本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

世界的腐敗構造 2020年米国大統領選不正選挙

不正選挙とは民主主義に見せかけた、選挙操作による中国共産党化へ向けた工作であることを理解します。

  1. 不正選挙だと分かっていた
  2. 世界的腐敗構造の不正選挙ネットワーク
  3. 今後の大統領選の動き

不正選挙だと分かっていた

2020年11月4日の夕方以降日本でもアメリカ大統領選の速報が更新されなくなりました。11月4日にアメリカトランプ大統領が不正選挙についてツイートしました。

2020年11月4日
■「ニャーニャー!!」 ネコが選挙人団の活動をチェック オハイオ州
投稿は有権者の間で大きな話題となり、ネコの作業ぶりに対する冗談めいたコメントが多数寄せられている。
「もしもし、警察ですか?選挙違反を発見しました!」
「パンプキンは史上最高に誠実な選挙人団メンバー!」
ニュースリンク
2020年11月8日
■メキシコ大統領、バイデン氏祝福控える
メキシコのロペスオブラドール大統領は7日、米大統領選について、法的に決着するまで待つとし、バイデン前米副大統領への祝福を控えた。ニュースリンク
2020年11月9日
■プーチン氏、米大統領選勝者への祝辞は「正式結果確定後」と大統領府
ペスコフ報道官は、今回はトランプ氏が敗北を認めることを拒否し、不正投票があったと訴えて法的措置を講じる構えを示しているためだと説明した。
ニュースリンク
2020年11月10日
■トランプ氏、エスパー国防長官を解任
エスパー氏は、抗議デモでの騒乱鎮圧のために軍を投入することを提案したトランプ氏と意見を対立させていた。ニュースリンク
2020年11月10日
■米司法省内の大統領選の管理担当が辞表を提出
米司法省内では、今回の大統領選挙の違反捜査を担当する部署のトップが辞表を提出した。ニュースリンク
2020年11月11日
■ポンペオ長官「トランプ政権2期目への円滑移行」約束
マイク・ポンペオ米国務長官は10日、米大統領選後の「円滑な移行」を約束した一方で、ジョー・バイデン次期大統領の勝利は認めず、ドナルド・トランプ大統領が政権を維持するとの立場を固持した。ニュースリンク
2020年11月13日
■ラブロフ露外相 米新大統領への祝辞は公式的な結果を待って ニュースリンク
2020年11月18日
■米大統領 不正選挙を否定した政府高官を電撃解任
国土安全保障省の傘下にあるサイバーセキュリティー専門機関(CISA)のクリス・クレブス局長を解任したことを明らかにした。クレブス氏が大規模な不正選挙を否定したことが解任の理由として挙げられている。ニュースリンク
2020年11月22日
■プーチン大統領が今後の露米関係についてコメント 「関係はすでに壊れている」
ロシアとしては米大統領選の公式的な結果を待って、選出された候補者に祝辞を送る構えであることを明らかにした。
ニュースリンク
2020年11月23日
■ロシアにはどんな名前の犬がいる? 「トランプ」が最多「スターリン」も
72匹の犬が「トランプ」と名付けられており、「ジョー・バイデン」という名前はロシアではまだ誰も付けていない。 ニュースリンク
2020年11月30日
■バイデン氏 愛犬と戯れて足首捻り病院へ ニュースリンク
2020年12月8日
グローバルリセット:グローバル化社会主義(カバール思想) 
トランプの再選はグレートリセットに大きな穴を開けるでしょう。 ニュースリンク
2021年1月6日
■食い意地張った猫、冷蔵庫からじゃがいもを強奪
モーティは冷蔵庫が開いた瞬間を狙い撃ち。冷蔵室に勢いよく飛び乗り、袋を盗むことに成功。
しかしあえなく捕らえられ、奇襲は失敗。残念ながら袋の中身のジャガイモにありつくことは叶わなかった。 ニュースリンク

世界の腐敗構造不正選挙ネットワーク

ドミニオンの公開情報によると、米国では30以上の州がドミニオン集計システムを利用している。カリフォルニア州民主党上院議員のダイアン・ファインスタイン(Diane Feinstein)氏の夫であるリチャード・ブルム(Richard Bloom)氏は、ドミニオンの開発会社(Avid Technology )の60%所有権を持っている。民主党の重鎮ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議員の元幕僚長、ナダム・エルシャミ(Nadeam Elshami)氏が同社の役員を務めている。​また、同集計ソフトの部品の一部には、中国製のものが使われている。

