれらの梁が桁に対して無制限に膨張し、梁が桁が79列のシートを通過するところまで桁を押し上げたと主張しています。NISTはまた、桁79のサポートシートに関しては、桁がフランジのフランジに伝達されたため、たわみの荷重に耐えることができませんでした。 NISTは、その後、桁フランジが上向きに折りたたまれ、桁とそれがサポートする梁が下の階に落ちると主張しています。

1.4.2.3桁A2001に関する予備的仮説

床の剪断鋲がかどうかを決定するために設計された予備的な仮説でビームは失敗します。NISTの報告では、5つのビームの最北端が桁、ビームG3005、その熱膨張が桁A2001によって抑制されているために座屈。梁は、桁44の桁の北端から約4フィートに位置しました。
列44のフランジの間で、東から西の方向に移動できませんでした。 NISTこの座屈は、梁が横方向よりも横方向に硬いために発生したと考えられています。軸方向。 NISTは、ビームG3005の座屈が他の座屈を引き起こしたと考えています。
桁の東に梁があり、桁A2001が支柱44と79そして桁が下の階に落ちるようにします。

1.4.2.4桁の破損が8フロアカスケードになり、Column 79が横方向のサポートとバックルを失う

列79には、北、南、西から桁が枠で囲まれていました。 NISTは、北からの桁A2001が13階のベアリングシートから降りて、13階で支持された梁と床スラブとともに1階を下ったと主張しています。説明されたメカニズムや明らかなメカニズムはありませんが、この初期13階での北桁の破損により、南桁が13階の79桁に崩壊し、NISTは以前に熱膨張により座屈したと主張しています。次に、13階での南桁の崩壊により、79桁目の南側で5階までの一連の床の破損が発生したとされています。西桁は、熱によって79列への接続が切断されたと言われています。
早期に拡大し、その後この時点で崩壊しました。 10階には火がありませんでした。これは、暖房によって11階の下の西桁が列79との接続が失われたことはないことを意味します。この場合、NISTは、13階の下の同じ桁が列79を11階の下の桁の2階下にある列79へのナイフ接続を切断するのに十分な東。次に、この一連の障害により、79カラムが南部と西部から横方向に支えられずに9階建てになり、座屈したとされています。

1.4.2.5崩壊の伝播

NISTによると、9階建てで横方向の支持が失われたことによる列79の座屈は、建物全体の進行性崩壊を引き起こし、その後、近くの列80と81の座屈、その後の崩壊柱79、80、81の上の東側のペントハウス、および外側の柱のシェルに荷重を再配分したコア柱の破損の西向きの進行。

1.4.3 ArupおよびNordenson、2010年4月

エンジニアリング会社のOve Arup&Partners(Arup)およびガイノルデンソンとアソシエイツ(ノーデンソン)は、「イージス保険Services、Inc. v。7 World Trade Center Company、L.P.」サポートで構造解析を実行する
WTC 7の崩壊は設計の欠陥から生じたと主張しているため、WTC 7が建設された変電所の破壊に責任を負う被告。
ArupとNordensonのレポートは、以下で言及されるように、次の国の裁判所に提出されました。
2010年4月。
Arupの報告では、A2001という桁(NISTが報告したのと同じ桁は梁の東側に熱膨張する梁によって座席から押し出された)実際に引っ張られた。
梁の東側への梁のたるみによってその席を離れます。の最大変位桁A2001の東のビームは、UAFによって重力方向に3.2インチであると分析されました。
SAP2000で。ノルデンソンの報告によると、この桁ウォークオフは同じ原因となりました。
NISTによって報告された、床の破損のカスケードと79列の座屈。ただし、NISTの調査結果、Nordensonは、他の桁接続のフレーミングの失敗の申し立てが前述のカスケードと一緒に必要であった低層階の79列に列79が座屈するための床の故障は、熱によるものではありませんでした。
拡張。代わりにノルデンソンの報告は、これらの桁の溶接部が繰り返しの加熱と冷却のサイクルによって引き起こされるストレスレイザー(亀裂)が原因で接続が失敗しました。

1.4.4 Weidlinger、2010年10月

エンジニアリング会社のWeidlinger Associates Inc.(Weidlinger)は、「Aegis Insurance Services、Inc. v。7 World Trade Center Company、L.P.」 WTC 7の崩壊は設計の欠陥から生じたものではなく、2001年9月11日の異常な出来事によって引き起こされたという彼らの抗弁を支持する構造分析を実行するため。Weidlingerレポートは、以下で言及されるように、10月に完成しました。 2010年に裁判所に提訴されたことはありません。ワイドリンガーレポートは2016年6月に公開されました。ワイドリンガーレポートは、ArupおよびNordensonレポートのさまざまな側面、特にノルデンソンが下層階で桁の接続に失敗したと主張されていること、およびノルデンソンが未着席の桁の影響を分析したことに欠陥があることを発見しました。下の床。 Weidlingerの報告によると、座席のない桁の影響は下の床を突破するのに十分ではないでしょう。代わりに、クレイグベイラー博士が行った火災のモデリングに基づいて、9階と10階が各階のまったく同じ領域で750〜800°Cに加熱されたとWeidlingerは報告しました。この極端な加熱により、最終的には10階が崩壊して9階を突破しました。これは、9階が極端に加熱されたためにのみ可能でした。加熱されていない床から床5まで、列79と2つの近くの列である列80と列81の横方向の支持が減少し、列が座屈して建物全体の段階的な崩壊を引き起こします。

