本文へスキップ

世界のつながりを把握して本質を理解するための情報ページです。

人口削減計画と医療マフィア

カバール思想とは人の命や財産を奪ったり、健康を害す行為をしたり、破壊をすることによって、大きな利益を求める考え方をいいます。ワクチンによる免疫の低下や不妊化をしたり、ウイルスによる伝染病の流行などによって悪魔崇拝ディープステイトが人工削減計画を行っています。

CIAによる医療マフィア相関図

厚生労働省

悪魔崇拝カバールのページはこちら

国民の安定や健康よりも企業優先の厚生労働省

2002年
政令を改正し、派遣法の対象業務に、金融商品の営業などを追加。
2003年
社会福祉施設における医療の業務を解禁。
社会福祉施設等における医療等の医療関係業務の派遣解禁
2003年
「改正派遣法」が成立。(製造業の解禁)
労働者派遣法・職業安定法の一部を改正する法律関係政省令等施行

・自由化業務の派遣受入期間1年から3年へ延長
(派遣先労働者の過半数代表者の意見聴取必要)
・政令26業務の派遣期間3年制限(行政指導)撤廃
・雇用契約申込み義務新設
・製造業務の派遣解禁(派遣受入期間1年)
・紹介予定派遣の定義明確化、事前面接解禁
・医療関係業務の紹介予定派遣解禁
2004年
公的年金流用問題
2006年
労働者派遣法施行令の一部を改正する政令。(医療業務の一部を解禁労働者派遣法施行令の一部を改正する政令公布・施行
・病院・診療所などにおける医療関係業務の派遣一部解禁
・弁理士、公認会計士の派遣一部容認
2006年
年金資金運用基金を廃止し、年金積立金運用独立行政法人を設立
2007年
年金記録問題
2007年
子宮頸がんワクチンの1つ、「サーバリックス」の製造販売を厚労省が承認申請
2009年
子宮頸がんワクチンの1つ、「サーバリックス」の製造販売を厚労省が承認
2012年
派遣法が改正され、「日雇い派遣」が禁止
「改正労働契約法」が成立
雇用の安定を目指し、25年4月に施行された
改正労働契約法では今年4月から、5年以上働く有期労働者が、期間の定めのない無期雇用に転換できるルールが適用。27年9月の改正労働者派遣法では、3年以上働く派遣労働者が同じ部署で働く場合、直接雇用されるよう促した。
2015年
派遣法改悪 これまでの派遣法では、受け入れ期間は原則1年、最長3年までに制限されていた。それが、改正案が成立すれば事実上撤廃される。3年間働いた人を同じ職場の別の課に異動させるか、他の派遣労働者に入れ替えれば、無期限の派遣労働が合法化される。さらに、派遣会社と無期の雇用契約を結んでいる人も、同じく無期限の派遣労働が認められる。

 通訳など26分野の専門業務に限り無期限の派遣労働が認められていた規制も緩和され、26分野の枠組みが撤廃される。つまり、どんな業務でも正社員に代わって派遣労働者が担えるようになる。
2018年
障害者雇用水増問題
2019年
介護保険料が約200億円も不足する恐れがある算出ミスが発覚
2019年
自己都合退職の失業手当の給付制限期間を、2カ月に短縮すると発表
2019年
統計不正調査問題
2020年
「パートタイム・有期雇用労働法」が施行。(「同一労働・同一賃金」関連2法)
賃金や手当、福利厚生すべてについて、正社員と非正規社員の格差を埋めようとする同一労働同一賃金関係2法が施行される。

格差是正のため、企業は正社員側の家族手当や住宅手当の縮小を始めているが、正社員の気持ちは
生活保障給の一部である手当削減に追いつかない。
■日本郵政、住居手当や年末手当など廃止へ
「なぜ手当廃止や見直しを受け入れたのか」
「年収ベースの賃金は確保してほしい」。


小渕元総理暗殺後

坂口力(公明党 大学院修了後、日本赤十字センターに勤務)厚生大臣(森喜朗内閣)
厚生労働大臣1~2代も務める(小泉純一郎内閣)

なぜか中共NWOへの仕掛けは創価が関係してますね。
厚労省変更後パソナ拡大。

現在の指示の流れ
中国共産党DS→国連・WHO→厚生労働省

坂口力
2000年12月 - 第2次森内閣で厚生大臣兼労働大臣に就任。
2001年
1月 - 省庁再編で統合された厚生労働省の初代大臣に就任。
4月 - 第1次小泉内閣が発足し厚生労働大臣に就任。
2004年9月 - 厚生労働大臣を退任。
2012年12月 - 公明党特別顧問(厚生労働担当)に就任

日本の食の安全の崩壊

日本は、世界の農薬規制の流れと逆行している。  問題は、政府が昨年12月25日、コッソリ公布した「食品、添加物等の規格基準の一部を改正する件」という告示だ。驚くべきはその内容で、食品に残る農薬の基準値が大幅に緩和されたのである。  例えば、米モンサントの除草剤「ラウンドアップ」に含まれるグリホサート。グリホサートは、世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関が「おそらく発がん性がある」と指摘している化学物質だ。ところが、厚労省は昨年12月、小麦に残っても大丈夫なグリホサートの基準を改正前の6倍に、ソバについては150倍に緩和したのだ。厚労省食品基準審査課の担当者は、「動物実験などの試験の結果、(基準値の)安全性は担保されている」と話すが、消費者の不安は置き去りだ。