不正選挙
2018年9月12日
米国の選挙で外国の干渉が発生した場合に特定の制裁を課す大統領命令 ニュースリンク 
2020年11月29日
ディープステートの黒幕を暴く リン・ウッド弁護士、保守派作家の「クラーケン」記事を投稿
不正選挙は、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、国土安全保障省(DHS)、中国(中国共産党)が関与していたと述べた。ニュースリンク  リンウッド弁護士のTwitter
2020年11月5日
デトロイトの不在者投票センターのシーンはますます熱くなっています。窓は今覆われています。違反の申し立て。 ニュースリンク
2020年11月5日
郵便局員が3つの不在者投票を含む800通以上の郵便物を配達できなかったとして逮捕され起訴された ニュースリンク
2020年11月6日
郵便投票で不正か ミシガン州の郵便局員が告発 締め切り後の投票用紙の日付を変更 ニュースリンク
2020年11月15日
米民主党工作員、選挙不正の手法を暴く 「すでに常態化」
長年にわたり、彼は自ら投票用紙を改ざんしただけでなく、ニュージャージー(New Jersey)、ニューヨーク(New York)、ペンシルバニア(Pennsylvania)で少なくとも20人のチームを率いたこともあるという。 ニュースリンク
2020年11月16日
米軍、米大統領選データサービス企業のサーバを独で押収=米下院議員が発言 ニュースリンク
2020年11月16日
選挙は違憲 「ビッグな訴訟」を用意=トランプ大統領 ニュースリンク
2020年11月18日
Joe Bidenの連邦通信移行チーム、C-Spire Expands、Elliott Management、AT&T ニュースリンク
2020年11月18日
トランプ弁護団リン・ウッド弁護士、バイデン氏が「投獄生活以外、何も得られない」
「今回の選挙は早くも20年前から、われわれの(米国)政府転覆を謀る特定の勢力によってよく練られた計画である」と述べた。 ニュースリンク
2020年11月22日
プーチン大統領は、バイデンを米国大統領として認める準備ができていないと述べている ニュースリンク
2020年11月24日
「家族やペットまで脅迫を受けた」米GSA長官がバイデン氏に書簡
自身と家族、「ペットまでも」様々な脅迫を受けたと明らかにした。長官は、圧力の下で早い段階でこのような決断をしなければならなかったと説明した。 ニュースリンク
2020年11月25日
トランプ大統領 不正選挙の全貌を訴訟で「暴く」と約す
トランプ米大統領は先の大統領選挙の不正の詳細を暴くために訴訟を行う構えを表した。トランプ氏はこの意向を自身のツィッターを通じて明らかにした。 ニュースリンク
2020年11月26日
トランプ氏、フリン元補佐官を恩赦 ロシア疑惑でFBIに偽証 ニュースリンク
2020年11月26日
トランプ氏、支持者に「選挙を覆す」よう訴え
ドナルド・トランプ米大統領は25日、今月初めに行われた大統領選について、民主党のジョー・バイデン候補が勝利するよう「不正に操作」されていたと主張し、支持者らに対し、選挙結果を覆さなければならないと訴えた。ニュースリンク
2020年11月27日
トランプを支持した福音派ヒスパニックを撃ったことで反発に直面しているバラク・オバマ ニュースリンク 
2020年11月27日
米実業家が独自調査、「大統領選は100%操作された」
大統領選挙の前に私財を出し、調査チームを立ち上げた。このチームには、サイバーセキュリティの専門家や探偵などが入っている。 ニュースリンク
2020年11月28日
トランプ陣営がいよいよ連邦最高裁に上訴へ 米ペンシルベニア州での不正投票疑惑を巡り ニュースリンク
2020年11月28日
ドミニオン社のサーバーに中国とイランが接続=元米軍情報分析官 ニュースリンク
2020年11月29日
ディープステートの黒幕を暴く リン・ウッド弁護士、保守派作家の「クラーケン」記事を投稿