1.5 WTC 7の構造的応答を検討するためのUAFチームのアプローチ

UAF研究チームは、2001年9月11日に発生した可能性のある条件に対するWTC 7の構造的応答を調べるために3つのアプローチを利用しました。

1.5.1アプローチ1
ー火災荷重に対する構造

最初に、構造フレームをモデル化し、13階より下で発生した可能性のある火災荷重に対する局所構造応答をシミュレーションしました。

  1. WTC 7は対称的ではありませんでした。したがって、崩壊中は自然に床の質量中心に向かって揺れます。床の質量中心は最初に評価され、その後、崩壊時の建物の応答を調べるために使用されました。
  2. 火災による一次被害が金融センターのあるフロアで発生する可能性があるという考えと同様に、可燃物の不足が批判的に検討されました。私たちが扱った質問は次のとおりです。このタイプのビジネスでは紙が横になっているのでしょうか、それともプライバシーが最も重要なので、耐火金庫に紙のストックが閉じ込められていますかなぜこの建物の火災はそれほど重大だったのですか?
  3. 建物の火災をシミュレートしました。耐火性がある場合とない場合の鋼鉄骨組の熱伝達特性を調べた。また、火が(フルートの中の)コンクリートの床やフルートの間でどのように相互作用したかも研究しました。ドロップダウン天井(音響タイル)が床システムの下に吊り下げられた鉄骨フレームの応答を調べました。また、コンクリート床の熱伝導率と、床システムを構成する鉄骨梁および大梁との相互作用についても調査しました。火災に対する構造的応答の最悪のケースは、耐火性のない鋼部材を検討することであり、これはその後構造的応答を評価するために使用されました。
  4. 梁への床スラブの接続と大梁への床スラブの接続の詳細なシミュレーションを準備しました。これらの接続には、非複合(せん断コネクタなし)、完全複合ケース1(床スラブと大梁の間のせん断コネクタ)、完全複合ケース2(コンクリート床スラブと梁と大梁の両方の間のせん断コネクタ)、およびa部分的に複合した状態。また、梁と大梁の間の接続、大梁と柱の間の接続、および梁と柱の間の接続もシミュレーションしました。接続性は、火災時の構造応答と、崩壊時に発生する自重と動的な力による変形応答に大きく影響するため、これらの接続の詳細は重要です。
1.5.2アプローチ2ーNISTの崩壊開始仮説の評価

次に、NISTの崩壊開始仮説と推定される崩壊シーケンスの有効性を評価することにより、独自のシミュレーションを補足しました。特に、NISTのシミュレーションで、私たちとは異なる結論に到達する原因となった側面を特定する。
1.5.3アプローチ3ーWTC 7の崩壊のシミュレーション

最後に、全体的な構造システム内のさまざまなシナリオをシミュレートして、観察されたように、どのタイプの局所的な障害とその場所が全体的な崩壊を引き起こしたのかを特定しました。

このページの先頭へ


第2.0章火災荷重に対する構造的応答

この章では、有限要素モデリングと火災荷重に対するWTC 7の構造的応答のシミュレーションに基づくUAF研究チームの分析と結果を示します。

2.1プロセスの概要

2.1.1ソフトウェアツールと用途

研究チームはAUTOCADを使用して、各フロアと47階建ての建物を、主に勃起図に基づいて立体的に表現したもの。
次に、AUTOCADデータをABAQUSおよびSAP2000にインポートし、それを使用してSAP2000が後であった間、各プログラムで別々に12階と13階の床フレームフロアプランがあったすべてのフロアをモデル化するために使用されていました。正確性を確保し、モデルの結果の一貫性を保つために、2階建てのモデリング結果を水平構造および熱荷重を適用することによるABAQUSおよびSAP2000。次に開発した接続のABAQUS非線形モデル。次に、ABAQUSとSAP2000の両方を使用して
12階と13階の床フレームの火災による損傷を評価します。梁と次に、コンクリートスラブの大梁とシェル要素を使用して、
ABAQUSとSAP2000の両方を使用したコンクリートの床、梁、大梁。合計で、47-ストーリーSAP2000モデルには、39,978のジョイント、44,507のフレームエレメント、および7,832のエリアエレメントがありました。の12階と13階のみのSAP2000フレーム要素の数は2,026で、エリア要素は4,390でした。鉄骨フレームにワイヤー要素を使用することに加えて、ABAQUSソリッド要素を使用した床の膨張特性と応答(第3章)。


