本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

交通は安全を最優先すべき

このページの情報はニュースや様々なメッセージを含んだ情報を基に分析しています。不安を煽る目的ではなく事前に仮説を立てて、危険を防止したい目的で書いています。
全体を理解するには1985年8月12日のJAL123便の墜落が事故ではなく事件であることを理解する必要があります。


  1. 羽田新ルート運用の危険性を理解
  2. 航空便トラブルニュースからのメッセージを読み取る
  3. 東京事変というメッセージ
  4. 六本木ヒルズのメッセージ
  5. 安全よりも投資家優先になってしまった交通機関

2020年に計画されていた東京テロ

エルアル航空2020年3月に成田~イスラエル直行便就航のニュースが発表されました。今までであれば考えられないことです。しかもイスラエルのような国が羽田でなく成田を選んだことも注目点です。
ニュース記事リンク

イスラエルのネタニヤフ元首相は311東日本大震災の主犯でもあるとアメリカでは常識です。アメリカ911同時多発テロの世界貿易センタービルでは、イスラエルの企業は全て休業で従業員が出勤をしていなかったほどです。

ご存知の方も多いかと思いますが、東京の一等地に多くのオフィスビルを構える森ビルはイスラエルのフロント企業です。破壊によって、またそこから大きな利益を得るのがカバールのやりかたです。
東京オリンピック2020終了後は一部の企業で起きている一過性の好景気も終了します。羽田空港第二ターミナルビルもイスラエルの会社が大きく関与しています。

東京事変航空テロのページ

311東日本大震災と福島原子力発電所爆発レポート翻訳

羽田第二ターミナル工事業者資料

羽田新ルート南風運用時の危険性を理解する

2020年の東京オリンピックに向けて日本政府と国土交通省は、羽田空港の発着枠を増やすために都心上空を航行する新ルートを2020年3月末から運用開始します。羽田は世界でもっとも危険な空港になる・杉江弘氏(元パイロット・航空評論家)の動画もご覧ください。
この3.45度での着陸はパイロットからすると危険度が高い進入角であり、IFALPA(国際定期航空操縦士協会連合会)によって海外から問題提起がされています。

羽田新ルート
写真は新運用3.45度で着陸するところを高層ビルから撮影されたものです。
写真の4つの赤い照明は精密進入経路指示灯といいます。

精密進入経路指示灯
飛行機が着陸するときに地面に対して3度の角度で降下してきます。滑走路左側に、着陸地点から地上に対して3度の角度を表示してくれるライトが、横1列に4個並んでいます。この4つのライトが、白・白・白・白なら3度より角度が大きい、赤・赤・赤・赤なら小さい、白・白・赤・赤ならばちょうどよい角度(オンコース)であることを示す。

この3.45度での着陸はアナログでの調整が必要で、個人差も出てきます。3度で進入するのが難しくパイロットからすると危険度が高い進入角であり、IFALPA(国際定期航空操縦士協会連合会)によって海外から問題提起がされています。羽田新ルートアプローチに対するIFALPAからのレポート

IFALPAからのレポート

航空局資料

航空便トラブルニュースの中のメッセージを読み取る

このニュースのメッセージを読み取るにはJAL123便御巣鷹山事変と、2020年東京オリンピックによる祝日の変更を理解する必要があります。御巣鷹山事変は8月12日に発生しました。もともと8月12日は山の日でしたが、山の日が御巣鷹山になってはまずいので、山の日が8月11日に変更になりました。

2020年東京オリンピックを行うもう一つの理由が祝日を動かす目的があるということを理解しましょう。「体育の日」を移動する東京五輪・パラリンピック特別措置法が制定され、「海、山、体育の日」動かす案が提出されました。
下記のように祝日が移動となります。2020年に限り、7月24日の開会式の前日と当日、8月9日の閉会式の翌日が祝日になる見通し。「海の日」「山の日」。
更に数字的な計画が必ずあるということを理解する必要があります。

JAL123便事件
123
羽田3.45度問題
345
コロナ肺炎
567
B787-900
789

123、345、567と続き次は246、468と続き369のような並びとなります。東京オリンピック
旅客機ニュースでのメッセージ

2017年8月12日
JAL123便事件と同日同時刻同区間同場所での航空機トラブルによる羽田への引き返しhttps://aviationwire.jp/archives/126844
2019年8月10日
JAL乗務員によるアルコール検出問題https://aviationwire.jp/archives/181057
2019年11月7日
ANA乗務員によるアルコール検出問題 https://aviationwire.jp/archives/189511
遅延 242便 244便 468便 469便
2019年12月19日
福岡発羽田行 右エンジン炎吹き出しのため引き返し NH246便https://aviationwire.jp/archives/192313
2020年1月4日
ANA乗務員によるアルコール検出問題 https://aviationwire.jp/archives/193477
遅延 NH242便 NH244便 NH246便