ニュースリンク

新型コロナウイルス

新型コロナウイルス肺炎の研究進展

2019年12月8日
最初の症例
2020年1月6日
新型コロナウイルスとの発表
2020年1月10日
ゲノム配列発表
2020年1月21日
ゲノム配列情報を用いた最初の論文
2020年1月24日
Lancetに症例報告2報掲載
2020年1月23~25日
bioRxivに8報公表
2020年1月25日
ウイルス由来タンパクの立体構造解析と阻害剤同定の発表
2020年2月1日
オーストラリア政府は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ新たな措置として、中国から外国人が入国するのを禁止すると発表 ニュースリンク

春節のインバウンド対応を推進した厚労省

新型コロナウイルスの日本への侵入を防ぐべく春節での訪日観光客を制限するのが最も安全策なのにも関わらず、2020年1月24日の厚生労働省ホームページには以下のように案内されていました。

新型コロナウイルスは中国国内で感染したものの、我が国ではまだ日本人に感染していません。武漢などからお越しの中国人の皆様におかれては、過剰に心配することなく、インバウンドでお買い物していただくようお願いいたします。

渡航制限を設けたのが遅い日本政府

日本から武漢への渡航規制を設けたのが、中国政府が武漢への出入り制限を設けた後というタイミング。日本主導で決定できない情けない現状。

不審点

  • 中国、WHOに圧力かけ国際危機宣言妨害な可能性 China may have used its status as a major superpower to pressure the World Health Organisation into not declaring international emergency over coronavirus, experts warn ニュースリンク
  • バイオセーフティレベル4(BSL4)ラボが、武漢にはあります。BSL4は最も危険なエボラウィルスなどを扱える施設です。中国科学院の中国武漢国立生物安全研究所(レベル4) ニュースリンク
  • 5年前にゲームで予告されていたコロナウイルス ニュースリンク
  • コ・ダイアグノスティックスという医療関連企業が86%の大幅上昇。(上げ幅は瞬時140%超え)新型コロナウイルスを適切に識別するためのスクリーナーの設計作業が完了したことを報道。新型コロナウイルス
  • 厚労省、感染確認3例とも国籍非公表 新型肺炎 ニュースリンク
  • 新型肺炎、「緊急事態宣言出すな」 中国が圧力と仏紙報道 ニュースリンク
  • 新型コロナウイルス、初期患者の3割は「海鮮市場に行っていない」 医学誌が指摘
    武漢海鮮市場から20キロの位置にある、高リスク病原体を取り扱うレベル4(P4)研究所から、漏れ出た可能性があるという。 ニュースリンク
  • 中国・武漢市からの帰国者を受け入れた国立保健医療科学院(埼玉県和光市)で同日午前、警視庁からの出向の内閣官房の男性職員(37)が死亡したことを明らかにした。自殺とみて捜査。遺書はなし。国立保健医療科学院の上層組織は厚生労働省だが、内閣の庶務、内閣の重要政策の企画立案・総合調整、情報の収集調査などを所管する、内閣官房職員が担当した。内閣官房とは、内閣法に基づき、内閣に置かれる「内閣の補助機関」であり、「内閣の首長たる内閣総理大臣を直接に補佐・支援する機関」。 ニュースリンク 内閣官房組織図(令和一年11月30日現在)リンク
  • イタリアでカトリック司祭28人死亡、新型コロナ感染で(2020年3月) ニュースリンク

新型コロナウイルスは人工細菌兵器

武漢ウイルス学研究所は現在、アジア最大の生きたウイルス収集センターです。1,400種類以上のウイルス株と60,000株以上を保有しています。欧州のウイルス資源銀行であり、グローバル化を推進しています。
ジョージ・ソロスは武漢コンプリートに666の住所を持つバイオテクノロジー会社を所有しています。
新型コロナウイルス

ワクチンやウイルス開発に絡むビルゲイツ

新型コロナウイルスビル・が出資するCEPIが新型コロナウイルスのワクチン開発でInovio社を指定。カバールによるパンデミック引起こしとワクチン供給が連動している。

Bチームのコロナウイルス計画をAチームが奪還し世界粛正活動

5G コロナコロナが発生した国と5Gが展開されている国が見事に一致。

トランプ陣営は、ディープステイトがコロナウィルスを使って世界を混乱させる計画を察知していたと同時に、この危機の状況を逆手に利用して、ディープステイトの連中を追いつめる計画を立てていたんですね。彼らが、逆に焦っているのも無理はないですね。





ニュースリンク

武漢日本商工会会員企業

WORLDメーター

新型コロナウイルス感染者数情報

米国ジョンズ・ホプキンス大学新型コロナウイルス感染者数情報

新型コロナウイルスに関する相談窓口 日本政策金融公庫

国民生活事業(主要利率一覧表)


ナビゲーション

議席写真

サイト運営

世界の本質探求

inserted by FC2 system