2.1.2調査の概要

調査は2015年の春の終わりに開始されました。3人のメンバーのチームによって実施されました。2つの博士号を含む卒業後の学生(鳳暁と志力泉)と1人主任研究者としての教授(J. Leroy Hulsey)。 2016年秋、Feng Xiao博士博士号を取得して卒業そして年末にミシシッピ州で研究職に就いた。
研究チームを2人に減らす。
この研究は、すべてが機能するように品質管理計画を策定することから始まりました。
特に、調査結果に影響を与える可能性のあるすべての詳細—科学的に調査され、
「what-if(s)」に基づく論理テストの対象策定した研究計画を発表
未満:
ステップ1:品質管理計画を策定します。
ステップ2:利用可能なすべての技術データを収集します。
ステップ3:3次元でAUTOCADを使用して、構築された建物シミュレーションを準備します。
ステップ4:12階と13階の質量中心を決定します。
ステップ5:建物のジオメトリ(AUTOCADデータ)をABAQUSおよびSAP2000にインポートします。
ステップ6:建築材料の機械的および熱的特性を調べます。
  1. 中高温での鋼の機械的性質
  2. 鋼の熱特性
  3. 建築現場のコンクリート床の推定骨材タイプ
  4. 骨材タイプが確立された後のコンクリートの熱特性
ステップ7:構造用鋼の設置の詳細が構造応答に及ぼす影響を調査します。
  1. 梁と大梁、および大梁と柱の接続には、ABAQUS
  2. ABAQUSを使用したフロアシステムの熱膨張
  3. コンクリートの床の間の界面摩擦がない非複合床システムおよび支持メンバー
  4. コンクリート床との間の摩擦がある非複合床システム支持メンバー
  5. 部分的に合成された床システム
  6. 複合床システム
  7. 桁と梁に設置されたせん断コネクタの有効性だけでなく、火にさらされたときのせん断コネクタなしの桁と梁の抵抗の負荷
ステップ8:建てられた鉄骨造建物をシミュレートするための3次元SAP2000コンピュータモデルを準備します。これの崩壊につながる可能性のある故障のモードを評価する前に構築するために、進行性の崩壊をシミュレーションすることによって品質管理チェックを実施しましたABAQUSとSAP2000の両方を使用する鉄骨建築システム。

2.1.3背景研究

この調査中に、研究チームは崩壊に関連するいくつかのトピックを研究しました。進行性崩壊、非線形接続応答、熱伝達を含むWTC 7のコンクリートと鋼床システムによる分析。これらの研究の発見は簡単です。次のセクションで説明します。
2.1.3.1進行性崩壊

進行性崩壊は、局所的な失敗が大規模な崩壊につながる失敗シーケンスです。構造内(Lim、2004)。局部破損には、材料破損、座屈の3種類があります。障害、および接続障害。 2つのタイプの伝播障害が発生する可能性があります。下に広がる。伝播障害は、上方向および/または横方向に広がる可能性があります。支柱の撤去および直属の上官の安定性の障害および/または隣接する構造。それは主に衝撃荷重の結果として下向きに広がる可能性があります。
落下する破片(Mainstone、1973)。
2つのタイプのアプローチを使用して、進行性の崩壊をシミュレーションおよび評価します。直接設計法では、主要な構造部材の崩壊を開始する実際の荷重を使用します。崩壊が開始されるかどうかを評価するため。代替ロードパスメソッドは1つを削除します。またはいくつかの主要な構造的ベアリング要素(すなわち、初期損傷の導入)を分析し、この最初の損傷が伝播するかどうかを決定する残りの構造の利点代替ロードパス方式は、開始ロードから独立しているため、ソリューションは有効です。メンバーの損失を引き起こすあらゆる種類の危険。プログレッシブコラプスには4つの解析方法を使用できます。線形弾性静解析、非線形静的解析、線形弾性動的解析、非線形動的解析。プログレッシブ崩壊解析では、構造の応答は、より単純な静的方法論、そして必要に応じて、ますます複雑になる分析方法に進みます。進行性崩壊の可能性が低いか、または利用可能なすべてのエンジニアリングまで、方法論が使い果たされている(Marjanishvili、2004)。
私たちの研究では、軸方向非線形ばね力-変位曲線を使用して、せん断、および回転非線形ばねを使用して、セミリジッド接続のモーメント-曲率関係(図2.1および2.2を参照)。両方直接積分法を使用した静的解析および線形動的時間履歴解析
考えられる故障モードを評価するために使用されました。また、このアプローチを静的な非日幾何学的非線形性と材料非線形性の両方を考慮した線形評価。 Pデルタは分析には含まれません。詳細については、この章の後半で説明します。衝撃荷重は調査され、衝撃荷重を無視することの影響は、結果に最小限の影響しか与えませんでした。
911同時多発テロ
NISTの調査では、ANSYSを使用してローカルの障害をモデル化し、LS-DYNAを大規模な崩壊をモデル化するために使用されます。 ANSYSで柱の座屈が差し迫っているように見えたとき、分析はLS-DYNA 47階建てモデル(NIST、2008、NCSTAR 1-9、Vol。2)。 LS-DYNAでは、損傷または故障した要素の突然の除去として、損傷が適用されました。
ANSYS分析で計算されます。座屈梁は、フランジとウェブを取り除くことでモデル化されました。
要素は、ビームがその軸方向および曲げ強度を失うが、ビームは計算に残ります(図2.3を参照)。からの接続損傷データ
ANSYSは、損傷指数を使用してLS-DYNAグローバルモデルに転送されました。横型サポートと垂直サポートは別々に指定されました(図2.4および図2.5を参照)。