性悪説で書きますが、アルコール検出などは大きな組織ぐるみで行えば冤罪も可能です。遅延便の並びから読み取ると468便、469便の470便なのか注意が必要です。因みに御巣鷹山が山の日、羽田は海ですので海の日かもしれません。※あくまで仮説です。

このページの先頭へ

東京事変のメッセージ

こちらは椎名林檎&トータス松本、デュエットで銀座を歌う  「GINZA SIX」スペシャルムービー「メインストリート」篇の動画です。
この歌は目抜き通りといいます。その歌詞が下の内容になります。
目抜き通り歌詞
誰も知らない わたしが何なのか 当てにならない 肩書きも苗字も
今日までどこをどう歩いて来たか わかっちゃあいない 誰でもない
それなら上等 出るとこへ出るわ 当てにされたい 閃きもとんちも
もっと迷いたいもっと色めきたい 広い往来で 本番さショータイム終らない
ああ 生きている間ずっと 愛し愛され歩いて行こうよ
銀座は、春 最新のネオンサイン探したい
ああ まだ見ぬ仲間達が まばゆく光り誘っている
日本の夏よ そう、結果オーライ認めたい
ああ いのちの使い道は すれ違いざま笑って返す
ほんの一瞬 つらい仕事にご褒美のないときも
惚れた人が選んでくれないときも 不幸だった訳がわかっている今は
損しただなんてまるでおもわない あの世でもらう批評が本当なのさ
デートの夢は永い眠りで観ようか 最期の日から数えてみてほらご覧
飛び出しておいで目抜き通りへ!
東京事変01:23に注目1:23のところの映像ですが悪魔の数字666とGINZAが表されていることと、一番右の時計がイルミナティーカード(複合災害)の時計と同じ時刻になっています。しかも椎名林檎は東京事変です。2020年3月にコロナウイルスによって中止になったので良い方向へ行ってるのかもしれません。

六本木ヒルズのメッセージ

森ビル株式会社のYouTubeチャンネルに森ビルブランドムービーがあります。DESIGNTOKYOのフルバージョンです。この動画の01:23が六本木ヒルズでなぜか雨で暗い天候で空から傘を持ってない人へ落下する映像となっています。

このページの先頭へ

安全よりも投資家優先になってしまった交通機関

環境操作とプロパカンダ工作相関図

ワンファンデーション財団

観光バス規制緩和による安全性低下

関越バス事故

運輸・運送業のナンバープレートには営業用ナンバーと自家用ナンバーがあります。バス会社やタクシー会社のナンバープレートでバス会社やタクシー会社で緑地のナンバープレートが青ナンバーという営業ナンバーです。白地のナンバープレートは自家用ナンバーといいます。(オリンピック寄付金ナンバーにより、遠目から青ナンバーと白ナンバーの見分けが出来なくなりました。)小泉純一郎政権にて貸切バス事業の規制緩和が行われました。同じようなタイミングで派遣法が改正され、期間工も増加しました。規制緩和後はメーカーへの車両の注文から納品まで5年待ちというバス車両製造メーカーにとっては好景気となりましたが、周りにとっては負の連鎖ばかりでした。

  1. 一般貸切バス規制緩和
  2. 派遣法変更による派遣期間工の増加
  3. 高速ツアーバスの増加
  4. インターネット広告会社の拡大
  5. 情報商材詐欺ビジネスの増加
  6. 運転手労働環境の悪化
  7. バス重大事故の増加
  8. インバウンド需要への依存
  9. 白タク・民泊の増加
  10. 単価格インバウンドレート依存による宿泊業・飲食業の疲弊


それは、高速ツアーバスが増加したことにより、旅行会社によるバス会社の買い叩きが王侯しました。特にインターネット集客が主体であり、この頃に増えたのがアフィリエイト(インターネット広告)業者とSEO業者です。特にSEO業者などは結果が保障されるビジネスではなく、フロント企業なども多く存在あしました。アフィリエイト収入を目指す人向けに、情報商材ビジネスも増加しました。情報商材ビジネスとは、肝心なノウハウをいつまでも開示せず、情報商材ビジネス自体をネズミ講式に広げていき、結局はアフィリエイト業者にめっりっとが出るための、アフィリエイターを増やすだけの詐欺的内容も増加しました。