不正選挙は、中央情報局(CIA)、連邦捜査局(FBI)、国土安全保障省(DHS)、中国(中国共産党)が関与していたと述べた。ニュースリンク
2020年12月4日
元米軍情報官が証言「外国勢力による投票システムへの操作が意図的に許可された」

参考人は、米陸軍第305軍事情報大隊の元情報分析官で、世界有数の選挙専門家の下で働き、ホワイトハットハッカー(White Hat Hacker、倫理的ハッカー)として豊富な経験を積んでいた。 ニュースリンク
2020年12月8日
トランプ弁護団、ミシガン州でドミニオン機22台を法科学捜査 ニュースリンク
2020年12月17日
6激戦州で共通する不正疑惑 バイデン陣営の操作を示唆=ピーター・ナバロ氏が報告書
ナバロ氏は、「完全な詐欺」と題した大統領選の公平性に関する36ページの調査報告を、民間人の立場で発表した。 ニュースリンク
2020年12月18日
フリン中将「外国諜報機関が米国の選挙を監視していた」「トランプ氏に情報提供できる」ニュースリンク
2020年12月21日
トランプ氏、大統領選の不正疑惑巡り共和党議員と協議 ニュースリンク
2020年12月30日
ホーリー上院議員が選挙人票に異議表明へ「誰かが立ち上がらなければならない」 ニュースリンク

トランプ大統領、1月6日にワシントンに集まるよう支持者に呼びかける
「1月6日にワシントンで会おう。このチャンスを逃すな」とトランプ氏はツイートで述べ、後でさらに多くの情報を提供すると投稿した。 ニュースリンク
2020年12月31日
米議会でバイデン氏勝利に異議表明へ、共和党上院議員
すでに複数の共和党の下院議員がこの承認に異議を唱える意向を明らかにしていたが、ホーリー氏は上院議員として初めて、そうした意向を示した。 ニュースリンク ニュースリンク
2021年1月2日
テッド・クルーズが上院議員を率いて選挙の緊急監査を呼びかけ
テッド・クルーズ上院議員(R-TX)は、議会が選挙の10日間の緊急監査を承認しない限り、1月6日の大統領選挙のジョー・バイデンの認定に反対する共和党上院議員のグループを率いています。 ニュースリンク

トランプ氏の支持者、選挙人投票の結果承認日に集会を計画
米議会で大統領選の選挙人投票の結果が承認される1月6日、トランプ米大統領の支持者らが首都ワシントンで集会を行う計画。敗北宣言を拒否したトランプ氏が、支持者集会について伝えた。 ニュースリンク
2021年1月5日
議会の150人以上の共和党員が今週選挙人投票に挑戦することを誓う ニュースリンク
2021年1月7日
トランプは、暴動者が国会議事堂に違反したときに議会がロックダウンした後、抗議者に家に帰るように呼びかけます ニュースリンク

政府専用機ではなく国家緊急空中指令所での移動
B747-200B型をベースにしたNEACP(National EmargencyAirbomeCommandPost-国家緊急空中指令所)機です。運用は国家空中作戦センターです。これで大統領が移動したという事自体が非常に珍しい例です。 それと「GoHome宣言?」 ニュースリンク
2021年1月8日
トランプ氏 議事堂での暴力事件を糾弾する声明
「全ての米国民と同様、私はこの暴力の、違法行為の悪夢のせいで怒りに燃えている。」「建物の安全を確保し、侵入者らを追放するために、ただちに州兵および連邦治安維持機関を動員するよう命じた。」 ニュースリンク運輸長官も辞意表明

トランプ政権、議会乱入で辞任相次ぐ
イレーン・チャオ(ミッチ・マコネルの妻)、ミック・マルバニー、マット・ポッティンガー、ステファニー・グリシャム辞任 ニュースリンク

宗教団体となりすましによって操作されていた政治思想と選挙票

不正選挙

不正選挙は日本でも関係しており、特にソフトバンクグループと海外の資本家との関係を理解すると、中国共産党と極左ロビー活動の関係を理解できます。極左ロビー活動には資本家から多額の資金が与えられており、不正選挙工作にもつながっています。


アメリカの大統領選の流れ

不正選挙

トランプの事実上の軍事政府のページへ




ナビゲーション

議席写真 佐倉淳ツイッター

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system