図2.4せん断接続の損傷。 LS-DYNAモデル(NIST、2008、NCSTAR 1-9、Vol。2)。911同時多発テロ
2.1.3.2 WTC 7非線形接続の調査
7種類のせん断接続が、内部の床フレーム接続に使用されました。
WTC 7:フィン、ヘッダー、ナイフ、固定トッププレート、固定トップクリップ、固定ウェブクリップ、固定モーメント
接続(NIST、2008、NCSTAR 1A)。外柱への外風桁はモーメント接続を使用して接続されています。結ばれた連絡先は、NISTレポートで次のように定義されます。
コンクリートデッキとフレームの間。結ばれた連絡先で失敗は許可されませんでした(NIST、2008、NCSTAR 1-9A)。
NISTの調査では、床フレーム接続とせん断の障害
スタッドは8〜14階の破断要素でモデル化されました。図で選択された領域の外側以下に示す2.5、構造上の損傷—鉄骨フレームの座屈、破砕などコンクリートスラブのひび割れ—床全体でモデル化されましたが、接続の失敗は床全体をモデリングしていません。接続も外部モーメントではモデル化されませんでした。地球規模の崩壊が始まる前にそこに障害は観察されなかったため(NIST、2008、NCSTAR 1A)。
911同時多発テロ

外枠の接続をモデル化しないことにより、NISTは剛性を過大評価しました。
外枠。その仮定とフレーミング接続の一貫性のないモデリングにより、建物の東側の剛性は西側の剛性とは異なります。このその結果、建物の計画全体で剛性が損なわれました。
崩壊のNISTシミュレーションは、建物の西側が東側とは異なります。障害に対する構造的応答は、
接続が構造フレーム全体で考慮されていた場合、実際の崩壊。ではない上記の図2.5に示す選択された領域外の接続障害のモデリング、NIST選択した領域の外側の領域の剛性が低下し、2つの部分への段階的崩壊シミュレーション(図2.6を参照)。
911同時多発テロ
図2.6 2つの部分に分かれた進行性崩壊。

UAFチームはすべてのフロアストーリーで接続をモデリングするために一貫した方法を使用しました。
モデリングに含まれ、接続に非線形変形と破損動作が含まれます。計算された非線形接続は、回転および軸方向非線形ばね。ピンの接続は、スプリングよりも硬い場合があり、場合によっては、モーメント伝達による荷重に応じて、剛性が低下することがあります。どちらの場合でも、崩壊の可能性を評価するときに構造がどのように構築されたかを説明することは適切ではありません。

2.1.3.3熱伝達解析

また、伝熱解析の原理を見直しました。熱伝達は異なる温度での異なる物理システム。熱エネルギーは常に高温の物理システムから低温の物理システムへ伝導、対流、および放射の3つの異なるメカニズムによって伝達されます。熱の伝導は、さまざまな温度のさまざまな物理システムが直接連絡先。熱対流は、流体のバルク運動による熱エネルギーの伝達です。
熱放射は、電磁放射の放出によるエネルギーの移動であり、異なる物理システム間で媒体なしで発生する可能性があります。熱の原理移転分析は、WTC 7の崩壊を分析する上で重要な要素です。
構造要素の温度分布を決定します—桁やコンクリートスラブ—火から構造要素への熱伝達を分析することによって。


