本文へスキップ

リアルな模型を更にリアルにする為の技術を研究しています。。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.

コンセプトconcept

B747JAL(日本航空)200分の1プラモデル製作

JAL(日本航空)B747-400プラモデル


JAL(日本航空)ジャンボジェットのプラモデルは絶版品となっています。そこで、政府専用機プラモデルを使い、塗装作業と自作デカールを駆使してANAのジャンボジェットを製作します。すでに日本の民間航空会社からB747-400型機は全て引退した為、記憶を旅客機模型として手元に残すために製作しました。

747-400は正面から見たときの「顔つき」が独特です。将来の貨物機への転用が考慮されており、機種には上部へ持ち上がる大きなカーゴドアを備えられるよう、こっくぴっとを2階席の先端に配置しています。そのため、超大型機にも関わらず、747のコクピットは意外とコンパクトに収まっています。左右の操縦席が近く、中央に1セットのみを装備したスラストレバーを記帳席と副操縦席のパイロットが共用して操作します。両パイロットの距離が近いゆえにコミュニケーションが取りやすく、お互いの計器のクロスチェックも容易になったというメリットもあるそうです。
 正面ウインドーシールドには当時としては珍しかった局面ガラスを採用。音速に近い速度で飛ぶときの風圧や、バードストライクなどの衝撃に対しても十分な強度が確保されました。
 機種部内には、気象レーダーのあんてな(ARINC564)が収められています。このため、アルミ合金の胴体外板に対して、機種先端のコーン部分のみは電波透過性が高い複合材料が採用されています。



プラモデル入手について

ここではハセガワ製200分の1サイズの旅客機プラモデルの中の、Boeing747-400のANAの製作方法をご紹介します。但し今回は日本政府専用機B747-400を改造しANAのB747-400の製作をします。楽天でもハセガワ 1/200 全日空 B747-400が1万円超えです。ANAのB747-400プラモデル自体が絶版となりヤフオクなどでも1万円近くするためプレミアがついています。1/200 No.9 日本政府専用機 B747-400 プラモデルは、あみあみ通販だと取寄せで購入可能なようですが、お早目をお勧めします。



難易度


作業内容 難易度 備考 
組立作業 ★★☆  ジャンボジェットのプラモデルのボディーの組み付けは悪くありません。窓埋め部分の平面化は溶剤をうまく活用して下さい。
塗装作業 ★★★  ボディーの白とボディー下部のグレーとの区分けを丁寧にマスキングして下さい。JALジャンボのプラモデルは絶版品のため、ストライプをデカールでなく全塗装で行った場合の評価です。
デカール作業 ★☆☆  今回は絶版品の製作のため、塗装作業が多い分デカール作業は少ないです。自作デカールの場合は比較的デカールが破れにくいです。

製作する機材を考察する

実機も存在しないため、過去の写真から製作する機材を考察しましょう。リンク先を参考にして下さい。
フライチーム JAL B747-400リンク



窓埋め・ボディーの組付け

窓埋め部分のボディー裏面の0.5mm厚プラ板を接着します。流し込み接着剤をプラ板の接着面に塗るとプラ板が柔らかくなり、ボディー裏面に密着しやすくなります。 表面から窓の凹み部分へ瞬間接着剤を流し固まったらパテを充填します。溶きパテを使用する場合はヒケる(乾燥するとへこむ現象)ので出っ張る位盛ります。加工部分を実際の機材を元に考察します。


B747-400 JAL プラモ製作 400分の1のB747-400の模型を基にサイズと窓埋め位置を割り出しました。
左舷
1階:L1ドア後方4個窓埋め L2ドア後方2個窓埋め
2階:後方から3個窓埋め

右舷
1階:R1ドア後方7個窓埋め R2ドア後方6個窓埋め
2階:後方から4個窓埋め



鶴丸ロゴのサイズ算出

時代とともに鶴丸マークの文字フォントが変わっています。
JALジャンボジェット プラモ

   実寸 1:200 
 垂直尾翼鶴丸ロゴ 直径 4.2m 21mm


デカールのサイズを算出iしたらデカールを作成します。こちらはB747デカールの原本です。
100%印刷で200分の1のB747用デカールになります。
インクが完全に乾燥したらクリアー塗料を表面へ吹き付けてデカールとして使用して下さい。


新鶴丸(フリーランス作品)

現行カラーでジャンボジェットを作ってみました。
JALジャンボジェット プラモJALジャンボジェット プラモJALジャンボジェット プラモJALジャンボジェット プラモJALジャンボジェット プラモJALジャンボジェット プラモ

家庭用インクジェットプリンターデカール用紙(白ベース・A4サイズ5枚入)[ハイキューパーツ]





組立作業に入る前に

 GSIクレオスMr.カラー番号  水性ホビーカラー番号  色名 COLLAR 
H1 ホワイト(白)   WHITE
H8 シルバー(銀)  SILVER
28 H18  黒鉄色  STEEL
33 H12  つや消しブラック  FLAT BLACK
47 H90  クリアーレッド  CLEAR RED
50 H93  クリアーブルー   CLEAR BLUE
61 H76  焼鉄色  BURNT IRON
137 H77  タイヤブラック  TIRE BLACK
315    ※グレーFS16440  

塗装作業

ANAプラモ エンジンエンジンカバーの塗装をしますが、グレー系の塗料は隠ぺい力が高く、食いつきも良いので筆塗りでも問題ありませんでした。


?白(Mr Hobby Collar 油性)を塗装
?スカイグレー(TAMIYA 水性)をエアブラシで塗装
?~?を水性にした理由は、塗装がにじんでしまった場合などにベースの白を崩さずに修正出来るようにするためです。




BOEING747-200 JAL組立基礎編

JALデカールボーイング747は世界各国のエアラインでメインライナーとして活躍していた当時世界最大の旅客輸送機で、約900機が精算されるなど超大型機としては稀に見る傑作機となりました。日本のフラッグキャリアである日本航空もエンジンにP&W JT9D-7をチョイスしたシリーズ200を中心に300とともにフリートを形成、日本国内の主要幹線、さらには世界各国の都市を結ぶネットワークにボーイング747シリーズを投入しました。なお日本航空では1989年よりイメージ一新のために伝統のツートンストライプからレッドをポイントにしたグレーの塗装を採用、1989年5月30日より香港ー東京線にこの塗装初号機JA8114をデビューさせています。
全長:70.51m、全幅:59.64m、全高:19.33m、最大離陸重量:351,540kg、エンジン:P&W JT9D7×4、推力:21,320kg×4、最大速度:910km/h
B747プラモデル JAL




デカール作業



このページの先頭へ








スポンサーリンク

1/200 No.9 日本政府専用機 B747-400 プラモデル(再販)[ハセガワ]《取り寄せ※暫定》
価格:1350円(税込、送料別) (2018/12/31時点)

ジオラマ製作

サイト運営

ジオラマエンタープライズ

広告
inserted by FC2 system