経営がギリギリの貸切バス会社は、労働環境に無理が生じての運用が生じ、安全性が低下しました。インバウンドに頼らざるを得なくなった業者は、低価格と悪条件をせざるを得なくなっています。インバウンドの行程は路上駐車(運転士が休めない)も多く、行程にも無理があります。地獄のような事故現場だった、関越自動車道ツアーバス事故も規制緩和によって生まれた事故と言っても過言ではありません。日本人を貧しくし、外国に頼らざるを得ない仕組みを作ったグローバル思想日本政府の施策によって悲鳴を上げているのは運送機関だけではありません。安く叩かれたインバウンド卸値に依存せざるをえなくなった宿泊業・飲食業・観光業にも言えます。解決するには日本にいる日本人による国内旅行の需要を上げるようにするべきです。

観光経済新聞 観光庁、Go To トラベル事業の概要を発表

このページの先頭へ

LCC(ローコストキャリア)が増加した理由を理解する

安全性よりも金儲け優先になってしまったことを理解するには、LCCが増加した理由をまずは知る必要があります。LCCに使われている航空機材はA320、A321が多いです。LCC機材の購入経路ですが、まずは原油産油国の投資家が大量に航空機を購入します。その航空機をリース会社やLCC会社へ販売します。世界での原油使用料の多くは航空燃料を占めています。原油価格を維持するための、次の記事にあるように、超富裕者優遇としての節税制度を維持する目的が本質にあることを理解しましょう。

航空機事故は敢えて起こされてしまう節税という仕組み

超富裕者層が節税目的のために、租税回避商品としてプライベートジェット機や旅客機を購入するという税制優遇制度が生まれました。1年目は75%、2年目は25%の償却となるとても条件の良いものとなっています。且つ、この航空機材をレンタルで運用したり、リースとして民間航空会社へリースとして貸し出し、運用収益さえも狙える仕組みがあります。この仕組みを利用してあえて航空事故を起こされるという説もあります。リースで貸し出した航空機が航空事故を起こすと、借主の航空会社から補償金を得られる仕組みがあります。悪魔崇拝思想の超富裕層は、資金繰りが厳しくなると敢えて整備不良などを起こさせる工作をして、罪のない人を巻き込む墜落事故などを起こすのです。航空機材がリースであり、機種にも偏りが見受けられます。リース元が非公開にされている場合が多いです。

このページの先頭へ

飽和状態の旅客機材への影響

欧州連合と分離したことで、投資をしていた富裕層の弱体化が始まります。これにより資金繰り目的で機材を売り払うことも起こりえる為、航空機リース会社にも影響が出てきます。新型肺炎コロナウイルスの影響で航空会社の損失も大きくなり、運用益も減少するため超富裕層の力が弱まります。

航空機リース世界大手会社

GECAS(ジーキャス)

世界最大級のメーカーであるGEの関連会社で、世界最大級の航空機リース会社でもあるGEキャピタル・アビエーション・サービスです。ILFCを買収したAerCap(エアキャップ)とGECASは規模において他の航空機リース会社の群を抜いております。GEエンジンのリースも行っています。

AerCap(エアキャップ)

NYSEに上場する航空機ファイナンス会社です。保険会社の最大手であったAIG傘下の世界最大手級のインターナショナル・リース・ファイナンス・コーポレーション (ILFC, International Lease Finance Corporation)を買収。Abu Dhabi(アブダビ)の投資会社であるWaha Capitalが筆頭株主となっています。

BBAM

1991年にBabcock & Brownの子会社としてBabcock & Brown Aircraft Managementが設立されました。スティーブ・ジシス(Steve Zissis)氏が実質的な創業者。Babcock & Brownの破たんを受け、2012年にカナダ拠点の投資ファンドであるOnex(オネックスコーポレーション)がBBAMの50%の株式を取得しております。またNYSE上場のFLY LeasingもBBAMの関連会社です。2017年にシンガポールの政府系ファンドのGICがBBAMの株式の30%をオネックス等から取得。2018年にマレーシアの格安航空会社であるAirAsia(エア・アジア)より航空機リース資産を買収。

アビエーション・キャピタル・グループ(Aviation Capital Group)

Aviation Capital Groupは米国Pacific Life の子会社です。2017年に日本の大手リース会社である東京センチュリーが、アビエーション・キャピタル・グループの20%の株式を約1700億円で取得。

アボロン(Avolon)(旧CIT Aerospace)

CIT Aerospaceは米国の総合金融会社のCITの関連会社の大手航空機リース会社です。CITはCommercial Credit and Investment Companyの略称。過去に旧第一勧業銀行やTyco Internationa がCITを買収した経緯もあります。2014年にみずほグループ系の東京センチュリーリースと航空機リースの合弁会社を設立。2016年にAvolon(アボロン)/HNA(海南航空)子会社のBohai Leasingが買収し業界上位へ。なお、アボロン(Avolon)は旧RBS Aviation Capitalの経営陣が独立して2010年設立。株主の欧州PEファンドのCinven、旧シティ系のPEファンドのCVC、PEファンドのOak Hills、シンガポールの国策ファンドのGIC)から、2015年にHainan Airlines(海南航空)子会社の渤海租賃(Bohai Leasing)が買収。
2018年にオリックスが中国複合企業の海航集団(HNAグループ)傘下の航空機リース大手アボロン・ホールディングス(アイルランド)に2500億円を出資し30%の株式を取得。「ダブルBプラス」(S&P)の改善を図る。