2.1.3.4利用される材料特性

WTC 7のコンクリートデッキにポートランドセメントミックスを使用して、3,500 psiコンクリート。骨材のタイプはドロマイトでした。密度は145 pcfでした。熱膨張コンクリートデッキの係数は10.6マイクロストレイン/°Cと仮定されました。集計タイプはコンクリートの線熱膨張係数への影響。ただし、w / c(水–セメント)比率とセメント含有量は、熱膨張係数に影響を与えませんでした。
(CTE)(Alungbe et al。、1992)。ナイク等。 (2011)ドロマイト骨材の供給源がコンクリートのCTEにわずかな影響があり、CTEは10.4から10.8の間で変化しました。マイクロストレイン/°C(5.8から6.0マイクロストレイン/°F)および全体の平均10.6マイクロストレイン/°C(5.9マイクロストレイン/°F)。WTC 7のすべての梁と内部柱に使用された鋼は、ASTM A572グレード50でした。
また、外部モーメントフレームに使用された鋼はASTM A36でした。熱伝導率は35でした。BTU /(hr-ft-F)。熱膨張はすべての典型的な構造用鋼で同じであると報告されています。
(Rahman et al。、2004)。鋼のCTEは一定であると想定されているため、熱膨張ひずみは14マイクロひずみ/°C(7.78マイクロひずみ/°F)で与えられます(Wang、2002)。
2.2 Solid Worksモデリング
SAP2000およびABAQUSで分析を行う前に、SolidWorksを使用してWTC 7の構造要素の熱特性のシミュレーションをモデル化します。
SAP2000モデリング。
床スラブと計算時間とリソースを節約するために、床スラブの熱等価材料。図2.7、図2.8、および図2.9は、小さな補強用のボイド、補強用の溶接ワイヤーファブリックを備えたコンクリートブロックのセクション、ゲージ20の金属デッキ。 3つのモデルは、床のユニットセクションに組み立てられました。
スラブし、上部と下部の両方に2つの異なる表面温度を割り当てます。モデルの温度分布を図2.10に示します。
ソリッドワークス。
911同時多発テロ
次に、SolidWorksでモデルが作成され、床スラブをシミュレートしました。のジオメトリ床スラブは同じでしたが、床スラブは均質材料としてモデル化されました。図2.11は、未組み立ての鉄筋コンクリートスラブを備えた同等の均質な床スラブを示しています。
WTC 7および図2.12は、鉄筋コンクリートが組み立てられた同等の床スラブを示しています。
WTC 7のスラブ。両方のモデルに上面の同じ高温が割り当てられ、
底面の低温。次に、定常状態の熱流束を

SolidWorks(図2.13)。同等の均質な床スラブの熱伝導率
2つのモデルの熱流束が同一になるように変更されました。鋼の熱伝導率モデリングで使用されたのは35 Btu /(hr-ft-F)でした。コンクリートの熱伝導率は1 Btu /(hr-ft-F)でした。
同等の均質材料の熱伝導率は1.28と決定されました。Btu /(hr-ft-F)、鋼のため、純粋なコンクリートの熱伝導率よりわずかに高い。要素の補強。
P35以降記事作成中

このページの先頭へ

第4.0章WTC 7の崩壊のシミュレーション

この章では、WTC 7の崩壊に関する崩壊分析の結果を示します。この分析の目的は、観察されたように、どのタイプのローカルな障害とその場所が全体的な崩壊を引き起こしているのかを特定することでした。


4.1崩壊の主な特徴

ビデオ映像とNISTおよびFEMAレポートのレビューに基づいて、WTC 7の崩壊中に発生した3つの主要な機能を特定し、崩壊のシミュレーションでそれを再現しようとしました。これらの3つの主要な機能は次のとおりです。

  1. ノースフェイスルーフラインの降下の約6.9秒前に始まる、イーストペントハウスの崩壊。
  2. スクリーンウォールとウェストペントハウスの崩壊。これは、北面のルーフラインの降下の約0.5〜1秒前に始まります。
  3. 北面ルーフラインの降下。これは、約105フィートまたは8階建ての距離で約2.25〜2.5秒間、自由落下の速度で進行し、その間、建物の外装は、外部の鉄骨フレームに取り付けられたままとなります。目に見える差動の動きを体験しないでください。
4.1.1 NISTの進行性​​崩壊シミュレーションの考察

WTC 7の構造的結合のNISTモデリングとNISTの進行性​​崩壊シミュレーションへの影響を検討した非線形接続研究(セクション2.1.3.2)中に、NISTの進行性​​崩壊シミュレーションは観察された崩壊によく似ています。 NISTのプログレッシブコラプスシミュレーションは、上記の3つの主要な機能を示していますが、ルーフラインの落下前と落下中の両方で、ビデオには見られなかった、外部の大きな差異の動きも予測しています(図4.1aと4.1bを参照)。 このような外部の動きの違いは、窓の破損、ファサードのひび割れ、外部の変形を引き起こした可能性が非常に高く、いずれも観察されませんでした。私たちの分析の主な目的は、崩壊のビデオで見られる外部の最小限の動きの違いを予測する故障メカニズムを特定することでした。ただし、東側のペントハウスが倒壊した後、ペントハウスの下の建物の上から12〜15階下で窓が破損したことに注意してください。これはおそらくショックが原因でした。ペントハウスの材料と設備が下の床と衝突したため、建物内を伝播する波。
P93画像準備中

4.2.1イーストペントハウスの崩壊に関する仮説の故障メカニズム

イーストペントハウスは、列79、80、および81によってサポートされていました。したがって、NISTと同様に、東のペントハウスの崩壊は、これら3つの柱の故障が原因であると仮定しました。
シミュレーションで対処しようと試みた主な問題は、NISTの結果とどこが異なるかという点で、79、80、81列目が失敗する可能性が最も高い高さでした。 NISTは、柱79が5階から14階への横方向の支持を失ったためにこれらの柱が故障したと仮定しました。前の章)。 6階から13階まで始まり、最上部(フロア45からペントハウスまで)まで続く、建物全体のさまざまなフロアインターバルで79、80、81カラムの障害をシミュレーションし、結果の挙動を調べました東のペントハウスだけでなく、建物の外観の動作。
4.2.2ウェストペントハウスとノースフェイスルーフラインの崩壊の仮説的故障メカニズム

NISTによって進められた進行性崩壊シナリオでは、イーストペントハウスの崩壊を直接引き起こした79、80、81列の故障も、コアコラムの水平方向の進行を開始しました。すべてのコア列を削除する失敗。 NISTによると、この荷重は外部柱のシェルに再配分され、コア柱が破損した直後に解消しました(NISTのシナリオでは、外部シェルの崩壊がビデオで観察およびキャプチャされたものです)。
まず、NISTのシナリオをシミュレートしました。 NISTのシナリオが実行不可能であることがわかったため、別のシナリオをシミュレートしました。12階と19階の間の8階にわたるすべてのコア柱の同時故障の後に1.3秒後に、同じ8階にわたるすべての外部柱の同時故障が続きました。さらに、北面のキンクを確認しようとしました。構造が崩れ始めると、このねじれがビデオに表示されます。キンクは、最初に内部コアカラムが破損し、残りの外部カラムがすぐに引き込まれた(つまり、内側に座屈した)ために生じたと主張されています。ただし、この現象をソフトウェアでシミュレートすることはできませんでした。時間による座屈のモデリングにおけるソフトウェアの制限は、小さなタイムステップと各タイムステップ内の小さな増分変形の必要性に基づいています。
4.3東ペントハウス崩壊分析の結果

異なるフロア間隔で列79、80、81を削除したシミュレーションの線形静的解析結果を、以下の図4.2〜4.7に示します。
これらの分析に基づいて、列79、80、および81が建物の低層階(たとえば、6階から13階または13階から21階)で故障していないことがわかりました。建物の下層階の79、80、81列の障害により、建物が東に劇的に傾くことがわかりました。これは、ビデオでは観察されていましたが、そうではなく、それが原因ではないことがわかりました。列79、80、および81の列の破損部分の上にある無傷の部分が依然としてペントハウスをサポートしているため、崩壊する東のペントハウス。
一方、建物の上層階、特にペントハウスまでの45階にある79、80、81桁の故障は、ペントハウスの原因となることがわかりました。
外見の動きを最小限に抑えながら、観察されたように建物に崩壊する。したがって、列の79、80、および81が建物の上層階で故障したようです。
さらに、私たちの分析では、東のペントハウスが建物の上層3〜5階までしか倒壊していないことが示されています。したがって、列79、80、および81は、上層階を除いて本質的にそのままであり、内側のコア全体が崩壊するまで崩壊しませんでした。柱79、80、81は、全体的な崩壊まで高さの大部分がそのまま残っているため、NISTの全体的な崩壊分析で予測された外部の大きな変形と比較して、建物の東側で観測された外部の柱の変形がないことが説明されます。建物内の高さ79、80、および81柱の崩壊は、東のペントハウスの崩壊を引き起こした以外は構造にほとんど影響を与えなかったと思われるため、これらの障害は地球規模の崩壊とは別の別個のイベントであったと結論付けます。
P96~P99画像準備中

4.4線形および動的分析法

これらのシミュレーションの線形静的解析と動的時間履歴解析の結果を、図4.8〜4.16に示します。時間履歴分析では、時間の関数として質量、速度、加速度が考慮されます。直接統合は、時刻歴分析を実行するときにSAP2000によって使用されます。線形弾性挙動を使用した時間履歴解析の構造応答を調べました。また、材料および幾何学的非線形効果を考慮した動作も調査しました。 Pデルタはこれらの結果に含まれていませんでした。
4.5 NISTの水平コアカラム故障シナリオの分析結果

以下の図は、コア列の障害が水平方向に進行するというNISTのシナリオのシミュレーションによる線形静的分析結果と動的分析結果を示しています。
これらの分析に基づいて、列79、80、および81の障害は、コア列の障害の水平方向の進行を引き起こさないことがわかりました。私たちの結果は、列79、80、および81が削除されると、隣接する列76、77、および78を含む他の列が座屈しないことを示しています。この結果は、冗長性の設計原理に基づいて予想されます。