AWAS

Ansett Worldwide Aviation Servicesの略です。もともとはNews Corporation、Australian airline、Ansett Airlineによって設立された豪州系の企業です。その後Molgan Stanleyおよび2006年には投資ファンドのテラ・ファーマとCPPIB(カナダ公的年金投資運用、Canada Pension Plan Investment Board)に買収をされています。2017年にDubai Aerospace Enterprise (DAE)がAWASを買収。

ボーイングキャピタル(Boeing Capital)

米Boeing社の子会社の航空機リース会社です。

SMBCアビエーション・キャピタル(SMBC Aviation Capital)

かつては英国のRBS(Royal Bank of Scotland Group)が保有していたRBS Aviation Capitalです。2012年に約5500億円で三井住友フィナンシャルグループや住友商事がRBSより共同買収をしました。

BOC Aviation

中国の4大銀行の一角である中国銀行(Bank of China)の関連会社です。旧社名をSingapore Aircraft Leasing Enterpriseといい、2006年にBOCが株主のTemasek, GICやシンガポール航空から買収しました。2016年に香港証券取引所に株式を上場。

ノルディック・アビエーション・キャピタル(Nordic Aviation Capital)

デンマークにて創業された独立系の航空機リース会社です。

エア・リース(Air Lease Corporation)

Air LeaseはNYSEに上場する新興航空機リース会社です。ILFCの創業者によって設立され、 豪州大手銀行のCommonwealth Bank of Australiaが大株主になっております

エアキャッスル(AIRCASTLE)

NYSEに上場する投資ファンドのFortress Investment傘下の航空機リース会社として発足しましたが、IPO後の2012年に市場で持ち分を売却。丸紅が2013年に約15%出資しております。

Macquarie AirFinance

豪州投資銀行の Macquarie Groupの関連会社です。

ORIX Aviation

オリックスの関連会社です。

MC Aviation Partners | MCアビエーション・パートナーズ

MCAPは三菱商事の子会社の航空機リース会社です。

Falko

2011年設立。PEファンドのFortress Investment GroupがBAE Systems Asset Managementの航空機ポートフォリオを買収して設立。

Avmax Aircraft Leasing

航空電子機器メーカーのカナダのAvmax社の航空機リース事業。

ペンブローク(Pembroke Group)

英系のStandard Chartered PLCの子会社の航空機リース会社です。

CDB LEASING

中華人民共和国国務院直轄のChina Development Bank(国家開発銀行)の子会社の航空機リース会社です。

人的要因ではなさそうな旅客機墜落事故

2019年3月10日
エチオピア航空302便墜落事故  B737-MAX8 ET-AVJ シリアル番号62450 
2018年10月29日
ライオンエア610便墜落事故 B737-MAX8 PK-LQP シリアル番号43000
2019年2月23日
アトラス航空3591便墜落事故 B767-300ER 25865
2018年1月13日
ペガサス航空8622便着陸失敗事故 B737-800 82R シリアル番号29344
2017年1月16日
ターキッシュエアラインズ6491便墜落事故 B747-412F TC-MCL シリアル番号32897
2016年11月28日
ラミア航空2933便墜落事故 アブロRJ85 ラインナンバー348
2016年3月19日
フライドバイ981便墜落事故 B737-800 A6-FDN、シリアル番号40241
2016年12月7日
パキスタン国際航空661便墜落事故
2016年5月19日
エジプト航空804便消息 A320-200 SU-GCC、シリアル番号2088
2015年3月24日
ジャーマンウイングス9525便墜落事故 A320-200 D-AIPX シリアル番号147
2015年9月5日
CEIBAインターコンチネンタル71便空中衝突事故 B737-800 3C-LLY シリアル番号41157
2014年7月17日
マレーシア航空17便撃墜事件 B777-200ER 9M-MRD シリアル番号28411
2014年3月8日
マレーシア航空370便墜落事故 B777-200ER 9M-MRO シリアル番号28420
2014年12月28日
インドネシア・エアアジア8501便墜落事故 A320-200 PK-AXC シリアル番号3648
2008年1月17
ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故 B777-200ER G-YMMM シリアル番号30314

このページの先頭へ

ナビゲーション

議席写真

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system