さらに一歩進んで、列76、77、および78の障害をシミュレーションしました。ただし、これらの列は、列79、80、および81の損失のために座屈しませんでした。東側の6つのコア列を削除すると建物(列76〜81)では、建物の完全な崩壊が続くことがわかりました。まず、建物の南東の角にある外部柱の軸方向の荷重が設計荷重を超え、これらの外部柱が機能しなくなります。これらの外部柱が破損すると、残りのコア柱のほとんどと残りの外部柱の軸方向荷重が設計荷重を超え、これらの柱が破損し、その後すぐに完全に崩壊します。ただし、下の図4.14、4.15、および4.16に示すように、建物が真っ直ぐに倒壊するのではなく、建物が南東に傾いています。
コアカラムの障害が水平方向に進行するというNISTのシナリオをシミュレートする試みから、2つの主要な結論を引き出します。
  1. カラム79、80、および81から始まる、コアカラムの障害の水平方向の進行は実現できませんでした。したがって、NIST、Arup / Nordenson、およびWeidlingerの仮説では、列79の座屈が建物全体の進行的な崩壊を引き起こす可能性があるという仮説は無効です。
  2. 列79、80、81の障害がコア列の次の行(列76、77、78)の障害につながる可能性があると仮定しても、これらの列の損失と列79の損失80と81は、次の列のコア柱を西にオーバーロードするのではなく、建物の南東の角の周りにある外側の柱にオーバーロードします。これにより、建物が真っ直ぐに崩れるのではなく、南東に傾く結果になります。
また、この分析から、NIST、Arup / Nordenson、およびWeidlingerによって主張されたコア列の障害の完全な水平進行が何らかの形で発生し、外部が一時的に中空のシェルのままになっている場合でも、まだ観測されていないことがわかりますストレートダウン崩壊。

P101~P105画像準備中

4.6コアカラム/エクステリアカラムの故障分析の結果
NISTの水平プログレッシブコアコラム崩壊のシナリオは実行不可能であり、観察された真っ直ぐな崩壊にはならないことを発見し、8階以上のすべてのコアコラムの同時故障をシミュレーションし、1.3秒後にすべての外装の同時故障が続きました。 8階建て以上のコラム。このシミュレーションの動的時間履歴有限要素解析の結果を図4.17に示します。シミュレーションは、実際の建物の崩壊の2つのビデオと並べて表示されています。シミュレートされた崩壊は、2つの異なるビデオの視点に一致するように2つの異なる視点で調べられました。

P106画像準備中

この分析に基づいて、すべてのコアコラムの同時破損に続いてすべての外部コラムの同時破損が、崩壊のビデオで観察された動作をほぼ正確に生成することがわかりました。コンピュータの時間履歴モデルは、崩壊時の質量と加速を考慮し、加速時間依存関数は、経時的な耐衝撃性を考慮しました。具体的には、図4.18に示すSAP2000モデルでの建物のシミュレーションされた速度と加速度は、図4.19と図4に示す約2.5秒の自由落下を含む、David Chandler(Chandler、2010)によって測定されたモーションとほぼ正確に一致します。 4.20以下。


P107 P108画像準備中

8階建てのコアコラムとエクステリアコラムの破損を含む2つの個別のシミュレーションを実行したことに注意してください。1つは12階から19階までのすべてのコラムの破損でした。 2番目は、6階から13階までのすべての柱の破損でした。2つのシミュレーションは、建物の上部の北西隅の下降速度と加速度に関して同じでした。そのため、さまざまなフロアで崩壊が始まっている可能性があることがわかりました。その後のビデオ映像のレビューに基づいて、フロア17からフロア47がユニットとして均一に落下していることがビデオで示されているため(下の図4.21を参照)、フロア16は崩壊が始まった可能性のある最上階であることがわかりました。 17階より下の一部の階はビデオで多少見えていますが、それらが上の階と一体となって落下していることを確信を持って判断することはできません。

P109画像準備中

4.7まとめと結論

要約すると、上記の分析からいくつかの発見がなされました。
  1. 列79、80、および81は、建物の下層階で故障していませんでした。代わりに、ペントハウスに至るまで、建物の上層階で故障する必要がありました。それでも、30階の上には文書化された火災はありませんでした。したがって、火災によって、79柱、80柱、81柱、および東のペントハウスの崩壊は発生しませんでした。
  2. 列79、80、および81(東端にある3つのコア列)の架空の故障は、コア列の故障の水平方向の進行を引き起こしません。したがって、NIST、Arup / Nordenson、およびWeidlingerの仮説では、列79の座屈が建物全体の進行的な崩壊を引き起こすという仮説は無効であり、建物内の高い列79、80、および81の崩壊は別個であり、明確なイベント。
  3. 列79、80、および81の故障がコア列の次の行の故障につながる可能性があると仮定した場合でも、列76から81の架空の故障は建物の南東の角の周りの外部の柱に過負荷をかけます。コア列の次の行を西に過負荷にするのではなく、建物を南東に傾け、まっすぐに倒壊することはありません。
  4. 8階以上のすべてのコア柱の同時故障は、1.3秒後に8階以上のすべての外部柱の同時故障が続き、崩壊のビデオで観察された動作とほぼ同じになります。崩壊は16階以下から始まるさまざまな階で始まり、同じ動作を引き起こした可能性があります。

WTC 7の崩壊は建物内のすべての柱のほぼ同時の故障を含む全体的な故障であり、建物全体の柱の連続的な故障を含む進行性の崩壊ではなかったというのが私たちの結論です。 2001年9月11日に発生する可能性のある一連の障害を特定することはできませんでしたが、約2.5秒で観察された真っ直ぐな崩壊はもちろんのこと、建物全体が崩壊しました自由落下と外部の最小限の動きの違いの。

参照

AISC、2011年、AISC鋼構造マニュアル、第14版。
Alungbe、Gabriel D. et al。、2011、コンクリートの線熱膨張係数に対する骨材、水/セメント比、および養生の影響。
Arup&Nordenson、米国第二控訴裁判所、ケース#11-4403、2010年。
Brookman、2012年、「火災に対するWTC 7の構造的応答の分析および崩壊につながる連続的な故障」。 9/11研究のジャーナル。
センチュリオン:消火装置スペシャリスト、2012年、http://www.centurionfire.ca/resources/chemistry-and-physics-of.pdf
チャンドラー、デビッド、2010、物理学– WTC7フリーフォール。 https:// youtube / CpAp8eCEqNA。
Cheng、Hao、George V. Hadjisophocleous、2011年、建物内の延焼の動的モデリング。
DassaultSystèmes、2014、ABAQUS Analysis User’s Manual、Version 6.7。
Engineeringtoolbox、2011、http://www.engineeringtoolbox.com/steel-pipes-temperatureexpansion-d_38.html。
FEMA、2002年、世界貿易センターの建物性能調査。
FEMA、2014年、火災のダイナミクスとモデリングの実用的なアプリケーション。
フランケルスティールリミテッド、1985年、世界貿易センター7図面。
ハーレー、モーガンJ.、およびリチャードW.ブコウスキー、2008年、火災危険度分析手法。
ジョーンズ、スティーブン、2006年、WTCの建物が実際に完全に崩壊したのはなぜですか。 9/11研究のジャーナル。
ジョーンズ、スティーブン、2007年、2001年9月11日再訪—科学的手法の適用。 9/11研究のジャーナル。
カメシキ(E.S.)とサカ(M.P.)2003年、遺伝的アルゴリズムに基づく、さまざまな半剛体接続を備えた非線形平面鉄骨フレームの最適設計。 Journal of Constructional Steel Research 59:109–134。
Lim、J.、2004、鉄骨構造モーメント抵抗構造の進行性崩壊解析。ペンシルバニア州立大学。
Mainstone、R.J.、1973年、建物の内部爆発の危険性。 Building Research Establishment Current Paper、Building Research Station、Garston、Watford、WD2 7JR、4月。
Marjanishvili、S.、M.、2004、プログレッシブ崩壊のプログレッシブ分析手順。構築された施設のパフォーマンスのジャーナル、ASCE。
Naik、Tarun R.、2011年、その他、粗骨材のタイプがコンクリートの熱膨張係数に及ぼす影響。
NIST、2008年、NCSTAR 1A、世界貿易センタービル7の崩壊に関する最終報告。
NIST、2008年、NCSTAR 1-9、世界貿易センタービル7、Vol。 1。
NIST、2008年、NCSTAR 1-9、世界貿易センタービル7、Vol。 2。
NIST、2009年、NCSTAR 1-9A、世界貿易センタービル7の火災とがれきの衝撃による損傷への対応のグローバル構造分析。
オークリッジ消防署、2013年10月、フラッシュオーバーデモンストレーション、https://www.youtube.com/watch?v = BtMmymOxdjc。
Rahman et al。、2004、鉄骨フレームと接合部への火災荷重の影響。
Sparky sword science、2014年、http://sparkyswordscience.blogspot.com/2014/01/the-temper-ofiron.html。
王、2002、鋼と複合構造:火災安全のための行動と設計。
Weidlinger Associates、2010年、WTC 7崩壊分析および評価レポート。
ザレ、ホルモズ、ジェナベル、2012年、ABAQUS / CAE材料非線形性チュートリアル、ポートランド州立大学。


Project Information
Lead Researcher
Dr. J. Leroy Hulsey
Professor of Civil Engineering, University of Alaska Fairbanks
Research Assistants
Dr. Feng Xiao
Associate Professor, Nanjing University of Science and Technology
Dr. Zhili Quan
Bridge Engineer, South Carolina Department of Transportation
Project Dates
May 1, 2015 – December 31, 2019
Funding
$316,153 (provided by Architects & Engineers for 9/11 Truth)

このページの先頭へ

このページの先頭へ
議席写真

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system